• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美しいデコルテを完全キープ!自信を持って着たい肩だしドレス

Date:2012.03.28

W580Q100_shutterstock_154597970

男性目線はデコルテに集中

ビジネスパーソンの男性を対象としたウェブサイト「日経トレンディネット」でのアンケート調査で「女性の肌の露出で気になる部分はどこですか」という問いに対し、断トツで1位は「胸もと」。なんと69.5%の男性が「気になる」と回答した。

胸もとの露出、ビジネスの場ではもちろんNGだが、一歩外に出れば、男性の視線を釘づけにするようだ。しかし、がっかりさせる露出はいけない。

見られてもいい胸もと(デコルテ)をふだんから整えておこう。美しく健康的で品のある「デコルテ」これを手にいれれば、夏には、あこがれラインの肩だしドレスを着こなせるはず。

デコルテは健康のバロメーター

デコルテとは首筋から胸の谷間のあたりまでを言う。お顔や手のケアに余念のない女性でも、ここのケアはつい忘れがち。

しかし、肩から鎖骨にかけてのラインは、男性目線も集めるし、何よりリンパ節やリンパ管が集中していて、美しい鎖骨は健康のバロメーター

ここが脂肪で埋まっていると、リンパの流れも悪く体全体がむくんでしまう。彫刻など美術学的な鎖骨のくぼみビューティは1cmだそうだが、軽く水がたまるほどが、女性らしい鎖骨ラインだ。

鎖骨ラインケアで美デコルテ

美鎖骨ラインをゲットするには、マッサージも有効な手段。マッサージにより、リンパや血液の流れをよくして、むくみを防ぎ、肌ツヤをだす。

このマッサージは朝晩のお顔のケアのさいに「ついで」にやること。改めての「デコルテ時間」を作る必要はない。

リンパマサージ~

  1. 顔にぬったクリームの残りを指先につけて鎖骨の下のラインをプッシュ。
  2. 軽い指圧の要領でOK。10回ほどつづける。
  3. その後やはり鎖骨の下ラインを鎖骨に沿って中央から外側へ指で5,6回ほど流す。
  4. 最後に首から鎖骨に向かって指全体でなでおろす。少し強めに5,6回。

これを朝晩繰り返すことで、短時間で理想のデコルテが手にはいる。またこれからの時期、紫外線対策も忘れずに。

バストケアで美デコルテ

肩から鎖骨にかけてのラインも重要だが、やはり目線の先はバストへ…。バストにハリ、弾力がない、トップが下がった、シミが多くてくすんできた、という女性にぜひ試してほしいのが「おっぱい体操」。

バストの周辺もリンパ線が集中しているので、おっぱい体操を続けることで、リンパや血液の流れを促進できる。しかもこの部分、いつも日中はブラジャーで締め付けられていて、気づかないうちに、むくんでいる。

おっぱい体操で、代謝をあげて、バストにハリとツヤをとりもどし、しかも大胸筋に筋肉がつくので下がらないバストトップを実現。

このおっぱい体操をはじめる前には、まずは姿勢の見直しを。猫背の人、バストが下がるので要注意。猫背になると呼吸が浅くなるので、バストを支える大胸筋が弱ってしまう。

おっぱい体操~

  1. 立った姿勢で、左手を前にだし、手首を上下に5回動かす。右も同様に。
  2. 左手を頭の上にあげて右に体ごとそらして戻す。5回。右も同様に。
  3. 肩胛骨を意識しながら左肩を回す。前に5回、後ろに5回。
  4. 左のおっぱいを右手ですくい鎖骨にむかって揺らす20回。右も同様に。
  5. 両方のおっぱいを同時に中心にむかってゆらす20回。

必ず心臓のある左から、痛くないほどの力で、朝晩2回やってみよう。

ボディパウダーで美デコルテ

ここぞという時のデコルテ見せだったら、ボディパウダーもおすすめ。キラキラと輝く透明感のあるデコルテを演出してくれる。

例えば、ジュイールのパフューム ド ボディパウダー。6300円と高めだが、そのジューシーで甘い香り、服にもつかないほんのりした白さが人気だ。

またリーズナブル派にはSALAのボディパフパウダーが1260円とお買い得。こちらはさらっとした使い心地で、色もワントーン明るくなる。どのボディパウダーを使うにも、その前にUVカットクリームや乳液をぬるのを忘れずに。

デコルテに自信を持つと、肩あきドレスも潔く着られる。しかも上品に決まるはずだ。美しいデコルテはそれだけで、すでにアクセサリー。しっかりケアで目指せ美デコルテ!

この記事をシェアする

関連記事

コメント