• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットに必要不可欠な食材と食事は「たちつてと」に隠されていた!

Date:2012.10.12

ダイエットはただ、「食を減らせばいい」という考えはご法度!それはみなさんご承知の事。絶食をすれば、一時的に体重は減ります。ですが必ずリバウンドがつきもの。かえって以前よりも太るといった無念な結果で終わるものです。

ダイエットの基本は「栄養のあるものをきちんと食べ、よく体を動かし、良質の睡眠をとること」に尽きます。

ここでは「食べる」にスポットを充ててみます。「何を食べればいいんだ?」とお悩みの方に朗報!ダイエットに最強の食材は実は「たちつてと」に隠されていたのです。

「た」は大豆製品の「た」

大豆と大豆製品は「畑の肉」と言われているほど、カロリーが少ない割に、良質のタンパク質が摂れます。

ビタミンBも豊富ですし、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きがあるので、美肌にも欠かせません。豆腐、納豆、煮豆、豆乳、枝豆、おからなどが代表的な大豆の食品です。

「ち」はチーズの「ち」

チーズ、牛乳、ヨーグルトなどの乳製品です。良質のタンパク質はもちろんの事、ビタミンやカルシウムもたっぷりと含まれています。

カルシウムにはイライラ防止など、ストレス解消にも一役かってくれます。乳製品に含まれるカルシウムには身体に吸収されやすいので、意識的に摂るように心がけましょう。

「つ」はツナの「つ」

ツナはまぐろやカツオですが、それ以外の魚でも基本は何でも良いのです。特にオススメしたいのが、青魚です。あじ、いわし、さま、さんまです。これらには血液をさらさらにしてくれて脳の老化を防ぎます。

脳の老化を防ぐという事は、体の老化を防ぐ事にも繋がるのです。それに血圧を下げたり、肥満の元となる中性脂肪を減らす効果もあるのです。

ダイエット中は動物性脂肪は避けた方が良いとされています。ですが魚の脂肪は例外です。ただし、いくら体に良いからと言っても食べすぎは禁物ですよ。

「て」はてんぐさの「て」

てんぐさと言えば海藻です。昆布・わかめ・めかぶ・のり・ひじき・もずくなどです。海藻類の特徴でもある、あのぬるぬるした成分は、内臓の周りにべったりついた内臓脂肪を取り除いてくれます。

他にも食物繊維が豊富であり、カルシウム、リン、亜鉛、ヨードなどのミネラルもたくさんと含まれています。さらに、ビタミン類やタンパク質もバランスよく含まれていますし、何より低カロリーである為、まさに「栄養の宝庫」ですよね。

「と」は鶏肉の「と」

鶏肉や卵です。皮付きのもも肉や、むね肉は脂肪分が多いので避けた方が無難です。一番良いのは鶏ささみです。高タンパクなのに低脂肪であり、美味しいので文句なしです!

タンパク質には、肉や魚などの動物性のものと、豆類やいも類などの植物性のものがあります。理想的なのは同じくらいの比率で摂る事です。

この5種類の食材を、量は少なくても良いので、1日3食のどこかに摂り入れると、食事全体のバランスがとれ、ダイエットがスムーズにいきます。

この記事をシェアする

関連記事