• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

分かっているのに守れない?心に留めたいデートアドバイス

Date:2013.07.24

「デートする際の心得?そんなのはデート本とかでよくわかっているよ!」なんて言われる方もいるかもしれませんが、「わかっている」のと「できている」というのは別物です。そして多くの方が「わかっている」つもりなのにできないデートアドバイスがいくつかあるのです。

そこで、本当に効果があるのに、なかなか皆が実践できていないデートアドバイスをご紹介します。「このデートの本、まったく効果ないよ!」なんて嘆く前に、まずはこちらのアドバイスを見直してみませんか?

よい男性を選ぶ

「当たり前じゃない!」って言われると思いますが、胸に手を当てて考えてみてください。過去を探ってみると、ちょっと悪い男性を選んでいませんか?

不良とかそういう意味だけではありません。プレイボーイだったり、一見優しそうなのに自分のことしか考えていなかったり、格好つけているだけで中身がなかったり…でもそういう人ほどちょっと危険な香りがして付き合ってみたくなったりするものです。

そして「私なら彼を直せる!」なんて思ってみたりも…そうはいっても、結局は悪い男は悪い男で、悪いことをしてしまうものです。

考えすぎない

「彼にメールしたのにまだ連絡がない…もう一時間もたっているのに。どうしたのかな?私のことが嫌いになっちゃったのかしら。それとも…」なんて考えてしまった経験はありませんか?相手のことを気にすればするほど、心配になってしまうものなのです。

でも、何もないことのほうが多かったりしませんか?ただ単に忙しいだけだったり、メールに気づいていないだけなのかも。妙にそのことを分析して考え込むのはやめましょう。

何かあったらはっきりという

コミュニケーションは関係を築くための鍵です。せっかく彼が貴女に「どうかしたの?大丈夫?」と聞いてくれているのに「なんでもない」とか「大丈夫よ」なんて答えていませんか?彼がした行動に傷つけられたりしたら、それをしっかりと伝えましょう。

何がどう嫌だった、どうしてもらったら嬉しい、ということを話すのです。そうでなかったらまた彼が同じことをしてしまのではないでしょうか。

過去を持ち出さない

それがたとえ貴女と彼の過去であろうが、彼の過去であろうが、貴女の過去であろうが、過去を引きずることは未来にはプラスになりません。

女性は男性に比べて、すぱっと過去のことが忘れられるものではありませんよね。でも、過去は過去のことと割り切って、過去に苦しまず、自分をしっかりと守ってあげることが大切なのです。

彼のスペースを与えてあげる

私たちは好きな相手とはいつも一緒に居たいと思いがちです。思うことはかまいません。でも、もしそれでべったり彼と四六時中一緒に居たら、彼の息が詰まってしまいます。彼は彼でやりたいこともありますし、精神的にも肉体的にも自分のスペースが必要なのです。

何でもずかずか入っていく、何でも分け合うという精神ではなく、ある程度の距離を置いてあげることも大切なのです。貴女も彼と会わない時間を有効利用して更にいい女になってみてはいかがでしょう?

彼からの連絡を待たない

「何で彼は電話もメールもしてこないのかしら…おかしいわ、まだかしら、まだかしら…」なんて壊れたCDのように繰り返してつぶやいてしまっていることはありませんか?

彼の連絡は確かに楽しみですよね。彼の名前が携帯の画面に出てきたらわくわくどきどきしてしまう。それは素敵なことです。

でも、その電話を待つのはやめましょう。彼が連絡してきたら嬉しい、その事実は変わりません。ただ、携帯をOFFにして気を落ち着かせて、自分のやるべきことをやりましょう。何も手につかないのでは困ります。

貴女は当てはまること、ありましたか?ちなみに私はどれも思い当たります(笑)。本当に実践するとなると難しいのですよね。すぐにできなくても構いません。少しずつ直していけるように常に心に留めておくだけでも変わってくるはずですよ。

この記事をシェアする

関連記事