• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

より美しく!みんなより差がつくオシャレなデニムの選び方。

Date:2012.10.20

デニム。「とりあえず1本持っていれば」といった手軽さと、着こなしの幅が広いし、何と言っても楽だし。人気の秘密は色々あるかと思います。誰もが持っているアイテムだからこそ、自分流の着こなし方を知ってる人こそ本当にオシャレな人だと思います。

ここでは自分にピッタリのデニムの選び方を紹介します。ジャストサイズを知ってこそ、自分の個性ではないでしょうか。

自分にピッタリのサイズを選び方

デニムは革靴と似ている気がします。履けば履くほど体にもなじみますし、少しずつ形が変化していきますよね。まずは大きすぎず小さすぎず、ヒップのラインにしっかりとフィットするものを選びましょう。ずっと履いていても、窮屈感がないのが大事です。

自分の体型に合う1本を見つける為には、試着を何回もする事です。鏡の前で前後の自分の姿をチェックするのを忘れずに。「綺麗に履けるサイズがメーカーによって異なるので迷う」という方は、とにかく同じメーカーでも色々なサイズを試し履きをしましょう。

私はMサイズだからMでいいやというのは惜しい!ブランドによって微妙にサイズが異なりますので試着は欠かせません。中でもサイズ選びで1番重要な数値はヒップサイズです。

形により、同じウエストサイズでもヒップサイズが異なる場合がありますので、ヒップサイズを必ず確認する事が必須。次にわたり(もものサイズ)もキレイに履くのに重要なサイズなので必ずチェックをしましょう。

デニムの色表情を確認

まずは、デニム全体を見て色合いが自然でさりげない加工で、尚且つしっくり決まるものを選びましょう。デニムの白いすれやハイライトは女性のお化粧と一緒です。買うときはこの表情が綺麗かどうかをチェックします。

ハイライトが程よく入っていると、太ももが細く引き締まって見えます。脚の付け根に色落ちがあると、ウエストまわりが立体的になり、すっきりと見えます。

すれや、ハイライト以上に大切なのが、膝から下のすれていない部分です。ここが長いほうがひざ下が長く綺麗に見えます。

ユーズド加工ナシの濃い色目のデニムはきれい目で大人の色気を感じさせます。薄い色のデニムは、明るく元気でかわいらしく、カジュアルな表情になります。

シルエットを確認

デニムのシルエットやデザインは、どういったスタイルに合わせたいのかによって違ってきます。綺麗めでかっこよく決めるのか、かわいくボーイッシュにしたいのか、自分のスタイルに合わせたデザインやシルエットを選びましょう。

まずは「膝位置」。膝の位置がほどよく上にあると、膝下が長くきれいに見え、脚全体も細く長い印象になります。ブーツカットなどは特に膝位置がきれいであり、自然なシルエットかをしっかりチェックしましょう。

次に「ポケット位置」。バックスタイルの決め手は、このポケットデザインが重要です。ポケット位置がお尻のふくらみの真上ではなくやや下にくるデザインはお尻がコンパクトに引き締まり、小尻に見える効果があります。

また、少し内側に寄っているデザインもコンパクトに見えます。お尻のふくらみより上の位置にフラップポケットなどがあるデザインは、お尻がキュッと上に引き締まって見える効果があります。大き目のポケットは、ボーイッシュにかわいく見えます。

続いては「股上の履きこみ」。股上の浅いものは、必然的にヒップの面積が小さく、これまた小尻に見えます。

全体のバランスから言えば、パンツを見たときに、お尻の面積と比べつつ全体を見るので、脚が長く見える効果があるのです。履きこみの深いものは、ラフで、とてもかわいらしい印象になります。

最後に「丈」。あまり長すぎても、短すぎてもかっこよく履けないですよね。例えば履く靴によって、ジャストの長さが変わってきます。

ブーツカットや、バギーなどを ハイヒールで合わせる場合、ヒールの半分~3分の2くらいが隠れる長めの丈がベストかと思います。

スニーカーなどの場合は地面にしっかりつくくらいの長さが理想です。(きれいに履きたい場合はしっかりつく長さだと裾がすれてしまうので、地面ぎりぎりの長さで)

ロールアップの場合は、身長によっては、ロールアップが3重4重とぼってりしてしまうので、丈のカットも必要になります。スニーカーも、ヒールも両方履く方は、地面までの長さプラス1cm~2cmくらいの長さがにしておくのがベストでしょう。

試着する時は必ず合わせたい靴を実際に履いてから丈をカットするのが賢いですよね。

この記事をシェアする

関連記事