• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットが続かないの?続かせるための5つの心得教えます

Date:2012.12.09

女性が自分に自信を持つ一つの方法は、「理想の体型であること」です。

日本の女性は自分の体型に対してコンプレックスを持ちすぎとよく言われますが、確かにくびれを作りたい、足を細くしたい、顔を小さくしたい、胸を大きくしたいなど、自分の体型について何らかの希望を持っている人は、女性のほとんどを占めます。

では理想の体型になるために、皆さんは何をしているでしょうか?ダイエット、そうです。ダイエットをしている理由や時期は様々ですが、ダイエットをしている女性は本当に多いです。

では、ダイエットを続ける為に必要なことはなんだと思いますか?自分に合った方法かどうか?無理なく続けられるか?いいえ違います。一番は「ダイエットを続けよう」という気持ちです。どんな方法でも続かなければ意味がありません。

ではダイエットを続かせる為にはどんな気持ちが必要なのか。5つのポイントを紹介します。この気持ちをもってダイエットをするか、持たずにダイエットをするかではまった違う結果になるのではないでしょうか。

①始める前に出来るだけ明確な目標を持つ

ダイエットが成功しない、続かない一つの大きな要因は「痩せてきれいになる」「今年こそは水着を着る」など、ダイエットの目標や目的が具体的でないことです。具体的な目標でないと、途中経過がわかりづらく、目標達成までの距離感もつかめません。

始めるにあたり、出来るだけ具体的な目標を決めておくことが大事です。

「○月までに○kg痩せる」
「1ヶ月でウエストを○cmにする」

具体的な目標の決め方は「期間」と「数値」です。この二つがあれば具体的な目標となります。

②自分だけでやっていると思わない

目標を決めたら、それを友人や彼に話したり、時には勇気をもってSNSで公表することが大事です。自分一人の目標で自分一人が頑張っていると思えば、いつダイエットを辞めてもサボっても誰にも何も言われません。だから手を抜けるのです。

友人に話しておけば、話の中で「最近ダイエットどう?」「頑張ってる?」などの話題が出てきます。その時に恥をかかないように頑張ろうという気持ちがでてくるはずです。

また、あなたの周りにもダイエットを実行中の女性は必ずいます。そういった人を探し当てて、「一緒に頑張ろう」「支えあおう」と結託することもいいでしょう。協力することで二人とも痩せることが出来れば、二人ともハッピーです。

③自分に厳しくあることが大事

ダイエットは「無理なく続けられることが大事」とも言われますが、私は違うと思います。無理なく続けられるようなら手を抜いて、楽に続けてもいいと言っているようなものだからです。

楽にダイエット出来るなら、もちろんそれはいいことですがそんな簡単にはいかないのがダイエットです。「今日はサボっても、明日、今日の分も取り戻そう」ではなく、「今日どうしてもやれなかった分は、明日2倍頑張ろう」と思うことが大事です。

常に厳しくチェックしなければ体型を変えることは出来ません。

④時にはネガティブイメージを持つ

「目標達成したらご褒美をあげる」など、ポジティブなイメージを持って取り組むことは大事ですが、時にはネガティブなイメージを持つことも大事だと思います。

例えば、「このダイエットが成功したら職場の先輩に告白する」というポジティブイメージではなく、「ダイエットが成功しなかったら、職場の人が集まる飲み会に体のラインが分かる服を着ていく」などの「絶対にいやだ!成功させたい」と思うような事例がいいと思います。

マイナスイメージはプラスイメージより強く頭に残るものなので、強いイメージで自分を奮い立たせることが大事です。

⑤記録を毎日とることと、一喜一憂しないこと

本当であれば、ダイエットは長い時間をかけてじっくり体重を落としていくものですが、場合によっては短期間で痩せたい時もあります。

それでもダイエットに大事なのは一喜一憂しないことです。特にダイエットを始めた直後の1kg2kgの変動は「痩せた」のではなく、日常の生活で起こり得る数値の上下です。

そこで喜んでしまい、少しでも増えると過剰に反応しているようでは選んだダイエット法が合っていないのではないか、もっと厳しくした方がよいのではないかと思考が暗い暗い方へ落ちていきます。

そうではなく、変動があったらそれがなぜ起きたのかをじっくり考えることです。その為にも毎日の記録は必須。ダイエットをしている人でも毎日体重を測っていないという人は意外といます。

毎日記録をするというプレッシャーから、それだけでも体重に変化が出る人はいるものです。長い目で自分で見てあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事