• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットに最適な習い事7選、楽しみながら痩せられる!

Date:2018.03.05

ダイエットはひとりで頑張る辛いもの、と思っていませんか?習い事を始めれば、周りの人と楽しみながらスリムで魅力的な体型を手に入れることができます!

習い事と言っても、思いっきり体を動かす運動系ダンスやリラックス効果のあるヨガなど種類はさまざま。

たくさんある習い事の中から、趣味にできるほどハマる習い事をひとつ見つけることができれば、それだけで生活はとても豊かになることは間違いありませんね。

ダイエット効果だけでなく、仕事や私生活で溜まったストレスも習い事でリフレッシュすることができて、一石二鳥どころかいいことずくし。

今回は、特にダイエット効果を実感できそうな習い事を、それぞれの魅力と効果と一緒にご紹介していきます。どの習い事にしようか迷ったときに、参考になる習い事の選び方も必見です!

大人のダイエットは、習い事で楽しみながら効率よく美しい体になりましょう。


習い事を選ぶコツ!理想の体と引き締めたい部位を確認しよう

ダイエット効果を狙った習い事は大きく分けて、

  • 体を整えるエクササイズ・ダンス系
  • 体をしっかり動かす運動系

の2種類があります。

ありがたいことに、習い事のバリエーションは多く、選択肢も豊富。ですが、それゆえにどの習い事に手を出せば良いのか迷いすぎてしまうことも……。

そんなときは、習い事を選ぶひとつの基準として「どんな体型になりたいか」を頭に思い浮かべるといいでしょう。

運動やダンス、エクササイズによって使う筋肉や引き締まる部位は違ってきます。まずは、自分の理想と今の体型を比べてみることから始めましょう。

見える筋肉か見えない筋肉か

まずは、鏡で自分の全身を見てください。そして、具体的に体のどこを引き締めれば、より魅力的なラインになるのか、自分の理想の体を考えてみてください。

体型は人それぞれ。自分の骨格や筋肉、脂肪の付き方をじっくり観察すれば鍛えるべき部位、絞るべき部位が見えてきます。

自分の理想とする体が、

  • しなやかな体
  • 筋肉がしっかりついた体

のどちらなのかによっても選ぶ習い事を絞ることができます。

女性らしいフォルムを維持しながらしなやかな筋肉をつけたいのであればインナーマッスルを鍛えるエクササイズ・ダンス系の習い事がおすすめ。

筋肉がうっすら見えたかっこいい体を目指すのであれば、負荷をかけてアウターマッスルを鍛える習い事が必要です。

体表面にあるアウターマッスルを鍛えるより内側の筋肉より、インナーマッスルを中心に鍛えると、女性らしい体のラインを保ちながら引き締まった美しい体を作ることができると言われています。
アウターマッスル
大胸筋や上腕二頭筋(腕の力こぶ)など力を入れたときに、外から見ても分かる大きな筋肉。大きなパワーを出す筋肉。
インナーマッスル
関節の深いところにある小さな筋肉。関節を固定して安定して動かすために欠かせない筋肉。日常生活や運動時まであらゆる動作で動いている筋肉。
エクササイズ・ダンス系 目に見える筋肉は必要ないけれど、体を引き締めたい
(インナーマッスル)
体全身を動かす運動系 体全体の脂肪燃焼と筋肉をつけたい
(インナーマッスル+アウターマッスル)

「目に見える筋肉は必要ないけれど、しっかり引き締めたい」という方は全身のインナーマッスルを鍛える体を整える系の習い事がいいでしょう。

「体全体の脂肪燃焼、筋肉をつけたい」と思う方も多いはず。その場合は、アウターマッスルとインナーマッスルの両方を動かし、体全身を大きく使ってバランス良く筋力アップを狙う運動系の習い事がおすすめです。

脂肪燃焼したい部位は?

運動は主に

  • 有酸素運動
  • 無酸素運動

の2つに分けられます。

有酸素運動
長時間継続して行う運動。運動中に筋肉を収縮させるためのエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)を体内の脂肪や糖から酸素とともに作り出される。体脂肪を分解してエネルギー源に変換するため、体脂肪燃焼効果がある。
無酸素運動
短距離走や負荷がかかる筋トレなど短時間に強い力を使う運動。筋肉を収縮させるためのエネルギーを酸素を使わず作り出す。筋肉量や筋力を高める。
※運動中に無酸素状態になっているわけではありません。
効率よく脂肪燃焼をしたいのであれば、有酸素運動を。筋肉もつけたいのであれば、無酸素運動を含む動作(負荷がかかる少しきつめの動き)をする習い事を選びましょう。

次に、どこの部位を引き締めたいか考えましょう。

例えば、

  • 「お腹周りのお肉が気になる」という方はお腹周りをひねる動作がある運動
  • 「下半身の悩み」には、下半身の筋肉をしっかり動かす運動

などと気になる部位や悩みがあれば、特にそこを動かす動作をする運動がいいです。

「下半身がむくんで脂肪がつきやすい」などの悩みは、筋力不足が原因かもしれません。下半身の筋力を鍛えることで、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎがポンプの役目をきっちり行い、血液循環をよくしてむくみにくく脂肪燃焼しやすくなります。

「目指す理想の体」と「引き締めたい部位」を参考に、無理なく通い続けられる習い事を選択しましょう。

楽しく続けられる!ダイエットにぴったりな習い事7選と効果

では、実際にどのような習い事に体を美しくかっこよく変化させるダイエット効果があるのか見ていきましょう。

今回は特にダイエット効果が期待でき、楽しく続けることができそうな人気の習い事を7つ厳選しました。

ご紹介するのは、

  • ヨガ
  • ピラティス
  • フラダンス
  • ベリーダンス
  • ボクササイズ
  • ボルダリング
  • テニス

です。

それぞれの習い事の魅力や効果はそれぞれ違いますが、共通しているのは「楽しく続けられて、続ければ必ず成果が体型に現れてくる」、ということ。

自分がその習い事をしている姿を想像しながらご覧ください。

心身を健康にするヨガ

ヨガ教室の写真
ヨガはインド発祥の4500年もの歴史がある伝統的な健康法です。

ヨガで言う「健康」とは、

  1. 肉体的健康
  2. 精神的健康
  3. 社会的健康

の3つのバランスが取れた状態を指します。

女性を中心に世界各国でヨガがダイエットや引き締めに効果があると人気になっているのは、体だけでなく精神も鍛えることができるため。

ストレス社会に生きる現代人には最も合っていると言って良い健康法といえます。

ヨガの効果はさまざまあります。呼吸を整えながら色々な姿勢をキープすることで、

  • 関節の可動域を広る(柔軟性をつける)
  • 姿勢の改善
  • しなやかな筋肉を作る

ことが挙げられます。

柔軟性としなやかな筋肉を身につけることで、体の可動域が広がり日常生活でも脂肪燃焼効果が高まるとされています。正しい姿勢を保つことで体の歪みが取れ、バランスのよい体型を手に入れることも可能。

また、高血圧の方がヨガをすることで血圧が下がるという研究結果も出ています。まさに体の内側からきれいになることができる習い事と言えます。

さらに、最近人気のヨガには、

  • 発汗を促すホットヨガ
  • 血行促進・体幹をより鍛えられるハンモックヨガ(エアリアルヨガ)

など、ヨガをアレンジしたものがあります。

「むくみを解消したい場合はホットヨガ」「体幹をもっと鍛えたければハンモックヨガ」、など体質などによって選ぶことができるのも魅力的ですね。

▼ヨガについてはコチラも参考にしてください!

ヨガの記事のトップ画像

しなやかに鍛えるピラティス

ピラティスは元々リハビリ用に開発された運動のことです。体のインナーマッスルを使うことで、負荷をかけすぎず体の内側をしっかり鍛えることができるのが特徴です。

ピラティスの大きな効果は、

  • インナーマッスルを鍛えられる
  • 血行改善
  • 柔軟性を作り姿勢の改善

ができること。

ピラティスの基本の呼吸法を身につけるだけで、インナーマッスルを刺激し痩せやすい体を作ることができるとも言われます。

ヨガと効果が似ているのは、ピラティスはヨガの影響を受けて作られた運動のためです。ヨガとピラティスは似ている部分も多数ありますが、ピラティスはより体を中心に鍛えることを目的とされた運動になっています。

ヨガとピラティスの違いは基本の呼吸法にあります。

ヨガ 腹式呼吸で副交感神経を活性化させリラックス効果
ピラティス 胸式呼吸で交感神経を活性化させ脂肪燃焼モード

ピラティスはヨガのストレッチ効果に加え、筋肉を鍛えることのできる運動ということになります。

心と体のバランスを整えながら、さらにインナーマッスルを鍛えたい方にはピラティスが向いているでしょう。

強い体幹を作るフラダンス

フラダンスはハワイの伝統舞踊

元々は神にささげる舞いとして踊られてきましたが、習い事で踊ることができるのはハワイに欧米文化が入ってきたときに新しくショー用に作られたモダンフラがほとんどです。

このモダンフラダンスは、上半身を正しい姿勢に保ちながら下半身をゆっくり動かすのが特徴。

フラダンスによって鍛えられるのは特に、

  • 下半身の筋肉
  • 全身のインナーマッスル
  • 体幹

の3つ。

下半身は膝を軽く曲げた状態で足を動かし踊るため、体幹を鍛えることもできるのが特徴。

体幹
頭部と手足以外の胴体全体の筋肉のこと。体幹を鍛えることで正しい姿勢を安定させることができ、基礎代謝が上がると言われています。

インナーマッスルを鍛えることで、体の内側からしっかりと引き締めることが可能です。なんと、フラを初めて半年で内臓脂肪が減少した方もいるのだとか。

ひざの関節が悪い方には難しいかもしれないので、整形外科や専門家に相談が必要です。

日本のフラダンス人口は50万人とも言われ、多くの人が習っているのでダンス系の習い事として始めるにはハードルが比較的低く、始めやすいと言えます。

美しい衣装を着て踊ることで気分も良く、イベントや発表会などがある場合が多いのも特徴です。ハワイの伝統的な衣装に身を包み、人前で踊るという目標があるとレッスンにも身が入り飽きることなく続けられそう。

▼フラダンスについてはコチラも参考にしてください!

フラダンスのトップ画像

女性らしい魅力のベリーダンス

ベリーダンスは世界最古の踊りと言われています。

女神崇拝のため巫女が踊ったのが始まりとされています。現在のベリーダンスはフラダンスと同じようにショースタイルのものです。

腰を動かす魅力的な動きが特徴のベリーダンスは体を引き締める効果がとても高いダンスです。

ベリーダンスを続けることで特に、

  • 下腹部

といった女性に悩みの多い脂肪のつきやすい部位を引き締めることができます。また、骨盤を立てて踊ることで、骨盤矯正効果も期待できます。

下腹部に力を入れて下半身を動かし、体をひねる動作によって下腹部と脚以外にも、

  • 腰回りの引締め
  • ヒップアップ効果
  • ウエストのくびれを作る

などの嬉しい効果があります。

スリムでメリハリのある女性らしい体を目指すのであれば、ベリーダンスを習い事選びの候補にぜひ入れてみてください。

▼ベリーダンスについてはコチラも参考にしてください!

ベリーダンスの記事のトップ画像

強く美しく鍛えるボクササイズ

女性がボクササイズをしている写真
ボクシングと聞くと習い事としてイメージができない方も多いかもしれませんが、ボクササイズといってボクシングの動きを取り入れたエクササイズが、女性の間で人気になっています。

ボクササイズのなかでも下半身の筋肉を使うことができるキックボクシングエクササイズは、日常生活で使われない筋肉を刺激することができます。

ボクササイズの主な効果は、

  • 全身の引き締め
  • 特に腰回りの脂肪が落ちる
  • 腹筋がつく
  • ウエストが細くなる

があり、体の脂肪を落としながら筋肉がつく運動だということが分かります。

パンチをするためには足、腰、肩を回転させて打ち出す必要があるため、体を大きくひねる動作を行い、全身を引き締める効果があります

また、キックボクシングエクササイズではキックをするには、ゴルフのスイングや野球のバッティングをするときに似た動作が入ってきます。ウエストをひねるため、腰回りの脂肪が落ちて腹筋が鍛えられ、ウエストが細くなる方も多いのだそう。

また、ミットに向かってパンチやキックを繰り出す動作をリズミカルに繰り返すことで効率的に脂肪を燃焼させる有酸素運動になります。

ボクササインズの女性限定クラスがあるクラブもあるので、手軽に始めやすいのも嬉しいですね。

引き締めながら、うっすら筋肉が見えるようなかっこいい体型を目指す方にはボクササイズがぴったりと言えます。

▼ボクササイズについてはコチラも参考にしてください!

ボクササイズの記事のトップ画像

筋力を育てるボルダリング

女性がボルダリングをしている写真
壁についたホールドと呼ばれる石のでっぱりをたよりに高い壁を上っていくボルダリング。競技としても注目されているスポーツです。

ハードで運動神経が優れていないと難しそうに思えますが、意外なことに、筋力が強くない女性でも柔軟性を活かして登ることができ、初心者は簡単なレベルの壁から挑戦できるため幅広い年齢層の方がボルダリングジムに通っています。

趣味や運動としてボルダリングを楽しむ人が多いボルダリング。その魅力は、

  • 全身の筋肉を鍛える
  • しなやかな体作り

を同時に可能にすること。

手でホールドに掴まって登っていきますが、使うのは手や腕だけでなく、全身の筋肉をしならせて進んでいくのがボルダリングの特徴。

ボルダリングにダイエット効果があることは、ボルダリングをしている方を見れば一目瞭然。

引き締まった体型をしているクライマーさんが多く、なかには腹筋が割れている方も少なくないのだとか。

ボルダリングではヒップアップ効果をはじめ全身を引き締め、筋肉をつけることができます。筋肉がつく順番は、

  1. 上腕
  2. ふくらはぎ
  3. 腹筋・広背筋

が一般的だとされています。

さらに、ボルダリングを始めて体重が10kg落ちた方もいるので、筋肉がつくだけでなく、体の基礎代謝がアップして脂肪が燃焼することはあきらか。

ボルダリングにハマると「体重を軽くしてより軽やかに登りたい」という気持ちでダイエットを頑張ることができるという理由もあるのだそう。

体についた余計な脂肪をしっかり落として、必要な筋肉を鍛え上げたいという方にぴったりの習い事。壁を登り切る、というゴールが明確で達成感が得られるのため、自分の成長を確認できやりがいを感じたい方にもおすすめです

▼ボルダリングについてはコチラも参考にしてください!

ボルダリングの記事のトップ画像

効率よく脂肪燃焼できるテニス

スポーツとしてのイメージが強いテニス。実はとてもダイエット効果を期待できる運動です。

テニスは走ってボールを追いかけ、全身を使ってラケットを振るスポーツ。

  • 背筋
  • 腹筋
  • 足の筋肉

など大きな筋肉をバランス良く動かすため消費エネルギーも多く、効率的に心拍数を上げることで脂肪が燃焼しやすくなります。

代謝が上がって、脂肪燃焼に効果的なのは、心拍数が140から160くらいの間だと言われています。

ダイエット目的でテニスをするのであれば、ゆっくりとラリーを数十分続けるのが効果的と言われます。

テニスクラブでは初級・中級であればコーチがラリーの相手をしてくれるところや、同じくらいのレベルの方とラリーを続けることができます。

楽しくラリーをしながら効率よく脂肪燃焼ができるテニスは、テニス経験者はもちろん初心者の方にも始めやすい習い事と言えるでしょう。

体全体を思いっきり動かしてリフレッシュ効果も期待できるため、気分転換の趣味として新しいスポーツを身につけたいのであればテニスを始めてみるのがいいでしょう。

習い事ダイエット成功の秘訣は楽しみながら続けること!

今回ご紹介した習い事に惹かれるものはあったでしょうか?

習い事を「自分の理想の体」や「引き締めたい部位」を基準にする選び方をご紹介してきましたが、なによりも優先すべきは「楽しそう」と思う習い事を探すこと。

習い事でダイエット効果を得るためには、なによりも「続けること」が大切です。習い事を続けるためにも、「楽しみながらできそうな習い事」を第一優先に選んでみてください。

「ダイエット効果が高そうだから」という理由で習い事を選ぶよりも、「やってみたい」「楽しそう」と感じた習い事に決めることが、ダイエットを成功させる秘訣!

最近は、どんどん新しい運動専門ジムなどが出てきているので、気になるものがあればまずは見学や説明を受けに足を運んでみましょう。実際にその習い事に通っている方の意見を聞くのも良い選択材料になりますよ。

自分にぴったりの習い事を見つけて、楽しくきれいになりましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント