• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

電子レンジのあの汚れを「チン」するだけで綺麗にする裏技

Date:2013.11.11

日頃のキッチン掃除は行き届いている人でも、意外と見落としてしまうのが電子レンジの中。あまり目に付かないのをいい事に、「電子レンジを掃除するのは年末の大掃除の時だけ」はたまた「購入して一度も掃除した事がない」なんて言う人も少なくないはず。

かくいう私もレンジの中で吹きこぼれた液体をサッと拭き取る程度で、しっかりと電子レンジの中身を掃除した事はありません。蓋を開けて恐る恐る覗いてみると、レンジ内の上下左右と汚れを確認する事が出来ます。

ここでは長年放置したあの頑固な汚れを、ある物を使って簡単に落とせる方法を紹介します。用意するものはレモンと布巾、これだけです。

まずレモンを半分に切ります。

半分のレモンを直接レンジに置きます。今回は軽度の汚れなので、絞った後のレモンを使います。

>

レンジの蓋を閉めて500ワットで2分温めます。温まったらレンジの蓋を開け、濡らした布巾でレンジの中を拭き取ります。

汚れの酷い部分は温めたレモンを直接塗りこみます。これを幾度か繰り返すと・・・。

かなり汚れが落ちました。清掃後は爽やかな香りに包まれます。

いかがですか?柑橘成分の配合されたクリーナーは市販されていますが、この方法なら化学洗剤を一切使用しないので、無公害の天然洗剤として手荒れの心配もありません。そして多少の拭き残しがあっても安心です。

実はこの方法、プロの清掃業者の方に教えていただいた「家庭でも安心・簡単に出来る」掃除法なんです。

では何故こんなに綺麗に落ちるのか?レモンや蜜柑といった柑橘類の皮にはリモネンという成分が含まれています。この成分こそが油を溶かすそうです。

ただ、このリモネンはポリスチレン(PS)といった一部のプラスチックを腐食する性質があるようなので、使用する際は注意が必要です。

この記事をシェアする

関連記事