• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットも節約も同時にしたい!我が儘叶えるビューティー食材

Date:2014.09.23

ダイエットやヘルシーな食生活は必ずしも多くのお金を必要とするものではありません。

少なくとも、新鮮な食材を使って自分で作った食事は、テイクアウトのファストフードやチンして食べるレトルト食品などよりはずっとヘルシーなもの。少しだけ考えて工夫した食材と食生活なら、多額のお金を投じずともヘルシーにダイエットすることは可能です。

この記事では手軽に買えてかつダイエットに有効な食材をご紹介します。

1.バナナ

季節を問わず安定した価格で手に入るバナナはビタミンとミネラルたっぷりのフルーツ。成熟していない青みがかかったものを求めれば長持ちします。熟しすぎたバナナは糖分が過剰になっているので、熟したらすぐに食べるようにしましょう。

2.たまご

たまごも様々な料理に使えて、かつ高タンパク質の便利な食べ物。お肉よりも安価でしかも長持ち。オムレツやゆで卵、サラダなどに活用できます。

3.ツナ缶

ツナ缶、よくスーパーでも安売りしていますよね。これも栄養価が高く、けれど気軽に変えるダイエット食材。

ダイエットや美容に必須のオメガ3たっぷりなこのツナ缶は、サンドイッチやパスタ、クラッカーにのせたり、おしょうゆをたらしてご飯にも。いろんな料理でおいしく食べられるおかずになります。

4.レンズマメ

レンズマメに限らないことですが、乾燥した豆類はお肉より安く買え、しかもタンパク質もたっぷり。鉄分や食物繊維も入っているのでダイエットにもうってつけです。あらかじめ水に浸しておかなくても料理できるレンズマメなら、スープや煮物にも大活躍です。

5.葉物野菜

旬の葉野菜は安く買える上にビタミンやミネラルも多く、かつカロリーも低い優秀食材!新鮮な生のものでもいいですが、冷凍ものならもっと安く買えますね。ダイエット中でもたくさん食べられるこれらの野菜はぜひたくさん常備して毎日食べてほしいもの。

6.セロリ

さわやかな香味が魅力のセロリ。これは食べるのも消化するのもカロリーが必要になるので、体のカロリーを効率的に燃やすのに役立ってくれる理想的な野菜です。

そのまま食べても、サラダに添えても、スープでも炒め物でも活用でき、量も多いので一度買えば長く使えます。

7.アーモンドミルク

日本でも話題のアーモンドミルク。1杯30キロカロリーという低カロリーながらそこに含まれるビタミンD、ビタミンB12、マグネシウムやカルシウムなどの栄養効果には目を見張るものがあります。

牛乳の代わりにコーヒーやスムージー、シリアルなどにも使えます。冷蔵保管する必要もないため、小さなパックを大量買いしておけばいろんなときに役立ちます。

8.プレーンヨーグルト

味付きのヨーグルトはプレーンなものに比べて高い上に、その甘みがあなたのウェストラインにも重くのしかかってきます。しかしプレーンなヨーグルトならタンパク質やカルシウムを豊富に含みつつ、ヘルシーです。これもよく安売りしていますね。

9.季節の果物

季節外れの果物は高い上に栄養価もそれほどたかくありません。しかし、旬の果物なら価格、栄養価、おいしさ、どれもとってもピカイチ。食事の前にこれらの新鮮な果物を食べることで、体を活性化させる酵素を効率的に摂ることができます。

10.オートミール

海外ではシリアルやおかゆなどと同様に食べられているオートミールも保存がしやすく安価な食べ物の一つ。

低カロリーなので、いつものご飯をこれに替えるだけでもダイエット効果があります。その上炭水化物の中でも食物繊維の含有量も多いので、その点でもヘルシー!

ダイエットも節約もできるダイエット食材、いかがでしたか?おうちに常備していろいろ組み合わせれば、楽しくおいしくダイエットもできるかもしれません!

この記事をシェアする

関連記事