• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

4人に1人がデキ婚する時代に、知っておくべき「デキ婚の作法と心得」

Date:2012.08.07

ひと昔前は「はしたない!」なんて顔をしかめられちゃったデキ婚も、おめでた婚とか授かり婚とかへ名前を変えたり、ウェディング業界ではダブルハッピー婚なんて呼ばれるようになったりして、すっかり定着しましたね。

だけど実は、デキ婚した人の約40%が5年以内に離婚しているそうですよ。実際に離婚をした人がその数字ということは、離婚を考えている人の率はもっと高いということ。

もちろんデキ婚でも、うまくいってる夫婦はたくさんいます。うまくいく夫婦・うまくいかない夫婦の違いとは?デキ婚→離婚の轍を踏まないために、あらかじめチェックしておくこととは??

デキ婚経験者に聞いた、「デキ婚のメリット」

2010年に厚生労働省が発表した出生統計によると、できちゃった婚で生まれた子供は全体の25,3%だったそうです。つーまーり、生まれた子供の4人に1人はデキ婚カップルの赤ちゃんだということ。

リスクやデメリットばかりだったら、こんなにデキ婚は増加していないはず!ということで、実際にデキ婚した友達にデキ婚のメリットを聞いてみました。

A子ちゃんの場合
「ダンナとは、大学時代からの付き合い。付き合って2年目くらいに結婚を意識したこともあったけど、その頃はお互い就職したてだったこともあって、『まーまー、そのうちにね』みたいな感じで終わり。

で、そのまま『いつかは結婚したいね』みたいなことを言いながら付き合ってたんだけど、付き合って何年経っても、その”いつか”は訪れなかったのね。『長い春は終わるって言うしなー』なんて思いはじめた頃に、妊娠発覚!

あとは、あれよあれよという間に結納→入籍→結婚式、で今にいたるってわけ。妊娠が結婚のきっかけになったな~と思うよ。妊娠してなかったら、今もダンナと付き合ってたか・・・・もしくは別れてたかも?!」

デキ婚のメリットその1 妊娠が結婚のきっかけになった

B美さんの場合
「私はデキ婚じゃなかったけど、妊娠してから結婚、って順番にすれば良かったーって何度も後悔したよ。

私ね、子宮が弱いのよ。自然妊娠はかなり難しいレベル。それについては結婚前に夫と姑さんにちゃんと話をして、2人は『子供を生むために結婚するんじゃないから』って言ってくれてたのね。

だから孫まだかプレッシャーみたいなのとは無縁でいられるわーなんて安心していたけど、いたわ、エネミーが。

それはね、お姑さんのお姉さん。夫にとっては伯母さんね。もーう、この人からの『子供はまだ?』がすごくってね。親戚で集まるたびに、『まだ?』家が近所だから遭遇しちゃうことも多かったんだけど、そのたびに『ねぇ、そろそろなんじゃない?』って。

プレッシャーに耐えかねて子供ができにくい体質ってことを話したら、ますます攻撃がひどくなってね。

夫がいない時間を見計らってウチに来て、『○○って病院は不妊治療の権威がいる』とか、『子供ができにくいのは前世の行いが』とか。攻撃があまりにもえげつないから、夫と『妊娠するまで離婚しようか』って話が出たくらい。

こういうプレッシャー(というか嫌がらせ)って、デキ婚だったら無縁でいられたんだよねー。跡取りを生まなきゃなんない長男さんと結婚するんだったら、絶対にデキ婚がおススメだわ」

デキ婚のメリットその2 「赤ちゃんはまだ?」のプレッシャーとは無縁でいられる

逆にデメリットは、A子ちゃんいわく「たまに”デキ婚なんだー”って上から目線で見られることがある」らしいです。メリットに比べて、わりと小さいかも?!

・デキ婚→離婚カップルの共通点

A子ちゃんのように結婚のきっかけになるパターンが多いためか、「デキ婚ばっち来い!」な風潮もありますよね。むしろ、デキ婚をはしたないと思うなんて古臭い、みたいな。

でもでも、デキ婚カップルの離婚率が高いのは事実。そこで今度はデキ婚から離婚にいたったカップルに話を聞いてみたら、2つの共通点に気付きました。

  • 経済的に自立できていなかった
  • 彼親(主に母親)から猛烈に嫌われていた
  • 彼はまだ遊びたい盛りで、結婚する気がなかった

経済的に自立できていない若いカップルがデキ婚しちゃうと、けっこう悲惨です。

子供ができた!→結婚しなきゃ!→でも住むところもお金もないぞ?→とりあえずダンナ実家で同居開始→初めての妊娠出産でギリギリ→育児ストレス×同居ストレス→こんな結婚生活やってられないー!というパターン。

そもそも親世代にはデキ婚に抵抗がある人も多いから、デキ婚した嫁に対して「妊娠を盾にうちの息子をたらしこんだ」という反感を抱いている人もいるそうです。そんな姑さんと同居なんてことになったら・・・・その地獄っぷりや想像するだに恐ろしいですね。

でもそれでも、旦那さまに父になる覚悟と夫になる気概があるなら大丈夫。問題は、結婚する気なんてさらさらないくせに性欲だけ突っ走っちゃった種馬ボーイだった場合。

これはもう、サイアク。妊娠中の浮気、生活費をギャンブルで使っちゃう、友達と飲み歩いて帰ってこない、やりたい放題してくれます。

デキ婚前にチェックしておくべきこと

こうしたパターンにはまらないために、デキ婚の可能性があるなら必ず事前にチェックしておきましょう。

まずは、彼の結婚観と結婚願望を見極めること。結婚願望ゼロ・・・というかマイナスの人だった場合、シングルマザーの道を選択するか、最悪は中絶を迫られるなんてことになりかねません。

彼は結婚に向いているタイプか?結婚したいと思ってくれているか?必ず、確認しておきましょうね。

そして彼に結婚する気があると分かったら、彼家族へのアピールも怠りなく。デキ婚に抵抗がある世代でも、「もともと結婚する気だった」という免罪符があるだけで、だいぶん風当たりは違ってきますよ。なんといってもヨメシューの陣地争いは、先手必勝ですから。

周りを固めても彼の気持ちが強くても、お金がなければ!結婚は生活だから、続けていくためにはお金が必要です。

貯金や2人で暮らせるだけの経済力がなければ、結婚生活は始められないし、なしくずし的に同居へとなだれこみかねません。「アンチ同居」なら、貯金と仕事はがっちりキープしておきましょうね。

しかし残念ながら、「これだけそろってれば結婚生活は絶対に大丈夫!」なんてことはありません。結婚のカタチには色々あるように、夫婦のタイプも色々ありあますからね。

でもどんなカタチであれ、お互いの愛情がなければ結婚生活は上手くいきません。「結婚したーい!だから、結婚へのきっかけに子作りを・・・」とたくらむ前に、必ず彼と結婚したいのか?それとも結婚をしたいだけなのか??をじっくり考えてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事