• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デリカシーのない男性と、関わらない方がいいという3つの理由

Date:2014.09.07

「あの人、なにもわかってない!」女性同士で話しているとよくそんな話になりませんか?男性って、女性の心情を全然わかっていないのですよね。

わかっていてもらいたいこと、察してほしいことに限って全然気づかない…そんなこと日常茶飯事です。それが、まだ男性の友人くらいの間柄ならちょっとムカっとくるくらいで済みます。

でもそれが親しい間柄だったらどうでしょうか。イライラすることが多くなってしまいそうですよね。本来的に無神経さ、俗にいうズボラという人種は、生きていくためにある程度必要な要素でもあります。

人間は、周りの環境の情報や周囲の人の感情にあまりに過敏だと身動きがとれなくなってしまいます。生れたての赤ちゃんは周りの刺激に大変敏感で泣いてばかりいますが、大人になるにつれてそういった刺激に慣れてくるわけです。

そんな刺激に慣れすぎたのか、もしかしたらわざと気づかないフリをしているのか、それとも本当にそもそも刺激を感じない人なのか…原因は定かではありませんが少なからず存在する”デリカシーのない男性”。

そんな人と多く関わる機会をもってしまうと、あなたに良くない影響が及ぶ可能性が高いです。わざわざそんな相手と深い付き合いにならない方がいい、そんな理由をご紹介していきます。

あなたは我慢できても…友人はどうでしょうか

デリカシーの無い男性を友人にもってしまうと、あなたの親友にも危害が及んでしまう可能性があります。あなた自身はどんなにおおらかで、寛容で、良き理解者だとしても人が皆そういう困った人種に優しいわけではありません。

あなたと関わることで、あなたの友人までそのデリカシーの無い男性とつながりを持ってしまうことになります。もちろん、あなたを通じて知り合うワケですから、なにかトラブルがあった時にはあなたに責任があることになってしまいます。

デリカシーの無い男性の困ったところというのは、自分の行動や発言によって、相手を不快にしているという事実に気づいていないこと、そして、自分が煙たがられていることにも全くといっていいほど気づかないというところです。

まさに、”空気が読めない”とはこのことです。楽しい食事の席、たまたま一緒に食事することになって同席した友人にドン引きされて、結局あなた自身までもがその友人と疎遠になってしまったりすることだってあり得ます。

そのくらい、デリカシーの無い男性というのは女性の心に深い傷を与えてきますし、わざわざ関わりたくなんかない、知り合ったところでなんのメリットも無い存在ということです。

こんな言葉、ありますよね

昔の人の言うことは、大抵間違っていない…”類は友を呼ぶ”という言葉、もちろん女性の美学読者の方なら皆さんご存じだと思います。

デリカシーの無い男性の友人をひとり、持ってしまっただけで、あなたのほかの友人に与える印象は「こんな友達がいるのだ…」という冷ややかなものです。

友人の友人は、自分の友人…某SNSでもそんな謎の繋がりで他人の投稿が丸見えなんてことがあるくらいですから、あなたの友人からしてみたらそんな変な男性と関わりを持ちたくないに決まっています。

そして、困ったポイントはまだあるのです。子は親に似る…それは、なぜでしょう。ずばり、”一番そばにいるから”です。人間は側にいる人に似てくるのです。影響をたくさん受け、同じ感覚を共有できるようになります。

類は友を呼ぶという言葉も、結局似た者同士が仲良くなるということです。ですから、デリカシーの無い男性と関わってしまうことで、あなたにもその影響が現われてしまい、今までならエッと思っていたことにも慣れてきてしまうということです。

そうすると、あなたもデリカシーの無い人間の仲間入り。絶対に避けるべき理由はまさにこのことですね。

自分の存在意義を何で図るようになるでしょうか

触れるもの関わるものすべてを不快にし、時に傷つけるデリカシーの無い男性。そんな人は大抵が友人を多く持っていません。ですが、彼らとて人間。誰かと関わりを持っていたいのです。

では、一体そんな部分で社会と関わり、そして人間関係を構築していこうとするのかというとそればズバリ、最近よく聞かれるようになったSNSの世界です。

彼らはそのデリカシーの無さから、人対人の関わりがうまくいかないことが多いです。ですから、なるべく希薄な関係でもそう感じずに居られ、なんとなく友人になった気になれるSNSの世界が大好きです。

SNSのようなツールを重視して、実社会とは違った自分を生き、またそこで自分の存在意義を推し量りがちになってしまうのです。その結果、自分のデリカシーの無さに気づくこともなく自分の世界を突き進んでいくのです。

あなたのほかの友人に愛想を尽かされる前に、切るべき人間関係は断ち切っておくのが一番ベターな選択だと思いますよ。

この記事をシェアする

関連記事