• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

体に負担が少ない酵素風呂の効果。発酵熱を利用した優しいお風呂

Date:2016.10.13

shutterstock_128646581「酵素」という言葉は聞いたことがあっても、「酵素風呂って何?」と思った人の方が多いのではないでしょうか。

酵素って食べるものじゃないの?いえいえ、それだけではなくて、お風呂でも楽しめるものなんですよ。

食べ物から取り入れてももちろん健康に良いものですが、酵素風呂にはデトックス効果やリラクゼーション効果など様々な嬉しい効果が。

体も温まり美容にも良いという酵素風呂の魅力を詳しくご紹介します。

酵素風呂とは電気を使わず発酵熱を使う風呂

酵素とはたんぱく質の一種で、体内にあるものと食べ物から摂れるものとありますが、人が生きていくためには欠かせない成分。

酵母などの微生物から作り出され、他の物質を分解したり合成したりする不思議な力があります。

微生物が有機物を食べて酵素を作り出しますが、米ぬかやおがくずなどが発酵する過程で発する熱を利用して入浴する方法を酵素風呂といいます。

酵素風呂は乾式温浴療法

酵素風呂といいながら従来のお湯につかるお風呂とはちょっと違います。

米ぬかやおがくず、またはそれらをブレンドしたものを床材として利用し、それを発酵させて熱を発生させます。そこに入ることで身体を温める入浴法です。

自然の発酵熱を使っているので、電気やガスなどの熱源を使っていません。

しかも、お湯につからないので水圧による負担が少なく、小さいお子さんからお年寄りまで、家族みんなで楽しむことが出来るお風呂です。

お漬け物を作る米ぬか

米ぬかは美肌成分もたっぷりで、顔を洗ったりパックにしたりとスキンケアにはとても有効な素材ですが、酵素風呂の材料にもなるのです。

米ぬかを酵素の力で発酵させると60~70度くらいまで温度が上がります。その中に入ると体感温度は40度程度と、普通のお風呂と変わりなくなるんですね。

浴槽の中に入った大量の米ぬかの中に体を埋めて入ると体が芯から温まるのだそうですよ。ただ、米ぬか独特の香りが苦手な人には向いていないかもしれません。

木材のかすじゃないの?おがくず

おがくずは木の削りカスですが、あれも酵素風呂の素材になるのです。え、チクチクしないの?と思いますよね。細かくパウダー状になっているので痛みはないそうですよ。

おがくずはそれ自体では発酵できないので、酵素液(発酵液)を加えて発酵させることによって発熱します。

使われている木の種類によってもおがくずの香りが変わってくるそうです。ヒノキのおがくずは殺菌効果も高く香りがいいので人気のある素材です。

おがくず風呂の起源は大高酵素の創始者である大高登氏が、おがくず堆肥が発酵しながら熱を発し、そのおがくずに足を入れるとリウマチや神経痛が改善するのを発見したことから、といわれていますね。

その後酵素風呂を利用した療養施設も開設されました。小樽、大宮にはイオンハウスという酵素風呂の施設があります。

酵素風呂サロンなどで入ることが出来る

全身が浸かるほどの米ぬかやおがくずというと相当な量になりますし、常に発酵させ続けていかなければいけないので、自宅で全身酵素風呂に入るのはちょっと難しいですね。

サロンの酵素風呂にはオケタイプとプールタイプがあります。オケタイプは一人ずつ入れるサイズ、プールタイプは何人もの入浴者が一度に入れる大きさの酵素風呂です。

+ + 大きな ガトーショコラを スコップで 食らいつく + + #酵素風呂 #米ぬか #リフレッシュ

kikiさん(@pasapaskiki)が投稿した写真 –

酵素風呂の効能や身体を温めることの健康効果

温泉とは違った温熱療法として注目を浴びる酵素風呂ですが、どのような健康効果があるのでしょうか。

酵素が皮膚から吸収されるから健康に良い、という意見と、医学的に酵素が皮膚から吸収されることはない、という意見と両方見ることが出来ます。

どちらが正しいのか、正直よくわかりません。ただ、入ってみた人の例から、健康効果が実感できることは確かなようです。

発汗作用でデトックス効果

体感温度は40度ほどなので普通のお風呂あまり変わらないのですが、発汗作用がすごいのが酵素風呂の特徴です。

たった15分はいるだけで2時間のランニングに相当する発汗量となり、これは岩盤浴の3倍もなるのだとか。

たくさん汗をかくことで体の中の老廃物や毒素を排出することが出来るので、デトックス効果もあります。

酵素風呂の後はたっぷりの水分補給が欠かせませんね。たくさん汗を出してその分しっかり水分を補給すれば巡りの良い体を作れます。

疲れにくくてリラックス効果がある

体への負担が少ないので、普段湯船に入るのが苦手な人でもゆったり入ることが出来るでしょう。

汗はかくものの、お湯の蒸気が上がってこない分疲れにくく、空気をたっぷり含んだ米ぬかやおがくずの中にいるととてもリラックスできます。

自律神経のバランスもとれて体調も整っていきますよ。

お肌もすべすべ、美肌効果

酵素が肌に触れるのでお肌もツルツルに。酵素洗顔料で顔を洗うと汚れが落ちてスッキリしますよね。それと同じです。全身が酵素のおかげですべすべ、美肌になります。

また、米ぬかには美白効果があるので、酵素風呂に入り続けると

  • シミ
  • くすみ

が消えてだんだん肌が白くなってくるそうです。

新陳代謝が良くなっていることもあって、余計な角質も落とされますし、老廃物も排出してくすみにくくきれいな肌に。
  • ひじ
  • ひざ
  • かかと

などの角質ケアも出来てしまいますよ。

体の芯から温まる温熱効果

酵素風呂はたった15分という入浴時間でも長時間の半身浴をしたのと同じくらい体が温まり、しかもその温かさが持続するのが特徴です。

冷え性の方には特におすすめですね。

基礎代謝が上がれば太りにくくもなりますし、ダイエットにも役立つはず。

体が冷えていると寝つきが悪かったり、夜も目が覚めてしまったりしますが、酵素風呂に入っていればずっと体が温かいのでぐっすり眠れますよ。

体温上昇による免疫力アップ

体温が1度上がれば免疫力は30~50%アップするといわれています。酵素風呂に入ると体温が上がり、37~38度くらいまで上がる人も。

細胞の新陳代謝が活発になり、自然治癒力も高まります

病気もしづらくなり、そのおかげで、花粉症などのアレルギー症状が緩和されることもあるそうです。

血流アップで冷え性改善

体の中から温まり、血流がアップすることによって、

  • 冷え性
  • 低体温
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 更年期障害

などが改善するといわれています。

身体が冷えているとまったくいいことはありませんから、芯から温めて体質改善をしていきたいですね。血行が良くなることによる疲労回復効果も期待できます。

褐色脂肪細胞を刺激して脂肪を燃焼

褐色脂肪細胞は脂肪を燃焼してエネルギーに変える働きがあるので、この細胞を活性化させれば痩せやすくなり、逆に働きが弱くなると太りやすくなってしまうのです。

ではどうすれば褐色脂肪細胞を活性化することが出来るのかというと、酵素風呂で背中をしっかり温めるんですね。

褐色脂肪細胞は

  • 背中付近(肩甲骨周り)

に多く分布しているので、ここを温めるとダイエットに効果的だといわれています。

そしてさらにその効果を高めるには褐色脂肪細胞を刺激すること。冷やすと体温が下がったと感じ、その分細胞の働きが活発になります。

簡単なのは酵素風呂の前に手を冷やしておく方法。

手から脳へ「冷たい」という刺激がいくと脳は体が冷えていると判断し、褐色脂肪細胞が活性化して太りにくい体を作れるでしょう。

酵素風呂でガンの治療?治ったという体験談も

昔から「湯治」といって温泉に入ること自体が病気の治療に役立つように、酵素風呂で身体を温めることも免疫力を上げることから治療に役立つのではとの期待があります。

実際に、ガン細胞は熱に弱いことから体温を上げることで死滅するという話もありますし、がんを患っていた人が酵素風呂を利用してガンが消滅したという体験談もあります。

もちろん、ガンの状態にもよりますし、誰もが同じ効果を得られるわけではないでしょうが、もし身体を温めることでガン予防、ガン治療になるなら素晴らしいことですね。

始める前に要チェック!酵素風呂のデメリット

体に負担の少ない酵素風呂ですが、デメリットや副作用のようなものはないのでしょうか。

酵素風呂には副作用がない

これだけの素晴らしい健康効果がある酵素風呂ですが、副作用はないとされています。

ただ、温泉と一緒で無理して長時間入ったりすると湯あたりしますので気をつけて下さいね。

好転反応が起きることがある

好転反応なのでデメリットではないのですが、初めて酵素風呂に入った時に、新陳代謝が促進されて目に見えてデトックス作用が起きることがあります。

  • 吹き出物
  • 発疹
  • 目やに
  • 尿の色の変化
  • 皮膚の赤み

など、一瞬驚いてしまうような反応が出ることがありますが、一時的なものなので心配はいりません。

米ぬか風呂は温度が高くなりがち

米ぬか100%の酵素風呂はおがくず入りに比べて温度が上がりやすいため、お風呂に入り慣れていない人はのぼせてしまう可能性があります。

体力のない人も疲れてしまうかもしれません。そのような方はおがくずと米ぬかのブレンド風呂の方が向いているかもしれません。

米ぬかのにおいが取れない

裸で入る場合に米ぬか100%だと少々においがきつく、酵素風呂の後にシャワーを浴びてもにおいが落ちにくい場合があります。

髪にはつかないように気をつけた方がいいかもしれません。

入れる施設がまだまだ少ない

酵素風呂は手間がかかります。米ぬかやおがくずなどの床材は湿ると重くなり撹拌するのも一苦労。従業員の確保なども大変なので経営も大変なのです。

まだまだ酵素風呂があるのが大都市中心なので、入りたいなと思っても近くにない、というケースは多いでしょう。

利用料金がやや高め

酵素風呂はまだまだ料金が高め。1回の料金目安は3000~4000円が相場です。

酵素風呂は週に2回くらい入ると効果的だといわれていますが、正直ちょっと難しいですよね。

女性の場合はそこに

  • バスローブ
  • 紙ショーツ

などの料金も加わるので意外とお金がかかります。

回数券を購入することで少し割安になったりもしますが、「自分へのご褒美」的なお値段かなと思います。

家庭で酵素風呂を楽しむ方法

近くに酵素風呂がない、という方は家でも楽しむことが出来るんですよ。

家庭用酵素風呂キットで部分浴を楽しむ

フットバスのような入れ物におがくずなど発酵する素材を入れて、家で酵素風呂を楽しむキットもあります。

足をつけるだけでも十分体を温める効果があるので、家で湯船に入れない人や冷え性の人は試してみてはいかがでしょう。

お家でオガ酵素風呂スターターセット

自分でおがくずを発酵させて、家で酵素風呂を楽しめるキットです。
価格:9800円

コンセプト・取扱商品 – アンチエイジングエステサロンmiu【ミュウ】
http://a-s-miu.jp/concept.html

酵素液を湯船に入れる方法も

酵素入りの入浴剤も色々な種類が販売されています。

もちろん、米ぬかなどを自然発酵させた酵素風呂にはかないませんが、お肌もすべすべになりますし、お湯もまろやかに。

手軽に酵素風呂を楽しみたい方にはおすすめです。

酵素風呂で冷え知らず~体の芯から温まろう

冷えは万病の元。特に女性は1年中からだが冷えている人も多いですよね。近くに酵素風呂があれば週に1回でもいいですし、通ってみて下さい。

冷え性が改善するまでぜひ習慣にして欲しいものです。

低体温の人も増えていますし、体温が下がることのデメリットはあってもメリットはありません。

体を温めることは年齢性別問わずいいことばかりですから、1度酵素風呂を体験してみませんか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント