• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

スポーツジムに通ってるのに痩せない!ダイエット効果がでない原因

Date:2016.10.06

shutterstock_366895577ここ数年、女性のスポーツジム通いが増えています。健康のために通っている人もいますが、多くの人が体を搾るため、ダイエットのためにスポーツジムを利用しているそうです。

いざ、ダイエットのためにスポーツジムに通ってもなかなか痩せない!と困っている女性も中にはいます。

ダイエットには運動が必須、そのためにスポーツジムに頻繁に通っているのに痩せないと嘆いている女性も増えています。

何故、汗をかくスポーツジムに通っているのに痩せないのでしょうか。


スポーツジムに通って汗をかけば痩せるという考えは間違い!

ダイエットをする時、よく言われるのが「運動をしっかりすれば痩せる」ということです。

この「運動をすれば痩せる」というのは、長期的かつ毎日ある程度の運動をすれば痩せるという方法です。

スポーツジムに行って「痩せない」と嘆いている人は、どれくらい通っているかを考えてみましょう。

スポーツジムに通って痩せるには、最低でも週3~4回を1ヶ月以上通わないと結果が出ないと言われています。

週1~2回程度で通う場合は、最低でも2~3か月続けないとスポーツジム通いだけで痩せるには難しいそうです。

最近、テレビで見るスポーツジムのダイエットですが、あれは専門のトレーナーが付き食事の管理も行っています。そのため、2ヵ月程度で体の絞り込みもできるようになっています。

自己流でスポーツジムに通い、運動をするだけでは自分が思い描いているような、劇的な体重変化は難しいのが事実です。

スポーツジムに通っているのに痩せない6つの原因

スポーツジムに通っているのに、体重が全く変わらない。高いお金を払って、わざわざ通っているのに効果がないと悲しくなってしまいます。

上記でも説明しましたが、スポーツジムに通って汗をかけば痩せるというのは間違いで、スポーツジムでどんなトレーニングや運動をするのかによっても、結果は全く変わってきます。

スポーツジムに通っていて痩せない人の多くが、共通して行っていることがあります。その6つの痩せない原因を紹介します。

その1.走る・泳ぐなどの有酸素運動をメインに行っている

スポーツジムに通っていて痩せない1番の原因がこの有酸素運動にあると言われています。

スポーツジムに行った時、みなさんはどんな運動をしていますか?女性の多くが、次のようなことをしているそうです。

  • エアロビクス、エアロバイク
  • ランニングマシーンでのランニング
  • 水泳

上記のような運動を、「有酸素運動」と言います。

有酸素運動とは、体内に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる運動のことを指します。また、ウォーキングやヨガといった運動も、有酸素運動になります。

有酸素運動は汗をかき、脂肪を燃焼するのでダイエットに効果的な運動と思われています。

しかし、有酸素運動は意外と消費カロリーは低いです。

水泳(クロール) 700~1000キロカロリー
ジョギング 400~500キロカロリー
自転車 150~200キロカロリー
エアロビクス 240~260キロカロリー

全て1時間での消費カロリーですが、思ったより少ないと感じた人も多いのではないでしょうか。

特に、ジムで実際に動く時間を考えると、1時間立て続けに泳いだりしないことが多いです。

多くの人が、スポーツジムに滞在する時間が1時間~1時間30分と言われています。

その中で、着替えやシャワー時間を取ると、実際に運動している時間は30~40分が平均的な時間になります。

この時間だと、水泳は500キロカロリー程度、エアロビクスやエアロバイクとなると、130キロカロリー程度の消費とかなり少なくなります。

その2.筋肉がつくからと筋力トレーニングを避ける

スポーツジムに通っている女性の中で、よく聞く声が「筋トレは筋肉がつくからしない」というものです。

そのため、水泳やエアロビクスなどの有酸素運動をメインに行うという人も多いようです。

しかし、この筋力トレーニングこそスポーツジムに通ってダイエットをするのに最も重要なものになっています。

筋力トレーニング(ウエイトトレーニング)は、無酸素運動と呼ばれています。有酸素運動のように酸素を十分に使わないため、脂肪燃料力は少ないと言われています。

しかし、筋力トレーニングで適度な筋肉がつくことによって、代謝が上がり有酸素運動をした時にもさらに効果的に脂肪を燃焼させてくれます。

ですので、ジムでは有酸素運動メインに行うのではなく、無酸素運動である筋力トレーニングも必要です。

また、筋肉がつくと日常の消費エネルギーもアップします。

その3.運動をする順番に間違いがある

スポーツジムに着くなり、いきなり泳いだり走ったりしていませんか?多くの人がこの方法で運動をしています。

有酸素運動に特化してダイエットをすることもいいですが、もっと効率の良い運動方法があります。

それが、無酸素運動(筋トレ)を先に行い次に有酸素運動を行うという方法です。

無酸素運動をすると、成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンには脂肪分解を促す効果はあり、そこに酸素をたっぷりと使う有酸素運動をすると、分泌された成長ホルモンが脂肪を普段より多く燃焼させてくれます。

スポーツジムで有酸素運動をするのもいいですが、その前に必ず筋トレなどを入れて無酸素運動を行うことでダイエット効果が高くなります。

その4.スポーツジムでの運動時間が短い

上記でも記載しましたが、スポーツジムにどのくらい滞在しているかという平均を取ると、1時間~1時間30分ぐらいなんだそうです。

この時間の中で、着替えやシャワーも含まれるため、実際に運動をしている時間は30分~1時間程度になります。

有酸素運動の場合、最低でも30分続けなくては脂肪燃焼が始まりません。30分程度では、今から脂肪燃焼が始まるという時に運動をやめてしまうので、効果は半減してしまいます。

また、そこに筋トレをプラスすると有酸素運動の時間が短くなるので、脂肪燃焼される前に運動をやめてしまうことになります。これでは、わざわざジムに通っている意味がありません。

また、ジムに通う頻度ですが、多くの女性は仕事が休みの日に通うため、週1回という人が多いそうです。

しかし、週1回程度では、体重が減ってもすぐに戻ってしまい、体重に変化がない状態になってしまいます。

その5.運動前に何も食べず空腹状態で運動をしている

スポーツジムに行く時、何も食べずに行き、運動をするという女性が多いと思います。

何も食べずに運動をすれば痩せそうな感じがしますが、これはあまりおすすめができません。

有酸素運動をする時、筋肉は糖質や脂質をエネルギー源として動いています。食事をした後だと、食べた食事をエネルギー源として体を動かします。

しかし、空腹状態で有酸素運動を行うと、体の脂肪をエネルギーとして使うのではなく、筋肉や血液に蓄えた

  • 糖質
  • 脂質

をエネルギーとして体を動かします。

この状態で運動を続けると低血糖状態になり、一生懸命運動をしても脂肪燃焼には繋がりません。また、筋肉に蓄えた栄養素を使うため、筋肉が細くなる可能性もあります。

スポーツジムで運動をする時は、90分前までに消化の良い果物やヨーグルト、水分もしっかり補給しておく方が脂肪燃焼アップにも繋がります。

▼運動しているのに痩せない…「最近代謝が落ちてきたかも」「痩せにくい」と感じる方へ!

diet-supplement-exa

その6.運動をしたから食べて大丈夫と思い食事量が増える

スポーツジムで運動をしっかりしたし、汗もかいた。かなり動いたからこれくらい食べて大丈夫だろうと思ったことありませんか?

運動をした後は、動いたから少々食べても大丈夫と気持ちにゆるみが出てきます。また、運動をするとお腹もすくのでつい食べてしまいます。

自分では運動をしっかりしたから、カロリーも消費しただろうと思っていても実際は消費カロリーが少ないということもあります。

そのため、「これくらい大丈夫」と思って食べたものが、消費カロリーをオーバーしていたなんてこともあります。

スポーツジム通いで確実に痩せるための注意点

せっかくお金を払ってスポーツジムに通っているなら、確実にダイエットの結果を出したい!と思いますよね。

しっかりと結果を出すには、いくつかの注意点があります。それを守ることで、体重は徐々にですが減っていくと言われています。

その1.気に入ったからといって同じ運動を習慣化させない

スポーツジムに通っていると、自分の得意・不得意な運動、好きな運動が分かってきます。

お金を出して通っているんだから、好きな運動を中心に行うというのは分かるのですが、同じ運動ばかり繰り返していると体や筋肉が慣れてしまい、効果が落ちてくると言われています。

運動をする場合、同じ運動ばかりするのではなく2週間ごとなど自分で決めて、新しい運動に切り替えるようにしましょう。

これは、有酸素運動も無酸素運動も同じです。定期的にメニューを変えることが大事です。

その2.ジム通いは最低でも週2回行うようにする

スポーツジムにどのくらいの頻度で通うかも重要です。1番多いのが、仕事の休日などに合わせて週1回通うという人です。

これだと無理もないため、長続きするからだそうです。また、歳をとると若い頃に比べて体も思うように動かなくなったり、すぐ疲れてしまうので疲れない週1回ペースがいいように感じますが、実はここに落とし穴があります。

痩せるためには、筋力を落とさないようにしなくてはいけません。週1回、筋トレと有酸素運動をしてせっかく痩せるような体質に変わっていても、筋力が低下していくとまた1からやり直さなくてはいけません。

筋肉は、筋トレで鍛えても1週間経つと少しずつ筋力が低下していきます。

筋力が落ちない為には、1週間あけずにスポーツジムに通って筋トレを行わなくてはいけません。

週1ペースで通うにしても、その間が1週間開かないようにスケジュールを組まなくてはいけません。

週2回通えば、筋力も落ちず維持、またはパワーアップするのでダイエット効果もアップします。

その3.自己流ではなくシムトレーナーのアドバイスを受ける

スポーツジムには、ジムトレーナーがいます。ジム内を周っていてアドバイスなどをくれるのですが、女性の場合、このアドバイスが面倒と感じる人が多いようです。

そのため、自己流で運動をしてしまい、筋トレなどを避けて有酸素運動だけを取り入れてしまいがちです。

この筋トレも、自己流ですると効果が半減することもあります。そういう分からないことを助けてくれるのが、ジムトレーナーです。

ダイエットについて分からないことを解決したり、もっと効果をアップさせるにはジムトレーナーのアドバイスを受けることも大事です。

自分でやっていた時は、筋肉のハリを感じなかったのに、トレーナーに教えてもらったら筋肉痛になるくらい筋肉を使っていたという経験をしたという人もいるようです。

せっかく、スポーツジムに通っているので、ジムトレーナーにサポートしてもらいましょう!

その4.結果を出すために無理をしすぎない

1日も早く結果を出したいために、筋肉痛が酷い時や体が疲れている時にもスポーツジムに通う人がいます。

しかし、体が疲れている時や筋肉痛が酷い時にスポーツジムでいつものように運動をすると、ケガをしたり体の回復が遅くなったりします。

筋肉に触れると痛みを感じたり、腕を上げると痛みを感じるなどといった場合はスポーツジムに行かず、体を休めてあげることが大事です。

また、軽度の筋肉痛の場合は自宅で簡単なストレッチを行って、筋肉が硬くならないようにしてあげるようにしましょう。

その5.自分が1日に消費するカロリーを知る

スポーツジムに行って運動をする前に、まず自分が1日にどれくらいのカロリーを消費しているかを知ることが大事です。

人間は、運動をしなくても内臓や脳などを働かせるためにカロリーを消費しています。

よく「寝てばかりだと太る」などと言いますが、寝ている時もしっかりとエネルギーは消費されています。これを、基礎代謝量と言います。

基礎代謝量は、計算式があり、年齢や性別によって基準値というものも決められています。これを使って、自分の基礎代謝を計算することができます。

「体重kg × 基準値 = 基礎代謝量kcal」これが計算式になります。

また、女性の基準値は次のようになります。

年齢 基準値 年齢 基準値
1~2歳 59.7 15~17歳 25.3
3~5歳 52.2 18~29歳 23.6
6~8歳 41.9 30~49歳 21.7
9~11歳 34.8 50~69歳 21.5
12~14歳 29.6 70歳以上 21.5

また、仕事などによって基礎代謝量を1.3~1.6倍することで、自分の1日に消費するカロリーを計算することができます。

デスクワーク、専業主婦、通勤時間が往復1時間以内といった人は、基礎代謝量は1.3倍で計算します。

また、通勤に2時間以上かかったり、立ち仕事が多い人は、基礎代謝量は1.5倍となります。

女性の場合、多くが1.3倍なのでこれで計算したものが自分の基礎代謝量だと思っていても問題ありません。

その6.食事のカロリーを計算して食べ過ぎないようにする

上記で、基礎代謝量について書きましたが、スポーツジムで運動をすれば、これに消費カロリーがプラスされます。

かなりな消費カロリーなのに、痩せないのは摂取カロリーが消費カロリーを上回っているからです。

特に多いのが、スポーツジムで運動した後、「動いたから大丈夫だよね」とお酒をたくさん飲んだり、甘いものをたくさん食べてしまうことです。

また、運動をしたお腹がすいたからと、いつもより量の多い食事をするという人もいます。

これでは、運動をしても摂取カロリーが上回ってしまい、スポーツジムに通っている意味がありません。

1番簡単な方法は、「100~200キロカロリー分だけ消費カロリーをアップさせる」という方法です。

運動をすればお腹は減ります、そしてたまには甘いものも食べたくなります。それを我慢してしまうとストレスになり、反対にドカ食いに繋がり太ってしまいます。

その日の運動量によって、甘いものを1日置きにしたり、お酒を控えたりするだけでも摂取カロリーは100キロカロリー抑えることができます。

ジムに通っているからたくさん食べても大丈夫というのは、間違った考え方です。

スポーツジムに通ってダイエットをする時は食事にも注意する

スポーツジムに通って泳いだり走ったりするだけで、劇的に痩せるということは難しいと言われています。

また、ジムに通ってすぐに結果が出るというわけでもありません。

リバウンドをしないダイエットをする場合、最低でも2ヵ月はスポーツジムに通い、筋トレしながら有酸素運動をすることで太りにくい体になり、体重も落ちていきます。

スポーツジムに通ってダイエットをする場合は、運動の仕方と食事にも注意が必要です。

食事量を極端に減らすのではなく、1つお菓子を食べないだけで摂取カロリーは格段に下がります。

スポーツジムで運動をしながら、食事を組み合わせると確実な結果も得ることができます。

スポーツジムで体を動かし、健康的にダイエットをしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント