• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

独女が思う”孤独は辛い”は未だに独身だから?寂しい時の対処法

Date:2014.08.11

周りの友達がどんどん結婚し、1人取り残された気分になる女性が多いと聞きます。また1人暮らしをしているとふと寂しく思う人もいますよね。

自分が独女で1人暮らしだから、このような孤独感に苛(さいな)まれるのでしょうか?なぜその様な心理状況に陥ってしまうのでしょう?その疑問と解決法を一緒に考えていきましょう!

明るく仕事を頑張る人ほど孤独感に襲われる!?

2013年の人気ドラマの中にフジTV系列で放送していた「ラスト・シンデレラ」というドラマがありました。篠原涼子さんが仕事に没頭するあまりすっかりオヤジ化してしまい、気がつけば恋愛から程遠い存在に…。1人暮らしを謳歌していた筈なのに、40歳を目前にして、がんばっている仕事先で想定外のことが起こり、その上後輩たちから陰口をたたかれる…など嫌なことがあった後に帰宅すると、ひとりぼっちが身に沁みます…。ドラマの中でもこの悔しさや寂しさを誰もわかってくれないとオイオイと泣いてしまうシーンがありました。

あなたも篠原さん演じる桜のように、一歩外に出ると仕事に頑張り、笑顔を振りまく明るい女性と化していませんか?そんなあなたでも、自宅へ帰った夜、ひとりぼっちという孤独感に突然襲われてしまった経験はあるのではないでしょうか?

これは自分の知らないうちに人間関係をスムーズにさせるため、対外的な人物像を作り、無理やりその形に自分を押し込んでしまっているのです。1人になった時はその型が外れている状態です。その時に本来の自分を知る人間がそばにいないのだと急に虚しくなるのです。

独女はいつでも孤独と隣り合わせ?

2013年の人口統計では、この1年間で66万594組の婚姻件数があったという数字がはじき出されました。この数字はなんと戦後最少婚姻数だったということが判明されました。この数字は結婚を選択しなかった女性がいかに多いかを物語っていますよね。

女性でも10代、20代はチャレンジの世代、若さにまかせて自分のしたいことをがむしゃらにする時代です。仕事に遊びに毎日が楽しくて、それに恋愛の経験も多少はあります。ところが30代、40代になるとちょっと話が違ってきます。結婚を選択しなかった自分に後悔する人が出てくるのです。これはどうしてなのでしょうか?

みなさんの生活環境や考えは千差万別ですが、多くの女性は友人や他の女性と自分とを比較する向きがあることがわかります。そして比較した女性たちが次々と結婚し、子供を産んで幸せな家庭を築いている様子を見ればみるほど、今の自分が情けなくなる…。将来もずっとひとりぼっちではないかと不安になるなどネガティブ思考に陥ってしまいます。これだけが原因ではないと思いますが、そんな感じで落ち込んでいる独女は意外と多いと思うのです。

1人暮らしの女性は特に、帰宅すれば素の自分に戻ることができ、その寂しさから落ち込んだり泣いたりすることができる…。言い換えれば1人暮らしは自由に落ち込み、泣くことができる場でもあり、それに耐えられない寂しい場でもあるわけですね。

どうしたら孤独な心を癒すことができるのでしょうか?

「独女の孤独感は砂漠の中を、水を求めてさまよい歩くようなもの…」と聞いたことがあります。その寂しさは本当にむなしく辛いものだと言います。外では明るく振舞っている女性でもこのような心理になるのですから、本当にその空虚感は計り知れないものがあります。このような心理になってしまったら、どうしたらいいのでしょうか?その心を自分で癒すことはできるのでしょうか?

解決策は、気を紛らわせるために音楽や映画を視聴することです。エステやスパに行ってさっぱりするのもいいでしょう。美味しいものを食べたり飲んだりする、または趣味や好きなことに没頭するのも手ですね!

…といいたいところですが、これらは一時的な応急処置です。根本から孤独感を追放しないかぎり、またすぐに落ち込んで寂しい毎日を送ってしまうのは目に見えています。

あなたの考え方自体を変える!その結果…

それでは孤独感を追放するたまにはどうしたらいいのでしょうか?

まずあなたは1人ではないということを知ってください。ここまで生きてこられたのは、あなたの力だけだと思っていませんか?あなたを生んでくれたご両親や助けてくれた兄弟、親戚、友人、恩師、職場の人たちなど多くの人たちの支えがあってこそあなたは今ここに存在していられるのです。

それから他の女性たちと比較することを今すぐやめましょう。比較して何になるのでしょうか?結婚した女性たちも彼女たちなりに多くの悩みを抱えているものです。それをあなたに伝えていないだけだと思いませんか?

最後に一番大切なことをお伝えします。心の底から、今という時間を大切にしながら感謝して生活をするということを実践してください。仕事や自由な時間、生活できるお金、友人、食事ができる、布団で寝られる等…普通だと思っていることすべてに感謝することです。

そのような考え方、心持ちになると、気付いた時には孤独感はなくなり、あなたの隣にはステキな伴侶が現れているかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事