• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その知識、本当?ダイエットと健康に関する食事のウソとホント

Date:2014.10.05

食事はダイエットと健康な身体作りには不可欠なものですよね。そのため、食事に気を配る方は多くいらっしゃることと思います。

でも次から次に登場する食事の知識は、正直混乱を招くものでもあります。また、先行するイメージから自分で思い込んでしまうこともありますよね。

ここでは一般的に言われている食に関する知識を取り上げ、それを検証して健康やダイエットに役立てるようご紹介していきます。

冷凍の果物や野菜は新鮮なものに比べて栄養価はない

野菜や果物は新鮮なものが良い、それは誰しも頷けるものかと思います。では冷凍された野菜や果物はどうでしょう。

冷凍されると栄養価が減ってしまうというように考えてしまいませんか?

でも実際は、一般的に冷凍の野菜や果物は収穫されてさほど時間が経たないうちに急速冷凍されているため、栄養が閉じ込められており、新鮮なものに負けず劣らずなのです。

それどころか、冷凍した方が栄養価が上がるものさえもあるのです。

例えば、ブルーベリー、ニンジン、ブロッコリーなどはビタミンなどの栄養価が冷凍することで生よりも増えるという報告があります。

冷凍は食品の日持ちのためだけでなく、栄養価をも日持ち、更には栄養価を上げてくれるという効果もあるのです。

新鮮なものを食べるのは勿論良いのですが、冷蔵庫に長く保管するくらいであれば、冷凍できるものは冷凍庫に保管する方が良いでしょう。

デトックスを行うのは必要不可欠

巷でも人気なデトックス。デトックスジュースやスープ、サプリメントなどで体内の毒素を排出してあげないと、ダイエットにも健康にもよくないといったイメージがあるかもしれません。

でも、勿論これを行って悪いことではありませんが、私たちの身体にはすでに毒素を排出する機能が備わっています。

腎臓や肝臓の働きをサポートしてくれる食材を積極的に摂るのはとても理に適っていますが、特別にサプリメントなどを高価な金額を払ってまで使用する必要はあありません。

痩せるにはカロリーを考えることが必須

摂取カロリーが消費カロリーを上回ったら太ってしまう、それは確かにその通りです。

でも、少し考えてみてください。フライドポテトやケーキなどから100キロカロリー摂取するのと、野菜や果物、玄米などから同カロリー摂取するのは同じことでしょうか?

確かにカロリーだけ考えたら同じです。でも、栄養価は全く違います。身体に必要なミネラルやビタミンは後者には含まれていますが、前者にはほとんど含まれていませんよね。

前者ばかりを口にしていたら、身体がダメになってしまいます。

そう、お菓子やジャンクフードは健康な食品の代わりにならず、お菓子を食事に置き換えるのはもってのほかなのです。

カロリーを考えるのは勿論大切ではありますが、それよりもそのカロリーをどこから摂取するのかがより大切なことなのです。

脂肪はダイエットの敵

痩せたいのであればノンオイルの食事を摂ればいい、そう考えていませんか?でも、実際は脂肪はダイエットに必要なのです。

脂肪が足りないことで痩せるどころか太ってしまうという調査結果もあるのです。

大切なのは脂肪の質。不健康な飽和脂肪酸を摂るのではなく、心臓やダイエット、健康一般によい、不飽和脂肪酸を摂ることがカギなのです。

脂身たっぷりのステーキから脂肪を摂るのではなく、オリーブオイル、魚油などから摂るようにしましょう。

ジュースダイエットは代謝を上げるのに良い

デトックスのために朝グリーンスムージーなどのジュースに置き換えて飲むデトックスダイエットは、代謝を上げるために理想と言われています。

確かにこのジュースはビタミンやミネラルは含まれているという点では良いのですが、ほとんどの場合タンパク質不足に陥ってしまい、代謝が上手くなされなくなってしまいます。

もしジュースダイエットをされるのであれば、必ずギリシャヨーグルトなどのタンパク質を加えてあげましょう。

卵はコレステロールを上げる悪い食べ物?

「卵はコレステロールを上げてしまう悪い食べ物だから、コレステロールが気になる人は厳禁」そんな言葉を聞いたことがありませんか?でも、これは間違っています。

卵はビタミン類を多く含み、且つアミノ酸バランスがとても良い、高たんぱくな完全健康食品なのです。

特に黄身が良くないから、白身だけで…などとも言われますが、黄身に多くの栄養素が含まれているので、捨ててしまうのは絶対にやめましょう。

また、実は卵は悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれるレシチンやオレイン酸を含んでいます。

そのため、コレステロールが気になるために卵を避けるという必要は全くありません。他の食べ物の摂取を考えたとしても、1日2個くらい摂っても問題ないでしょう。

是非ご参考の上、バランスの良い健康な食生活を心掛けてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事