• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出不精はデブ症に通じる! 専業主婦が太る理由は外出不足?

Date:2013.09.11

太った人は大らかで、細かい事は気にせず、温和で・・・そして怠惰で、面倒くさがりです。そんな友人が「私ってば、出不精(でぶしょう)だからぁ~」と、言い訳しました。ふと、「え!?デブ症(でぶしょう)って??病気?」と思ってしまったのは、私です。

出不精な性格は、デブ症になります

家に引きこもってダラダラと食べ続けたり、おやつのドカ食いしたりしていれば、太ります。結婚して専業主婦になって太ったとか、妊娠から出産でどうしても外出機会が減り太ったとか、よくあるケースです。

積極的な運動をしていたアスリートでなくても、どうしても出歩かなくなったり、動かなくなると、太りますよね。食べる量が増えたので無くても、消費カロリーが減っていると差引はプラスで蓄積されます。食べた分は、代謝しないとダメですよね。

そもそも、代謝とは

「食べたものを自ら生きる力に変えるシステム」であり、栄養素を体内でエネルギーに変えて、消費するための仕組みですね。代謝には「基礎代謝」「新陳代謝」「生活活動代謝」「食事誘導性熱代謝」と種類があります。相互に影響しあい、関係しているんです。

身体にとっての代謝がいいという場合、たくさんの栄養素を消費してエネルギーを発生させることで、エネルギー効率としては悪いことです。代謝がよければ、食べても太りにくい、脂肪蓄積されない体になるのです。

基礎代謝を上げる

基礎代謝とは、人間の身体の機能を維持するための『最低限必要なエネルギー消費』です。つまり、生きてるだけで生理的に消費されるエネルギーが基礎代謝で、一日の消費エネルギーの70%近くになります。

基礎代謝のピークは10代前半で、後は徐々に年齢と共に減っていくんですよ。若い頃と同じように食べていたら、活動は変わらないのに、いつのまにか太ってきたってケースは多いですよねぇ~。消費される分が減少するので、どうしても蓄積されちゃうってことです。

筋肉量の低下でも、基礎代謝はかなり落ちます。学生時代にスポーツをしていた人が、社会に出て運動しなくなって筋肉が落ちたりすると、基礎代謝もガックリと減って太りやすい。逆に、筋肉をつけて燃える身体になれば、基礎代謝もあがってきます。

つまり、食べたものもスムーズに燃やしてエネルギーにし、更に貯め込んだ脂肪も燃やすことができる。筋肉つけましょう・・・と。

新陳代謝は、アンチエイジング効果

新陳代謝とは、身体の細胞の入れ替えを行う活動で、人間の全身の細胞が新しく生まれ変わること、そのために必要なエネルギーです。

古い細胞が新しい細胞にとってかわる、つまりは老廃物を除去してデトックスされ、新品になる、更にエネルギーも消費するという素敵な仕組みですね。

残念なことに年齢とともに新陳代謝も、徐々に落ちますよね。日焼けのあとが消えにくくなったり、髪や爪の伸び方が遅くなったり、新陳代謝の衰えも自覚できるレベルになってきます。大人女子が気になるアンチエイジング的には、新陳代謝を上げることは重要なポイントにもなります。

冷え症とかで血行が悪い人の場合、新陳代謝も悪くて、老廃物の排出がスムーズではないのです。結果として、皮膚がカサカサとか、くすみが目立つようになったり、肩こり、頭痛、月経困難症などもあります。

血のめぐりも悪くなると、血圧が低くなるので、手足に温かい血液が流れにくくなり、更に冷えやすくなるという負のサイクルに陥ります。手足に血液を送り、血流をよくするには、手足を物理的に動かすことも効果的です。

手はグーパーとか、足はとにかく歩くのが良いのです。歩く事によって、血液が強制的に足へ送られ、心臓へ戻るというポンプが働くので、血流もスムーズになり冷えの改善、新陳代謝もアップ!歩きましょう・・・と。

生活活動代謝って、生活すること?

生活活動代謝とは、日々の生活の中で消費するエネルギーで、家事、仕事、通勤、勉強や趣味など、行動した全ての活動のことで、行動代謝とも言います。ハードな運動やスポーツジムに通わなくても、毎日の生活習慣を少しだけ変えれば生活活動代謝を増やす事はできます。

ゼロキロカロリー飲料のテレビCMでもやってますが、ほんのちょっとした活動でもカロリー消費しているんですよね。少しでも動きましょう、小まめに働きましょう・・・と。

食事誘導性熱代謝量って、食べて痩せる?

食事誘導性熱代謝ってのは、食べたものを消化するために消化器官が動くことにより、エネルギーを消費することです。その食事の仕方や、食べるものによって、その消費カロリーを増やすこともできるんですね。

  • 食事誘導性熱代謝量は朝が一番多いので、夜寝る前に食べるよりも、朝食にまわした方が消費されやすいのです
  • 食事の前の軽いストレッチは脂肪燃焼を助けますし、冷たいものより温かいものを食べると熱代謝もアップします
  • 身体を温めると言われるスパイス類、唐辛子や生姜、ネギ、ニンニクなど、を有効に使いましょう
  • たんばく質を多めにとり、カフェイン(緑茶やコーヒー)も摂取すると、熱代謝を促進します
  • よく噛んで食べることが基本なので、ひき肉や柔らかすぎる食品よりも、原型のある固まりで食べる。満足感もある

よく噛んで食べましょう・・・と。

ズボラはダメということです

出不精というキーワードから、代謝とダイエットに関して考察してみると、なんとなく見えてきましたね。こまめに出歩き、外出したり、買い物したり、家事労働に勤しんだり、おしゃべりしたり、なんだかんだと活動的なタイプの方が代謝が良いのです。

要は『面倒臭がりや、ズボラでは、太る』『出不精はデブ症に通じる!』って事ですね。

この記事をシェアする

関連記事