• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その考え古いかも?ダイエット成功のために置き換えたい旧ルール

Date:2014.10.01

スリムで美しい体型を保ちたい…そんな私たちの周りには多くのダイエットの情報が氾濫しています。

新しいダイエット法が出てきたと思えば消え、また新しいものが出てくる…これはダイエットのルールに関しても同じです。今まで信じていたダイエットのルールが、新しく行われた調査や研究で間違えているとか不十分という判断がされることがあるのです。

ここではダイエットをより効果的に成功させる為にも、まだもしかしたら多くの人が正しいと思っている旧ルールとその置き換えルールをご紹介していきます。

午後6時を過ぎたら食べない

午後6時(または7時や8時など)を過ぎたら食事はしちゃダメというダイエットのルールがあります。でも、これは人の生活スタイルによって不可能なものでもありますし、「この時間以降はダメ」などという正確な線引きができるものではありません。

確かに寝る3時間前には食事を済ませば睡眠に響かないということは言える一方で、これはあくまで消化に対することであり、これ以降に食べたからと言って自動的にカロリーが脂肪になるということではないのです。

夜に何となく食べ物をつまんでしまうのはやめる

そこで「夜に何となく食べ物をつまんでしまうのはやめる」ということをルールにしましょう。実は多くの人が太ってしまう理由は、身体に悪い食べ物を沢山夜に食べてしまうからなのです。

夕飯にヘルシーなものを適量食べるということは問題ありません。でも、テレビを観ながらポテトチップスをつまむ、夕食後にケーキをたっぷり頂くということは、それが寝る3時間前であろうが何であろうがNGなのです。

無脂肪食品を選ぶ

脂肪は太る原因となる…その考えからクッキーでもアイスクリームでも「無脂肪」を選ぶというルールがあります。でも、無脂肪の食品が必ずしも身体にいいわけではないのです。

脂肪を抜くためにより多く精製されることになりますし、脂肪を抜きすぎてしまうことで満腹感が少なくなり、過食に繋がってしまうこともあります。

また、無脂肪だからと言って必ずしも低カロリーというわけでもなく、味を良くするために塩や砂糖などの添加物が含まれていることもあり、注意が必要なのです。

心臓に良い脂肪をダイエットに加える

そこで「心臓に良い脂肪をダイエットに加える」というルールに置き換えましょう。

脂肪は身体に必要なものですが、飽和脂肪酸のように身体に悪い脂肪というものも存在します。そこで不飽和脂肪酸が含まれるナッツ類、魚類、アボカド、オリーブオイルなどのヘルシーな油を摂る習慣をつけるのです。

低脂肪、無脂肪というのは乳製品と肉類に限らせて、あくまでも一日の油の摂取量を減らす、カロリー摂取量を減らすという目的で選ぶという姿勢を取りましょう。

エクササイズでとにかくカロリーを燃やす

痩せるには消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。そのため、食べた分全てエクササイズでひたすらカロリーを燃やすのが良いというルールがあります。

でも、エクササイズのやり過ぎは身体に負担をかけてしまいます。また、運動をしなくとも、私たちが日々生活するだけで消費する基礎代謝カロリーもあるのですから、運動で全てカロリーを燃やすというのはナンセンスです。

適度なエクササイズとアクティブな生活を送る

そこで「適度なエクササイズとアクティブな生活を送る」を新しいルールにしましょう。

スポーツジムに一日3時間もこもってひたすらエクササイズをするのではなく、買い物に自転車や徒歩で行くであるとか、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使うであるといった、日常生活の中でもっと身体を動かす工夫をするようにしましょう。

低炭水化物で痩せる

炭水化物は消化されることで糖になるため、痩せるのであれば低炭水化物ダイエットをするという考えがあります。でも、炭水化物は身体のエネルギーとなる大切なもので、効果的に脂肪を燃やすためにも必要なものなのです。

精製された炭水化物を無精製の物に変える

そこで「精製された炭水化物を無精製の物に変える」というルールに変えましょう。

白米や白いパン、白いパスタなどの精製されたものは血糖値を急激に上げてしまうため、ダイエットや健康のためには理想的ではありません。

代わりに血糖値を緩やかに上昇させる玄米や全粒粉パンなどの精製されていない穀物を選びましょう。

とにかく太る食べ物は一切禁止

ケーキやスナック類など、身体に悪く太らせてしまうものは一切摂ってはいけないというルールがあります。でも、それがお気に入りであるのに我慢してしまうのは現実的ではなく、ストレスがたまり、衝動食いの原因にもなりかねます。

どんな食べ物も適度を守る

そこで「どんな食べ物も適度を守る」を新しいルールにしましょう。

どんな食べ物も食べ過ぎはいけません。量が命なのです。健康食品だからと言って、それをひたすら食べるのだって身体には悪いものです。甘いお菓子やスナック類もたまにはご褒美として少量食べましょう。

いかがですか?是非参考にされて、無理のないダイエットをされてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事