• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

笑って口角を鍛えよう!デート中に起こった笑えるエピソード集

Date:2013.08.12

口角を引き上げることで自然な笑顔を作ることが出来ると言われていますが、日常生活の中で笑う機会が少ない方は顔の筋力がついていないことが考えられるので、自然な笑顔を作ることが難しくなるかもしれません。

写真を撮る時や誰かに微笑みかける時にひきつった笑顔にならないようにする為には、日頃から口角を引き上げて表情筋を鍛える必要があります。

とは言え、ただ笑おうと言われてもなかなか難しいことでしょう。今回はデート中のちょっと笑えるエピソードを集めましたので、笑顔作りの助けになれば幸いです。

エピソード1 乗った車に身知らぬ男性が居た

彼とのデートはドライブが多かったSさん。長距離ドライブということもあり、途中のコンビニで休憩することになりました。疲れている彼を車に残したSさんは、でトイレを済ませ車で待つ彼にアイスコーヒーやホットドッグを購入し、車に戻りました。

「ホットドッグ、私にもひと口頂戴ね」と手渡しましたが彼は無言。「どうしたの?」と運転席に目をやると何と全くの他人。彼の面影すら無かったそうです。「すみません」と謝って助手席を降りるとそこへ男性の彼女と思しき人物が登場。

「車を間違ったんです」と女性に言っても信じてくれず、本当の彼を連れて来てようやく納得してくれました。Sさんは当時を振り返り、

「本当にびっくりしました。車が同じだったので、ナンバーも見ずに彼の車だと思い込んだんです。真っ暗で彼の顔が薄っすら見える程度でしたからね、間違ったことも無いので堂々と乗っちゃいました。その車がデート中のカップルの車で、浮気癖のある彼らしいことも災いしてちょっとした口論も勃発。もちろん、悪かったのは私なのでひたすら謝りました。

私の彼も別の車に乗って親しげに話している私を見て、『元彼か?それとも浮気相手か?』と疑ったとか言うので焦りましたよ。その後はしっかり車ではなく、ナンバープレートと彼の顔を確認してから乗るようにしています」

Sさんの様に車だけを確認して乗り込んでいる方は居ませんか?思わぬトラブルに巻き込まれることもあるので、きちんと確認してから乗りましょう。

エピソード2 かけた調味料は砂糖だった

年上の彼と初めてのデートでおしゃれな和食レストランを訪れたNさん。彼は豚のショウガ焼き定食を頼み、Nさんは海老フライ定食を頼みました。彼が緊張をほぐそうと色んな会話をしてくれてもあまり耳に入らず、水ばかり飲んでいました。

「お待たせしました。調味料はそちらにありますのでご自由にお使い下さい。ソースはこちらで醤油はあちらで・・・」と店員さんの説明が終わると食事がスタートしました。彼は「美味しいから食べてみて」とNさんが一口食べるのを待ちました。

「じゃあ、海老フライから」とそのまま食べたNさん。「何かかけないの?」と聞かれましたが、緊張から「大丈夫」と笑って一口。「本当だ。美味しいですね」と言うと彼も満足げな顔で食事を始めました。

食べるほどにやはり味に変化が欲しくなったNさんは、調味料に目をやりました。どれも同じ調味料入れが3本並んでいました。(醤油とソースと、後は何だろう?どれがどれだかわからないや)と戸惑うNさん。

店員さんが調味料の説明をしてくれたのに、緊張から全く聞いていなかったのです。Nさんは当時を振り返り、

「今なら彼にソースはどれ?と聞けますが、その時は緊張していましたし、年上の彼に合わせて格好よく振る舞いたい気持ちがあったんですよね。適当にとってパラパラかけたら、白い粉が出てきたんです。うわっ塩だ!と思ったけれど別に塩味でもいいかと気にせず口へ運んだら・・・ナント砂糖だったんです。もうびっくりですよ。

甘い海老フライなんて初めて食べました。あれはまずいです。本当に今なら間違っちゃった~と笑いながら言えるのに、当時の私は頑張って甘い海老フライを食べたんですよ」

その後、付き合いが続いたある日に訪れたお店で当時の話を彼から聞かされたそうです。

「『フライを砂糖で食べるから変わった子だと思ったよ』と言われ、当時の緊張と背伸びしていた自分を話して二人で大笑いしました。あの時は辛かったけど、今こうして笑えるから結果良しって感じです」

Nさんの彼に自分を良く見せようとするあまり我慢した経験はありませんか?緊張をほぐす一番の方法は深呼吸と言われているので初デートの際はお試し下さい。

エピソード3 スカートがトレンカと一体化していた

大型ショッピングセンターでのデート中にトイレに行きたくなったHさん。彼をCDショップに置いてトイレへ行きました。用を済ませてトイレを出てCDショップまで歩いていると知らない女性と目が合いました。

50代位の女性はHさんを見つめています。物怖じしないHさんは、女性に近づいて言いました。「何で私を見てるんですか?」と。すると女性は「スカートが中に入っているわよ」とHさんのお尻を指差したのです。

「はぁ?」と怒りながらもお尻をみるとトレンカの中にスカートの後ろ部分がすっかり収まっていたのです。Hさんは当時を振り返って、

「ちょっと奇抜なファッションをしていたから見られることが多かったけど、その女性はずっと私を見ていたからイライラしちゃって・・・で、怒り気味で近づいたらトレンカでお尻のラインがくっきりしていたのよ。お礼もせずにトイレに戻っちゃった。教えてくれたことに感謝ですよ、もしもあの女性に言われなかったら彼のとこまであの格好でしょ。彼に知られずに本当に良かったです」

トレンカやストッキングはスカートを巻きこみやすいですから、トイレの個室から出る前にはしっかり確認しましょう。

エピソード4 カマをかけたら事実だった

イケメンの彼と付き合っていたIさん。女友達からも評判が良かった彼ですが、Iさんを一途に想ってくれていたので何の心配もありませんでした。

ある日、自分の誕生日にサプライズで何か大きなお祝いを計画しているらしいと友達から聞いたIさんは、サプライズの内容を知りたくて彼の家でのデート中にこんな事を聞いたそうです。

「実は私知っているの。あのこと、いつ話してくれる?」と。すると彼の表情がこわばり「悪い。一回きりの関係なんだ。酔った勢いとは言え浮気して悪かった。もうしないから許してほしい」とIさんに頭を下げたのです。

そうです、Iさんの彼は浮気を知られていると勘違いして、自ら告白してしまったのです。Iさんは当時を振り返り、

「まさかの浮気告白でびっくりしました。私は、海外旅行とかなら水着やパスポートの準備もあるでしょ。だからヒントだけでも教えてほしいなって気持ちで聞いたんですよ。そしたら女性と関係を持った話でしょ。開いた口が塞がりませんでした」

Iさんは、彼を許したものの再び浮気されて別れを決めたそうです。聞きたいことがある場合は、はっきり聞くことがお互いにために良いかもしれませんね。

無表情の自分に気づいたら即笑顔!

ご紹介したエピソードはいかがでしたか?笑顔癖を作る為に笑える漫画や小説を読み、笑えるコメディやお笑いのDVDを観る事もお勧めです。

トイレの際やお化粧時など、鏡を見た時や写真撮影の時だけ笑顔になるのではなく、日頃から口角を意識して生活すれば筋肉は鍛えられます。仕事や家事などで無表情になっている自分に気づいたらその瞬間から笑顔を作ってみてはいかがでしょうか。

独身の方なら思いもよらぬ男性から声をかけられ、デートのお誘いがあるかもしれませんよ。既婚の方なら、ご主人から「綺麗だよ」とほめられるかもしれませんよ。さぁ、今日からあなたも自然で美しい笑顔を手に入れて日常生活を楽しく過ごしてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事