• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デートに不満があるのは相手も同じ。男の言い分を聞いてみよう。

Date:2013.12.23

付き合い始めは毎回ドキドキして楽しみだったデートでも、慣れてくると不満に感じてきてしまうことってありませんか?また、初めてのデートでさえ「思っていたのと違う」と楽しめないこともあったりします。

でも、「デートはこうあるべきだ!」とか「彼が○○してくれないのが気に入らない」などと自分の理想ばかり追い求めて、デートを楽しめないことを相手のせいにしていませんか?

男性が女性とのデートをどう思っているかを知って、より楽しいデートにするためにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。

デートでの女性の振る舞いについて

まず“時間”についてですが、「男性には待ち合わせ場所には先に着いていてほしい」という女性が比較的たくさんいる一方で、待たされることについて男性の半数以上は「約束している時間に来ないなんて失礼だ」と感じているそうです。

また、やや大げさかもしれませんが、約束した場所・時間に相手の姿が見えないことで「心配になる」と言う男性も3割ほどいます。

待ち合わせではデートする相手とその日初めて顔を合わせるわけですから、お互いに不満に感じたり心配したりすることなくデートを始められるようにできるだけ時間ピッタリに着くようにしましょう。

それから、“お金”についても男女間では考えに違いがあるようです。あなたは「奢ってもらって当たり前」と考えてはいませんか?男性が女性に食事を奢ることについて、およそ4割の男性が「ありえない」「時代遅れな考え方」だと思っているそうです。

また、残りの約6割の男性たちは「奢ってもよい」とは言っていますが、詳しく見てみると『最初の1回くらいは』『特別な日には』奢ってもよい、と言っている人が大半を占めています。やはり毎回女性にごちそうすることには疑問を感じている男性が多いようです。

また、奢ってくれる男性も、奢って当たり前だとは思っていません。ごちそうしてもらったときには一言「ありがとう」とお礼を言えるようにしましょう。

デートしたいと思われる女性とは?

年齢、職業、容姿…などなど、あなたがデートする相手の男性について気にしているように、男性もあなたをいろいろな側面から見ています。

具体的に言えば、多くの男性は「自分より年上の女性」のことは特に意識して「年上だ!」とは思わないようですが、「自分より多く稼ぐ女性」はやや苦手だと感じているようです。

自分が気にしていることを相手の男性はまったく気にしていなかったり、反対に自分が何とも思っていないことを男性は嫌がっていたりします。

デートする相手に求めるものは人によって違いますから、下手な演出をせず素直に振る舞うことが相手に「いいな」と思われる秘訣かもしれません。

また、相手についても気に入らない所ばかりに注目するのではなく、寛大に受け入れ、良いところを探すようにすれば楽しい雰囲気の時間を過ごせるはずです。

それから、初めてのデートの後「この人とまた会いたい」と思ったら8割以上の男性が「翌週の予定を聞いてもう一度“自分から”誘う」そうです。もしあなたも相手のことを気に入ったら、翌週デートに誘ってもらえるのを待ちましょう。

その間、あまり頻繁にメールを送ったりすると、ガツガツしているように感じられて相手を遠ざけてしまいます。デートの約束をするときも、相手がいてこそのデートだということを忘れないようにしましょう。程よく自信を持って振る舞っている方が素敵に見えますよ。

知ってた?男性が使っているテクニック

男性へのインタビューで、彼らの多くは女性とデートする際にいくつかのテクニックを使っているということがわかっています。

ある男性は「デートを終えて別れるときは、家の玄関、駅の改札など、ギリギリまで一緒にいて自然と“お別れのキス”ができる機会を作るようにしている」と言います。

そして、そんなテクニシャンがいるかと思えば、「話に詰まると気まずい空気になってしまうので、あらかじめ話題リストを用意しておく」と話すシャイな男性もいます。

また、「また会いたいと思わせるために、職業自慢などをしてインパクトを与えることを欠かさない」というちょっとズルい男性もいるようです。

どれもまあ「可愛いな」と許せる程度のものではありますが、男性の多くがこういったちょっとしたテクニックを使っていることを知っておいて損はありませんよね。

この記事をシェアする

関連記事