• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエット中なのに体重が減らない?嘆く前に知っておきたいその原因

Date:2014.04.21

貴女は自分が痩せたかどうかはどのように判断しますか?一番簡単で目に見える方法として、体重計に乗ることが目安になるという方が多いかと思います。

でも、ダイエットを頑張って毎日体重計に乗ってチェックをしても、体重が落ちていないなんてことはありませんか?

「こんなに頑張っているのに、何で…」なんて嘆いてしまうことと思いますが、落ち込む前にその原因を考えてみませんか?ちょっと意外なことが原因となっているかもしれません。

1. 筋肉が作られてきている

同じ量の筋肉と脂肪では、筋肉のほうが繊維が詰まっていて、密度が高いために重いのです。そのため、運動を取り入れたダイエットを行っている人は特に、筋肉がつき始めた時には、体重が減るどころか増えることがあります。

でもそれは逆にいい知らせなのです。筋肉がつけば代謝が上がるために、脂肪を効率的に燃焼させることができるのです。ここであきらめてしまわないで、エクササイズをしっかりと行い、ダイエットを続けるようにしましょう。後で結果が見えるはずです。

2. エクササイズ以上に食べてしまっている

今までずっとエクササイズを日常的に取り入れてきていなかった人にとり、エクササイズをすると気持ちも心も軽くなり、カロリーがたくさん消費され、ダイエットが成功してきているような気がするのではないでしょうか?

でも、実際は自分が思っているよりそこまでカロリーを消費していなかったりもします。また、食べるときに運動をやっている安心さからも、あまり量を気にしなかったり、何を食べているかあまり考えないでただ食べてしまう「マインドレス・イーティング」を行ってしまうこともあります。

また、「あれだけ毎日ジョギングしているから、ちょっとくらい多めに食べてもいいよね」なんて気持ちになってしまうことも。これは、かろうじて体重が増えないということはあっても、落ちることはないでしょう。

自分が何をどの位食べているのか、自分のエクササイズが本当に効果的にカロリー燃焼をしているのか、今一度考え直す必要があるでしょう。

3. エクササイズを日常化させすぎてしまっている

毎日エクササイズをすることはよいことです。でも、もしあまりそれを日常化しすぎてしまい、同じことをただ繰り返してやっていると、それが習慣化されてカロリー消費量が初めのころよりも少なくなってきてしまいます。

カロリーを更に燃焼させるためには、快適なペースでのエクササイズの中にきつめのインターバルを入れる、インターバルトレーニングを取り入れるとよいでしょう。

4. ストレスがたまっている

ストレスはダイエットの大敵です。ストレスでストレスホルモンが放出されると、脂肪を溜め込んでしまうのです。また、ストレスによるやけ食いやドカ食いも太ってしまう原因となります。

心も健康でいられないと、ダイエット成功のハードルは自然と高くなってしまうのです。

5. 睡眠不足

寝ている時間が長いと身体が動いていない分カロリーが消費されないのでは?なんて考える方もいるかもしれませんが、実は寝ている間もカロリーは消費されますし、更には睡眠を摂ることで代謝が上がるのです。

睡眠時間が短い人は肥満になりやすいという報告もあります。1日7-8時間を目指して睡眠をたっぷりとるようにしましょう。

6. 無理なダイエット

短期間で行う無理なダイエットはその時は痩せても、その食事をやめた途端にリバウンドしてしまうことが多いのです。

早く痩せたい、その気持ちはわかりますが、ずっとその方法を続けていけるものでなければ、ゆっくりと確実に少しずつ痩せていくようにするほうが無難です。

いかがですか?意外と色々な要因でダイエットの効果が出にくかったりするものです。また、考え直していただきたいのが、体重を気にするのよりも体脂肪を気にしてほしいということです。

身体がどんなに細くても、内臓脂肪たっぷりの人だっています。この隠れ肥満は普通の肥満よりもたちが悪いものです。ぜひ体重ばかりを気にするのではなく、どうせ体重を測るのであれば、体脂肪計付きのものを使い、体脂肪も測るようにしましょう。

体脂肪が減るのを見るのは余計なものが身体からなくなっていったことが実感でき、とてもモチベーションが上がりますよ!

この記事をシェアする

関連記事