• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

冬のぽっちゃり解消!あったか美味しいスープで効果的にデトックス

Date:2014.05.01

冬の間のダイエットほどつらいものはありません。秋から美味しいグルメなシーズンが始まり、イベントが続き年末年始をこえていく…。しかも寒い季節程スイーツが恋しくやめられないものです。

ストリクトに自制することができるときばかりではありませんし、美味しそうに食べる大食家の方がそばにいれば、ブレーキはどんどんゆるくなっていきます。しかし冬場はある程度の脂肪分も大切です。

脂肪分というよりも栄養分!栄養をバランスよくとり、体内の毒素をとると腸内で善玉菌が頑張って活発化しやせる体質に変わっていきます。つまりぽっちゃりさんになりやすい体質を改善していくのがポイントです。

野菜の臭みをのこさない!

体質改善のためにデトックス方法が良いでしょう。しかもダイエットがなかなか成功できない人でも、気軽に食べながらデトックスできるため、冬場こそ続けられやすいものです。

それがデトックススープ!具材選びは何でもよいとはいえ、野菜の臭みがきついものを薄味で作らないようにするのがポイントのひとつ。野菜臭さがあるものと言えば、人参を上げる人も少なくないはずです。

人参があまり好きではなければ量を減らし、カットする形もスライスにした方が臭みが気になりません。色的にスープに人参が入った方が見栄えしますので、少しは入れたい具材のひとつです。

なぜなら見栄えだけでなく栄養価もよく、毒素が溜まった肌によくある吹き出物などの肌症状を緩和させますので、おすすめの具材のひとつなのです。

またキャベツ!キャベツは必ずスープに入れたい食材です。キャベジンのお薬もあるように、胃腸に良い働きをしますし、便通を良くしますから、腸内のデトックスには最適です。

有害金属を排出させる野菜の種類は意外におおい?!

体内の毒素でも有害金属類を排出させる食材も入れると効果がかなり期待できます。海外にいくことになり病気を拾わないよう、体温を上げるためこのデトックススープを毎日食べていたことがあります。

半信半疑でしたがデトックススープと運動嫌いな私でもできる範囲の軽い運動だけでしたが、体温は2度~3度確実に上がりました。知らなかったのですがもともと「隠れ金属アレルギー」を持っていたため効果が増したのではないかと医師に言われました。

そんな金属類を排出してくれるのがえのき、ニンニク。えのきたけやニンニクはお手頃価格で安価な野菜のひとつですが、有害金属類を体外に排出させる優れた作用を持ちます。にんにくはビタミンを含むため体内の疲れ物質を解消してくれます。

水から火を通すようにしましょう。

スープを作る時は急いでいなければ、水に野菜をいれてコトコトと煮込んでいきましょう。固い野菜ものから入れていきますが体内の老廃物を排出させながら、筋肉にたまった疲労をとるために鶏肉をプラスしましょう。

ですからお鍋に入れた水が温まらないうちに一口大にカットした鶏肉をいれて弱火で火を入れます。弱火で火を通すとお肉がしっとり柔らかく仕上がり食べやすくさせるためです。

そこへニンジンやゴボウ、ニンニクやエノキタケを入れて煮込んでいきましょう。ゴボウにはポルフェノールがあり、細胞内の余分な水分を排出させてくれますし、風味がより深くなり食物繊維も豊富なためデトックスには欠かせないおススメの食材です。

味のバリエーションは豊富に!

デトックススープの基本は1日に1度は食べ2週間は続けること。スープを大きなお鍋に作っておいても1週間あるようではいけません。

少なくなったらその上にお水を足してスープを作られる方もおられますが、あきてしまわないためにも3日に1度はきちんと作り直してスープの味を変えて楽しんでください。

2週間を3日おきに作り替えると約5つの味を変える事になります。第1回はブイヨン、2回目はコチュジャンを入れて韓国風に、3回目は豆乳を加えて、4回目は和風だし、5日はみそ味で…冬の大根がまだ手に入るようでしたら大根も入れて具材たっぷりの味噌汁のように頂くこともできます。

とにかく2週間以上は続けてください。そしてほかのおかずや白米より先にスープを食べて糖の吸収を抑えながら召し上がっていくと効果的なダイエットになります。

この記事をシェアする

関連記事