• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

だからシングルは止められない?!:独身でいる理由

Date:2013.12.12

独身時代も人生における大切な一部:シングルライフを楽しみましょう

20代も後半になってくると結婚式へ招待される事も多くなり、気付くと‘おひとり様’は私とあと数人の友人だけ…慌ててオンライン結婚相談に登録、合コンも毎週末参加とまるで毎日の生活が全て「結婚」というゴールの為だけに費やされてしまっている…なんて事ありませんか?

もしかすると、「独身時代」という人生においての黄金時代をろくに楽しみもしないで、みすみす終止符を打とうとしているのかもしれませんよ?

独身時代は自分天下…この自由は病み付きです!

確かに大恋愛の末に結ばれて幸せな結婚生活を過ごしている女性は、傍から見ていても愛情が表情などから溢れかえっている様に見えます…が、結婚生活は共同生活、双方で相手に気を遣わなければ成り立ちません。

「今日夜9時から見たいラブコメが…」と思っていても、愛するダーリンはテレビの前を陣取りプロ野球中継を観戦中。

週末、学生時代のM美に、前から行きたかったイタリアンランチに誘われているけど、その日は彼の同僚たちが来るから食事の準備をしないと…なんて事も結婚生活には付きもの。まして、恋愛感情は無いとしても、男性の友達と2人っきりで会うなんてタブー。

その点「おひとり様生活」は好きな時に男女を問わず友達とショッピング、食事に…日にちも帰る時間も気にせず明け方まで語り、飲み明かす事も自由自在。

仕事で残業、接待が続いてもOKだし、国内海外どこでも、いつでも誰に気兼ねせずに出張に出かけられるので、昇進のチャンスも大!

そして、収入が増えたらこれまた気兼ね無しで堂々とクリスチャン・ルブタンの靴やバレンシアガのショルダーバッグを購入できるし、「言う事なし!」です。

「独身生活がエンジョイできるのは20代まで」は本当?!?

ただ、大多数の人が「シングルを謳歌出来るのは若い内だけ」だと答えるはずですよね?確かに40、50代で独身を楽しんでいるのは、中年の油の漲った男性だけというイメージが直ぐに浮かんできます。

でも、現代は夫婦が1/3の確率で離婚する時代で、結婚したから一生独身にならない保障は無いのです。

そして、以前は離婚で出戻りなんていうと、特に女性は社会から白い目で見られたりもしましたが、最近は以前より珍しくも無く世間の風当たりも然程強くないようで、中には結婚していた頃より人生を楽しんでいる女性達も少なくないのです。

実際、夫が退職後に離婚する、いわゆる熟年離婚なんかは、女性が離婚後若返ったなんて話も聞きませんか?

現に、カップルの健康を研究しているエクスパートの中には「結婚すると健康で長生きできるというのは男性だけで、それも幸せな結婚に限った話」と断言する人もいるくらいなのです。

更に、結婚はもうコリゴリと、離婚後に若いころの独身生活の様に、日々パーティやデートを気の合う友人やソーシャルネットワーク等を通して知り合った人達とエンジョイしている中高年も、海外では年々増えている様です。

要は、「結婚への道のり」である独身期間をエンジョイ

一般的に適齢期と呼ばれる年齢を過ぎながらも独身でいる理由というのは大きく分けて3つ。

1)必至に相手を見つける努力をしているが見つからない
2)仕事に夢中で恋愛に興味無し
3)男性と知り合い付き合うまでの過程がたまらなく好き♥

相手が見つからないという場合の多くは、男性への理想が高い、そして意外に多いのが、選べる候補者がたくさんいすぎて決めかねているという場合。

昨今はオンライン・デートサイトや結婚相手紹介サイト、そしてソーシャルネットワーク等の普及で、選べる範囲は言語を選ばなければ全世界まで広げる事が出来てしまうからなのです。

ただ、認知心理学の見地からいうと、人は選べる相手が多ければ多いほど詳細に無頓着になり、最終的に顔や身長といった外見だけで判断してしまい、結局は結婚を決断できない、あるいは付き合っても長続きしないという傾向が多いのだそうです。

よって、2番や3番の様にあまり‘結婚’の二文字に踊らされることなく気負わないでいた方が、理想の男性にバッタリ巡り合う可能性が高いのかもしれません。

というのも、何かに夢中になっているという事は、日々の独身生活をエンジョイしている証拠で、そういう女性達はやはり傍から見ていても美しく男性を惹きつける事が多いからではないでしょうか?

幸せで理想的な結婚…独身女性なら憧れるのは当たり前。でも、その想いに囚われて折角色々な経験や人達と巡り合う事の出来るこの時期を無駄にしないように、大切に過ごしたいものです。人生は一度だけ…です!

この記事をシェアする

関連記事