• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

電子レンジ、スマホ・・・身近な電磁波と妊婦の上手な付き合い方

Date:2013.10.10

ここ数年、様々な機能を持つ電化製品が登場し、家事に育児に忙しい主婦にとっては大助かりなのではないでしょうか。

しかし、それらの電化製品の中には電磁波を発するものもあり、特に妊婦さんへの影響が懸念されています。とは言っても電化製品の無い生活なんて考えられない・・・というのが女性の本音。ではもし自分が妊娠した場合、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。

電磁波が危険な理由とは

電磁波は危険であると聞いたことがある人は多いでしょう。その本当の恐怖はその危険性について確実なデータが無いことです。

そのため、気にしなくても大丈夫!と考える人もいますが、国際会議でもその危険性について議論されているなど、世界中で電磁波の影響が懸念されているのです。では実際にどのような影響があると考えられているのでしょうか。

妊婦さんが強い電磁波を浴びた場合、おなかの赤ちゃんが癌や白血病になる可能性が高くなったり、流産・早産の危険性があると言われています。それが本当かどうか立証されてはいませんが、できるだけ電磁波に近づかないことが安心につながると言えるでしょう。

とは言え、身近なところでは、テレビ、電子レンジ、携帯電話など、もはや生活するうえで必要不可欠とも言える電化製品から電磁波は発生しています。身の回りには電磁波が溢れてしまっているのです。

妊婦さんが赤ちゃんのために出来ること

先ほども述べたように、電磁波がどれほど人体に影響を及ぼすのか、きちんと立証されたわけではありません。電磁波を気にしすぎてストレスを溜めてしまっては逆に赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。

なるべく電磁波を発する電化製品から離れたり、むやみにお腹に近づけないようにするなど、小さなことを心がけるようにしましょう。

例えばテレビを少し離れた所から見るとか、お腹の近くに携帯電話を置かないなど、ほんの少しで構いません。そうすることで心理的な不安も取り除かれお腹の赤ちゃんも健康に育ってくれることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事