• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

痩せない方必見!ダイエットの基本は「痩せやすい身体づくり」から

Date:2013.07.25

いくらダイエットをしても体重が減らないのはなぜ?!

ダイエットをしても体重や体脂肪が減らないと感じたことはありませんか?例えば、同じカロリーの食事を摂っても体重がすぐ増える人と増えない人の差があります。

いくら食べても体重が増えない人は羨ましい限りですが、おそらく体質などが原因しているでしょう。

食事制限をして、一日の摂取カロリーを極端に減らしても痩せない人とは、実際には「痩せにくい体質」なのだと思います。

人には最低限の活動で消費する「基礎代謝」がそれぞれに異なり、一日の摂取カロリーが消費カロリーをオーバーした時に体重に変化が表れるものです。

置き換えダイエットなどを活用して見事ダイエットに成功した人は、実際にはカロリー制限だけでは痩せないことが解っています。ダイエットは、食事のカロリー制限と適度な運動で消費することが必要なのです。

人によって基礎代謝が違う!自分の基礎代謝を把握しておきましょう

元々運動をあまりしない人は基礎代謝が低く、加齢によりどんどん低下していきます。若い頃から運動を習慣にしている人やストレスを運動で発散する人は基礎代謝が高く、痩せやすいと言うより太り憎い体質を維持できるようです。

また、食べすぎた時には運動をしてカロリーを消費するなど、自分の基礎代謝を良く理解しています。

自分の基礎代謝量を計測するには、ネット検索で自動計算してくれるツールがあり、年齢・性別・身長・体重などを入力すればおおよその基礎代謝量を求めることができます。

次に基礎代謝を上げる方法をご紹介していきます。

有酸素運動

酸素を体内に多く取り込みながら行う運動法で、長く続けることにより体脂肪を燃やします。通常の呼吸より軽く深い呼吸で、より多くの酸素を取り込むことができるのです。

代表的なものにウォーキング・ジョギング・水泳などがあり、20分以上継続することで体脂肪を燃やす効果が出てくるため、あまりハードな運動ではないことが特徴です。

有酸素運動は酸素によって脂肪を燃焼し、血行が良くなることで基礎代謝を上げる方法として最も効果的です。

基礎体温を上げる

女性で冷え性の人、特に手足の先が異常に冷たい人は基礎代謝が低く痩せにくい体質とも言えます。基礎代謝が落ちると体温の低下が現れます。

筋肉を増やす

基礎代謝の60%は筋肉によって消費されると言われている通り、筋肉量が基礎代謝に大きく関係しています。

冷え性が女性に多いのは、男性に比べて筋肉量が少なく基礎代謝が低いことが原因なのです。適度な筋肉をつけてインナーマッスルを鍛えましょう。

1日1時間のウォーキングが痩せやすい体質を作る!

この他にも基礎代謝を上げる方法はたくさん取り上げられていますが、どれを取っても共通することは適度な有酸素運動を取り入れ、毎日継続することが必要です。

1日1時間のウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が一番有効な方法です。無理なく続けられ、何よりも身体への負担が軽く継続できることで、体脂肪を燃焼しやすい身体を作り維持することに意味があるのです。

大量なカロリーを消費する運動ではありませんが、血行改善の効果で体温を上げることにも有効ですし筋力を養う効果もあります。有酸素運動を取り入れることで、基礎代謝を上げて痩せやすい身体を作りましょう!

この記事をシェアする

関連記事