• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌荒れ、倦怠感…アトピーで片づけないで!月に1度のデトックススープで体質改善。

Date:2013.11.25

最近は春の花粉症の時期にかかわりなくアレルギーが出ると、肌荒れをおこし粘膜系も炎症をおこし薬を飲まざるえなくなります。

すばやく処置をすればアレルギーともうまく付き合っていけますが、仕事や育児など忙しい毎日で病院に行けなかったりすると長引いてしまい、アトピー性の症状になってしまう事があります。

病院の先生の診断も長引く肌荒れやアレルギー症状が出ると「アトピー」と診断される先生が多く、根本的に直すのが難しくなります。

もちろん医師の指示のもとに治療することが大切ですが、漢方処方の医師の中には治療と同時に自宅でもデトックスを心がけるように指導される先生もいらっしゃるようです。自宅でデトックスを試したいと思うものですが、問題は手軽にできなさそうな事ではないでしょうか?

手軽にデトックススープ!!

体内の有害ミネラルなどめぐりを滞らす毒素を体から出せば、腸内がきれいな状態になってアレルギー物質も排出されてホルモンのバランスもよくなります。

デトックスに効能がある野菜たっぷりのスープだけでいいのですから、これから紹介するすべての食材が揃わなくても最低4、5種類組み合わせて試してみてください。

キャベツ、タマネギ、セロリ、人参、ブロッコリー、大根、えのきだけ、ゴボウ…そして生姜、ニンニク

キャベツ、タマネギ、セロリ、人参、ブロッコリー、大根、えのきだけ、ゴボウ、生姜、ニンニク。

・キャベツ…ダイエットにも注目される野菜のひとつで食物繊維が豊富で粘膜を丈夫に体の酸化を防ぎます。ですからほかの野菜がなくてもデトックススープにはキャベツは外せません。

・タマネギ…血液をサラサラにすることでも知られていますが、有害物質を包み込んで体の外まで排出してくれる優れた野菜のひとつです。

・セロリ…アルコールやニコチンなど有害毒素を分解する働きがあります。またスープの隠し味になるうまみが出るためスープ自体おいしくなりますから野菜嫌いな方はセロリの葉の部分からすべて入れて野菜の臭みを抑えると良いかもしれません。

・人参…緑黄色野菜の代表的な野菜。ビタミンAが含まれ、皮膚科の薬でもよく使われる副腎皮質ホルモンの分泌を促すため、症状が皮膚に出ている方は外せない食材になるでしょう。

・ブロッコリー…血液中の老廃物を肝臓に運んでくるため肝臓が弱くなりがちです。そうすると疲れやすく倦怠感を覚えるようになります。ブロッコリーはキャベツ同様に肝臓における有害物質を無毒化させます。

・大根…食物繊維が含まれるだけでなく消化酵素が豊富なので発がん物質を抑える効能があり、大根もタマネギ同様有害物質を体外に排出するのを助けます。。

・えのきだけ…えのきに限らずきのこ類は食物繊維が豊富でお通じをよくします。また食物に含まれる有害物質を吸着し体の外へ排出します。ニンニクと同様免疫を高めてくれます。

・ゴボウ…ゴボウは利尿作用があるため腎臓機能を高めて老廃物を排出するのに優れています。そして細胞に閉じ込められている余分な水分を排出してくれるためデトックス効果に優れています。

・生姜…日本の種類だけでも5種類以上ある生姜。体を温める効能があることでも知られていますが、生姜を加熱するとジンゲロンという成分が出るため脂肪分解という作用がでて余分な脂も排出が期待できます。

・ニンニク…有害重金属を排出させるすぐれた作用をもち、免疫を高めてくれます。また疲れからくる倦怠感がある時は体に乳酸が貯まってしまっている証拠ですから、ニンニクに含まれるビタミンB1により解消することができます。

心が折れそうでも…諦めないで!

簡単な紹介になりましたが、それぞれ優れた効能をもっています。自分に出ている症状に合わせて野菜を組み合わせ、深めの鍋でコトコト煮込んでください。

味付けはあまり塩で濃くしない方が良いですが、ブイヨンなどを使って月に一度作り置きして作ったお鍋分食べきってデトックスしてください。

皮膚にアトピー症状が出ると、長引くこともありますが、毒素を出して体質を変えれば必ず症状が改善されますから焦らずデトックスを心がけてください。

この記事をシェアする

関連記事