• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妄想が女性をキレイにする!女性ホルモンを上手にコントロールする方法

Date:2012.04.05

W580Q100_shutterstock_289040627

妄想恋愛

学校、会社も合コンもパッとしない。実際、周りにいい男がいない…。そんなあなた、恋は「リアル」じゃなくてもいいのです。

お好みの俳優、漫画の主人公、小説の登場人物でもいいのです。恋をしましょう。アンリアルな恋愛も、そのドキドキがあなたをキレイにしてくれます。

恋するとキレイの秘密

恋は女性にいろいろな変化をもたらします。まず毎日が楽しくなる。流行の化粧やファッションに敏感になる、涙もろくなる…。そして何より内側から「キレイ」になれます。

これ、本当のお話です。現代科学で実証済み。恋をするドキドキやトキメキが、以下の4つの女性ホルモンをさかんに分泌させ、その働きがあなたをキレイにするのです。

  • エストロゲン
    恋をするとさかんに分泌される女性ホルモン。すばらしいことに、女性の外見をキレイにしてくれます。具体的には、胸が大きくなる、ウエストがくびれる、肌ツヤがよくなる…と第2次成長期を再び演出してくれるホルモン。

    恋に落ちてから、1か月ほどで、体に変化が表れてきます。また、食材では、大豆に多く含まれるイソフラボンも同様の働きがあるそうです。

  • PEA
    PEA、正式名称フェニルエチルアミン。恋愛ホルモンです。恋するドキドキ、高揚感はこのホルモンのしわざ。消化を促すホルモンなので、お通じも快調に、それにともなってお腹ポッコリも解消できるはずです。

    また「やる気ホルモン」とも呼ばれ、この恋のためならがんばれるわ!という気持ちにさせてくれます。お好み歌手のチケット予約の電話も苦じゃなくなるのは、このホルモン分泌のおかげです。

    食べ物では、ココアに多くふくまれます。ココアを飲みながらの恋愛小説を読むのもいいかもしれません。

  • ドーパミン
    快楽ホルモンとも呼ばれます。つまり、うれしい時に多量に分泌されるホルモンです。このドーパミンが分泌されると脳に伝わり、「よし、もう一回うれしい気持ちになろう」とうれしい行動を再現できる仕組みです。

    つまり、楽しいこと、うれしいことを、また繰り返したくなるのです。彼に会えてうれしい、彼のまたコンサートに行きたい!という気持ちをより強くしてくれます。

    また交感神経を刺激するので、瞳孔が開いて目力もアップ、血行もよくなって、顔色もワントーンあがります。チョコレートにも多く含まれる成分なので、チョコを片手に彼のコンサートに行くとさらに気持ちが高まりそう。

  • オキシトシン
    こちらは母性をつかさどるホルモン。彼を無条件に愛せるホルモンです。また性的な想像をしても分泌されるので、妄想の中の彼とキスしてください。

    それによって、より男性を惹きつける魅力的なしぐさや色っぽさが身についていきます。また社交性も増すので、周囲とのコミュニケーションも上手になるはずです。

    食材では、オキシトシンをつくるチロシンが多く含まれる「イワシ」がおすすめです。

いつも妄想を

例えば、テレビや本の主人公に恋をしなくても、通勤の電車のなかでも「もしかして、ここで電車が急ブレーキをかけて、寄りかかってしまった人と恋に落ちて…」と想像するだけでいいのです。

その想像のドキドキこそが、4つのホルモンを分泌させてくれます。また彼やご主人とお付き合いが長くて、ちょっとドキドキはしないなぁ…でも、浮気もしたくない、というあなたにも、この妄想恋愛はぜひおすすめです。

だってあなたをキレイにしてくれるからです。 

この記事をシェアする

関連記事