• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デトックスダイエットで10キロ減も夢じゃない!お肌も甦るダイエット法

Date:2012.09.30

「デトックス」、女性が読む雑誌には必ず入ってくるキーワードです。すっきり体重がおちて、おまけに体も肌もきれいになるデトックスダイエットってどういうのでしょうか?

巷には多くのデトックスダイエットが出回っていますが、世界的にも有名なデトックスダイエットは、Dr.ElsonHaas氏が考案した食事療法です。Dr.ElsonHaas氏は、体重や健康のトラブルの多くは、体の毒素のせいだという考えです。

デトックスダイエットは、体重の落としながら、健康を改善し、エネルギーを上げていきます。食事療法を通して、体から有害物質を取り除きます。一度体を浄化して、より効率的に、より効果的に、機能することができます。

デトックスダイエットのガイドライン

  1. 食べる時は時間をかけて、よく噛んで食べましょう。
  2. 食前食後の数分間はリラックスしましょう。
  3. 快適な座った姿勢で食事をしましょう。
  4. 主に蒸した野菜や新鮮な生野菜を食べましょう。
  5. 夕食後にはハーブティのみ飲みましょう。

メニュープラン

デトックスプランは、一日3回の食事と、スナックの代わりにレモンジュースや野菜ジュースを摂取します。朝食・昼食・夕食は、野菜や果物だけになります。それだけでは難しい場合は、少量の赤みの魚や鶏肉ならとっても大丈夫です。

  • 目覚めのメニュー:レモン半分をしぼった水をコップ2杯
  • 朝食メニュー:常温の新鮮なフルーツ(りんご、梨、バナナ、ブドウや柑橘類)。よく噛んで唾液を出しましょう。
  • 朝食後15~30分後:ボール一杯の全粒穀物の料理(例えば、雑穀や玄米やそばなど)。味付けには、大さじ2杯のフルーツジュースや、少量の塩、ベターバター(バターとキャノーラ油のミックス)を使います。
  • 昼食メニュー:蒸した野菜を中ボールに1~2杯。いろんな根菜や葉野菜を使いましょう。ポテト・山芋・緑豆・ブロッコリー・カリフラワー・にんじん・ビーツ・アスパラガス・キャベツなどです。よく噛みましょう。
  • 夕食メニュー:ランチと同様の食事です。
  • スペシャル調味料:ベターバター(バターとキャノーラ油の混合物)。半カップの冷やし固めたキャノーラ油(もしくはオリーブオイル・亜麻仁油)の中に常温でやわらかくしたバター200グラムを混ぜて、冷蔵庫で冷やします。それを毎日食事ごとに小さじ1~3杯使います。
  • 11時や15時の間食:蒸し野菜からでた野菜水をカップ1~2杯。少量のシーソルトや昆布を加えてゆっくり、唾液を含むようにして飲みます。
  • 夜食:ハーブティーのみ。ペパーミント・カモミールなど。

最初の数日は、体が弱くなったと感じたり、いくつか症状が出る可能性があります。これを過ぎると、体が軽くなり、気持ちよさを日ごと実感することになります。

もしこのダイエット中に、空腹を感じたり、気持ちが弱くなったりしたら、水を飲むようにしましょう。

必要に応じて、少量のタンパク質(80グラムから100グラム)を午後に食べることができます。これは、魚やオーガニックチキンや豆などでも大丈夫です。

実用性

デトックスダイエット中に外食するのは、かなり厳しいといえます。避けなければいけない食べ物や食材がたくさんあるからです。アルコールもカフェインも許されていません。

このダイエットを実行するために、特別な食品を購入する必要はありませんが、多くの果物と野菜が必要になります。菜食主義者には、あまり苦ではないかもしれませんが、普通の食生活の人にとっては、厳しいダイエットといえるでしょう。

脂肪酸や甘い食べ物の代わりに、果物や野菜を食べることはとても良いことです。確実に健康を改善し、体重を減らせるでしょう。しかし、食事制限が厳しいので、長期にわたって実行するのは、偏りのある食事になり健康とは言えません。

短期で体重を落としたい人に向いているのではないでしょうか。その後、リバウンドしないように、上手に野菜や果物を取り入れて食生活の改善をしていくと良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント