• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

すべきコト・してはいけないコトって?次につながる初デートの掟

Date:2013.11.11

待ちに待った、彼との初デート!ここから二人のラブラブな生活が始まるかもと考えるとわくわくしますよね。ですが!その反面、もしかしたらこのデートで、彼と会うのが最後になってしまうかもしれません。これから先の二人の運命を分ける初デート。

絶対に失敗したくない!というあなたのために、次につなげるデートのための、気をつけるべきことをお教えします。すべきこと(DO)・しちゃいけないこと(DON’T)に気をつけて、彼との初デートに挑んでください!

DON’T:自慢話はNG!

もし相手の男性が「こんなにお給料良いんだよ」とか「自分はこんなにモテるんだ」と、自分の自慢話ばかりしてきたらどう思いますか?きっと帰りたくなりますよね。ですから、あなたも自慢話は避けるべきです。

好意のある相手ですから、自分のことを良く見せようとする気持ちまでは仕方ないかもしれませんが、自慢話はただの自己満足です。自己で満足できるなら、デートなんて必要ありませんよね。

DO:自分の良いところはしっかりアピール

自慢をするのではなく、自分の良いところが分かってもらえるように努力しましょう。自分を持ちあげる自慢話の反対に、自分の自信のなさを語る女性をたまに見かけますが、これもあまり良くありません。

「わたしデブだから・・・」と言う女性が本当に“デブ”だった試しがありません。自分の魅力をきちんと分かってもらえるように、楽しい時間を過ごしましょう。

DON’T:マナーには気をつけて!

例えば、初デートで気になるのが食事のマナー。食べ方が汚い、なんていうのは論外ですが、女子は当たり前と思っているほんの些細なことでも、実はイラっとくる男性もいるのです。

代表例として「一口ちょうだい!」挙げられます。女性同士だとよくやることですし、交換した方が一緒に楽しめていいと思いますが、時と場合と、相手によっては好ましくないことにもなりえます。

無神経に普段友達といる調子を出してしまうと、せっかくのロマンチックな雰囲気が台無しになってしまうかもしれません。

DO:あくまでもリラックスして

マナーを気にすることは勿論大切ですが、緊張してガチガチになってしまっては元も子もありません。デートはあくまでも楽しむのが、一番大切なこと。それを忘れないように、リラックスしてください。

マナーやエチケットって、日頃の積み重ねが大切なんです。普段から怠惰にするのが癖になってしまっていたら、どこかでボロが出てしまいます。いざという大切な日に困らなくて良いように常日頃から、素敵な女性としての振る舞いを意識しておきましょう。

DON’T:文句タラタラ系女子はNG!

「これ、おいしくない」「この店、食事の割にちょっと高くない!?」「店員さん手際悪い!」などなど・・・初デートですよ、初デート。女子会ではありません(仮に女子会だとしてもここまで酷い文句はさすがにナシかもしれませんが)。

なんでもおいしそうに食べる女性の方が素敵に見えますし、店と客の関係だからって横柄な態度を取らず、店員に「ありがとう」と言える女性でありたいと思いませんか?

また、その場の文句に限らず、愚痴もNGです。溜まった鬱憤を晴らすための飲み会ではありません。デートなのです。場合によっては、もし精神的に疲れているなら、デートを延期した方があなたのためかもしれません。

DO:でも、人間らしく正直に。

文句を言ったり愚痴をネチネチ言うのはアウトですが、何でもかんでも正しいことを言おうとする“良い子ちゃん”でいても、あまり魅力的には思えません。相手が仕事で大変そうなのであれば、彼の愚痴に付き合ってあげることも必要です。

正義の味方のように綺麗事だけを言うのではなく、少しだけ、人間味あふれる一面をみせて、彼の興味を引きましょう。何事もバランスが大事なのです。

いかがでしたでしょうか?3つのDON’TとDOの組み合わせを紹介しましたが、どれも両面性のあるものです。最後のところにも書きましたが、何事も「バランス」が大事なのです。

そして、何より一番大切にしてほしいのは、「デートを楽しむこと」です。色々考え過ぎて、楽しくなかった!なんてことになったら本末転倒。素直に楽しんでください!そんな楽しそうなあなたの姿が、一番の武器になるのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事