• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

抜く派?剃る派?お店へ派?間違った脱毛法は毛が濃くなるかも?!

Date:2013.04.21

皆さんはムダ毛処理をどんな風に行っていますか。秋や冬など肌を露出しない季節であれば特に何もしていないという方も居るでしょうが、タンクトップや水着など薄着になる夏はエチケットとして処理している方も多いのではないでしょうか。

ムダ毛処理の方法は、抜く・剃る・光をあてるなど様々ありますが、中には絶対にしては行けない方法があることは御存知でしょうか。

今回はムダ毛処理について詳しくご紹介します。

毛抜きやカミソリによるムダ毛処理

ほとんどの方はこの方法でムダ毛処理をしているのではないでしょうか。カミソリの場合はクリームや石鹸など皮膚を保護してから使わなければなりませんが、毛抜きの場合は抜くだけなので気軽に出来ますよね。

毛の根まで抜くことが出来るので、次の毛が生えてくるまでの時間を稼ぐことも出来ます。毛抜きで一本ずつ抜くことが面倒であれば、脱毛器を使用して時間を短縮することも出来ます。

除毛クリームによるムダ毛処理

この方法は、皮膚にクリームを塗って数分放置後、拭きとる又はシャワーで流すことでムダ毛を無くすことが出来ます。

光によるムダ毛処理

脱毛専門サロンで使われている光脱毛が家庭でも簡単に出来る時代になりました。ムダ毛の気になる部分に光を照射するだけです。光は黒い毛にだけ反応するので毛の根まで確実に届き、徐々にムダ毛の量が減少します。

抜いても生えてくる脱毛器と違って光脱毛器は、少々高額ですがムダ毛処理の時間が無くなって行くと考えればそれほど高い買い物でも無いかもしれません。

絶対にしては行けないムダ毛処理はこれ!

ご紹介した方法以外にもムダ毛方法はありますが、今回は一般的な方法を取り上げました。さて、この中で絶対にしては行けないムダ毛方法は・・・毛抜きです。

毛の根まで抜ける手軽な方法ですが、抜き続けることで細胞が刺激されより太い毛が生えてくることがあります。また、一つの毛穴から二本同時に生える、毛が皮膚の中に埋没してしまう、毛穴に菌が入って化膿するなどの肌トラブルが一番多い方法でもあります。

脱毛専門のエステサロンでは、通うことになった場合には肌トラブルがあれば施術できなくなるので、通う期間は毛抜きによる処理はしないことを念押しされるほど危険な行為なのです。

またカミソリによるムダ毛処理も皮膚の表面を取り去り、傷つける心配があるので十分気をつけましょう。

お手入れ方法をどれにするかはご自身の判断になりますが、どの方法もお手入れ後には皮膚が敏感な状態になっているので、ボディバターやボディクリームなどでしっかり保湿することをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事