• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「好きな人と話したいけど沈黙が怖い」電話上手な女性になる方法

Date:2014.07.07

好きな人に電話して会話を楽しみたいという気持ちはあるけれど「話が続かず無音になったら怖い」と沈黙になることを前提に考えてしまう方は居ませんか?

声を聞きたい気持ちがあっても沈黙になることが怖くて電話をかけられずにいる方は意外と多いようです。

今回は、電話上手の女性から電話中に沈黙になっても恐れず楽しむ方法を3つ教えてもらいましょう。

1 話したいことや聞きたいことは事前に準備しておこう

Aさん(27歳)は、学生時代から女友達と電話することが好きで、今も女友達はもちろんですが彼氏や好きな人ができると電話をかけて会話を楽しんでいるそうです。

「好きな人と女友達との電話は全く違うので、私もドキドキはしますよ。電話を掛ける前に、何を話そうかしっかり考えていても、いざ話してみると頭が真っ白になったりして。『じゃあ、また』とものの数分で切ったこともあります。

それでどうしたら長く話せるか考えて、予め話したいことや聞きたいことを紙に書いておくことにしたんです。

この方法は、病院を受診した時に医師の前で緊張する人にも良いらしいですけど、書いておけば頭が真っ白になってもただ読めばいいだけですから本当にお勧めです。

テレビのバラエティもドラマも台本がありますし、電話にも台本的なものがあれば沈黙を避けることができると思うので、電話を掛ける前には話すことを書くということを習慣にしてみるといいと思います。慣れてしまえば、書かなくても自然に話ができるようになりますよ」

2 緊張する度に親しくなると信じよう

「好きな人ですから話す時に緊張するのは当たり前だと思うんです。でも、この緊張っていつまでも続かないし、付き合いが長くなればドキドキした気持ちを思い出そうと思っても思い出せない。

だから、電話で緊張できるこの時期って貴重な時間だと考えるようにしたんです。緊張を大事にすれば電話も苦では無くなるし、緊張すればするほど好きな人と親しくなれるので、二人の距離を縮めたいのならとにかく話すことが一番だと思います。

1回の電話が数分でも、それを繰り返せば好きな人について多くの情報をゲットできますから、話せば話すほど親密度はアップしますし、話す機会が増えて信頼関係を築くことができれば悩みや秘密を共有することができるかもしれませんから。

それから脳は、緊張や刺激によって活性化すると言われていますので、アンチエイジング目的として好きな人に電話をすれば声が聞けるし肌も美しくなって一石二鳥かもしれませんよ」

3 お酒を飲んでリラックスしながら話そう

「好きな人と電話する自分を想像するだけで緊張してしまうという場合は、掛ける前にお酒を飲むこともお勧めです。お酒は、緊張している気分をほぐすことができますし、普段の自分と違う明るい面を引き出せます。

普段は話せないちょっとエッチな会話をすれば、好きな人のあなたに対する印象も変わるかもしれません。電話を通して色んな自分を知ってもらうことができれば、『面白い子だからデートに誘ってみようかな』と新たな関係へ発展する可能性も出てくると思います。

好きな人もお酒好きなら、『毎晩この時間に電話で飲み会を開きませんか?』と誘うことで次回の電話がしやすくなるでしょうし、いずれは『電話じゃなくて外で飲まない?』とデートできるかもしれません。

好きな人の声をつまみにしてお酒を飲めるなんて幸せなことですが注意点もあります。ほろ酔い程度であれば好きな人に迷惑をかけることはありませんので、くれぐれもご自身の許容量を超えない程度で留めたほうがいいと思います。

お酒が駄目な場合は、ハーブティーやアロマオイルでリラックスさせてもいいと思います。リラックスして好きな人の声を聞くことが習慣化すれば、実際にデートした時に好きな人の声を聞くだけでリラックス状態を再現することも出来ると思うので、自分なりに落ちつける方法を探してみたらいいと思います」

同じテレビ番組を観ることも効果あり!?

Aさんは、好きな人に電話をかけた時、自宅に居る場合は観ているテレビ番組を合わせることもお勧めと言います。

「同じ番組を観ながら話すことで会話が途切れにくくなるんですよ。『この俳優さん最近よく観るね』とか『この動物可愛いね』とか、リアルタイムで話題を共有することができますから、別の空間でも近くに居るように感じることができるでしょう。

音がないよりもあったほうがいいと思うのですが、音楽だとジャンルによって邪魔になるのでテレビをつけておくことはお勧めですよ。ただし、観過ぎると電話している意味がなくなりますので、気をつけて下さい。

それから電話を掛けた時には話せる状況か確認することも大切です。相手が忙しい場合は、会話を弾ませることは困難ですから掛けたらすぐに話せるかどうか聞く習慣をつけることもお忘れなく」

この記事をシェアする

関連記事