• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

カジュアルに、シックに、女らしく。ダメージデニムのコーデ術

Date:2014.06.05

ところどころが破れた、ダメージ加工のジーンズ。合わせるアイテムや着こなしによって、印象ががらっと変わる、なかなかトリッキーなパンツです。かっこよく着こなしたいと思っているものの、なかなか手が出ない人もいるのではないでしょうか。

もし、無難に試してみたい、ということなら、シンプルなTシャツにサンダルというコーディネートが入門編。もうちょっと進んだスタイルを試してみたい方は、この後のコーデ術を読んでみてください。

まずは体型に合ったパンツを

破れの加工の違いによって、見た目が変わることをご存知ですか?

痩せて見せたい方は、縦に破れが入っているものがおすすめ。グラマーに見せたいのなら・・・そう。横に破れが入っているものがおすすめです。

ダメージがたくさん入ったジーンズには、シンプルなアイテムを合わせます。アクセサリーもシンプルに。カラフル過ぎるものは避けましょう。

カジュアルコーデ

ボーイフレンドタイプのジーンズに、シンプルなトップス、バレリーナシューズやぺたんこサンダルに、クラシックなサングラスを合わせるのがリラックスできて安心なコーディネートでしょう。

もっとカジュアルに行きたければ、シンプルなノースリーブにダービーシューズ、パナマハット。もっと力の抜けたスタイルがお好みなら、白いTシャツにサンダルかグラディエーター、頭にはストローハットを載せて。

夏にぴったりのマリンルックなら、セーラーカラーのトップスか、青系のブレザー、バレリーナシューズにきらきら光るピアスを。

アーバンなコーデ

都会的なアーバンルックを望むのなら、ダメージデニムにTシャツ、ブレザー、ヌードなハイヒール、クラッチで仕上げましょう。

このスタイルは、夜遊びにもぴったり。クロップド丈のダメージ加工のジーンズ、プラットホームシューズ、黒いタンクトップ、ミリタリージャケットでもかっこよく決まります。

おっと、ここに、オーバーサイズのサングラスを忘れずに。また、セーラーストライプのシャツ、黒いブレザー、クロッグとクロッチでもいいかも。

シックなコーデ

シックで洗練されたスタイルがお好みなら、ヌードカラーのトップスの裾をパンツに入れ、レザージャケットがおすすめ。これにハイヒールを合わせてみてください。フェミニンさと男性らしさをミックスすることで、セクシーになれますよ。

アビエータータイプのサングラスがあれば、さらにかっこよくなります。ここに綺麗なネックレスを加えても大丈夫。夜遊びなら、キレイめのブラウスとハイヒールを。スキニータイプのダメージデニムなら、よりスタイリッシュな印象。

ここで横に破れが入ったものを選んでしまうと、せっかくのスキニーのイメージが太目にダウンしてしまいますから、ご注意を。

ダメージデニムのコーデ術、いかがでしたか?少しずつアイテムを変えて合わせることで、がらっと印象が変わりそうですね。

いろんなテイストで装ったら、自分の内面もくるっと変わって楽しめそうです!

この記事をシェアする

関連記事