• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットするなら運動も!運動することで予防できる5つの病気

Date:2014.03.30

適度な運動は必要、それは皆さんご承知のことと思います。でも、正直運動は面倒くさいという方もいらっしゃるはず。ダイエットで痩せたいと思っても、できれば運動は避けて、食事制限で抑えたいという方も。

でも、運動をすることは成功するダイエットの近道です。身体を動かすことで、筋肉をつけることができ、代謝を上げることができるのです。それであっても、「やっぱり運動はちょっと…」という貴女、実は運動をすることで予防ができる病気もあるのです!

そう、プロポーションがよくなるだけが運動の効果ではありません。色々と言い訳をして運動をさぼってしまう貴女、ダイエットも兼ねて、健康のためにも、将来のためにも、運動をして病気予防をしてみませんか?

1. 心臓病

成人病の一つとして知られる心臓病は、食生活が欧米化してきた私たちにとって、かなり身近な病気です。でもこの心臓病は、定期的に運動をすることで防ぐことができるのです。

定期的に運動をすることで、血圧を下げてくれ、健康体重を維持することができ、コレステロールを下げることができます。現に高脂肪の食事をした後に長めの散歩をしすることで、血管へのダメージがもとに戻ったという調査結果もあるのです。

一日1.5キロ程度のウォーキングを30分かけずに行うことで、かなりの効果が見受けられます。

2. 骨粗しょう症

更年期などの症状の一つでもある、女性に多い骨粗しょう症ですが、これは、実はエクササイズである程度防ぐことができます。運動不足は骨粗しょう症に結び付くといわれているのです。

骨に負担がかかるような、階段の上り下り、ウォーキングやエアロビクスなどを定期的に行うとよいでしょう。

3. 関節炎

年齢とともに関節炎を煩わせる人も多いですよね。関節炎を持っている人でも、エクササイズをすることは安全で、逆に痛みを和らげてくれたり、身体を柔らかくしてくれたりする効果もあり、更には身体の強度を高めてくれるという研究結果もあります。

また、身体を動かすことで、体重を落とすことがあるため、関節への負担を減らしてくれるのです。このような老化で起こりやすい症状も、運動を取り入れてあげることで、かなり予防、そして症状の緩和が期待できます。

ぜひウォーキングやジョギング、ヨガ、水泳などを取り入れてみましょう。

4. がん

がんとエクササイズは関係がないようなイメージがありますが、実は大ありなのです。禁煙に加え、定期的な運動を行うことで、がんにかかる危険性が低くなることが期待できるのです。

更には、大腸がんの患者が運動を行うと、50%ほど再発の危険性を防いだり、死亡の危険性を防ぐことができるという研究結果もあるのです。

また、エクササイズは、ホルモンレベルを整えることにより、女性の敵である乳がんの再発率を低める効果も期待できるのです。また、全種類のがん患者に置き、エクササイズでがん治療の副作用である吐き気や疲労感が少なくなるとも言われています。

5. 糖尿病

肥満は第二型糖尿病を引き起こす主な原因となります。近年行われた研究によると、5%から7%ほど体重を落とすことで、58%も糖尿病にかかる危険性を抑えてくれたという報告があります。

また、運動をして引き締まった体作りをすることで、血糖値を正常に保ち、心循環系の病気にもかかりにくくなるのです。

いかがですか?一般的に運動をして肥満を防ぐことが、結果、病気予防になるといえるかと思います。それには食事に 併せて運動を取り入れることが効果的といえますよね!

是非無理にスポーツジムに行ったりなんてことはしなくてもいいので、ストレッチ、ラジオ体操、ウォーキングのような、お金もかからず手軽にできるものから始めてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事