• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚しても独身時代の様に付き合える3つの方法とは?

Date:2013.06.18

彼氏から旦那になると独身時代の様にドキドキ胸が高鳴ることが少なくなり、徐々に家族へと形を変えて行くものです。

結婚すれば仕方が無い事かもしれませんが、中には変化に満足できず旦那様と独身時代の様な付き合い方を望んでいる方も居ることでしょう。今回は、独身時代の様に付き合える3つの方法をご紹介します。

1 食事中はテレビを控えて独身時代に二人で聴いていた音楽を流す

食事中にテレビを点けている家庭とクラシックなどの音楽をかけている家庭では、会話量に大きな違いがあるそうです。当然ながらテレビを点けている家庭は、会話量が少なくなります。

手作り料理なのに「美味しい」も言われず、目も合わず、番組が終わると共に「ご馳走様」では一人で食事しても変わりません。夫婦になると「特に会話も無いんだよね」と言う方が多いですが、会話する努力をしているでしょうか。

ご自身とご主人の一日の行動や楽しかった出来事を話すことは、自分を知ってもらい、相手を知る為には大切な事です。

日頃から話す環境が整っていれば、何か問題が起きた時にも対処しやすくなるので、食事やお酒を飲む際には初めの15分程度でも構いませんので、会話することをご主人と決めてみてはいかがでしょうか。

その際に無音では居心地が悪いでしょうから、会話を邪魔しない音楽をかけましょう。特に独身時代の思い出の音楽なら、気持ちのタイムスリップも楽しめるかもしれません。

2 月に一度、夫婦で楽しむイベントを考える

結婚してからの外出は、日用品や食料の買い出しがほとんどと言う方も多いことでしょう。生活をする為には必要な買い出しですが、そればかりでは現実に浸るばかりです。

月に一度は日常を離れて、夫婦で楽しめるイベントを計画してみてはいかがでしょうか。温泉巡りや高級レストランでのディナーなど二人が楽しめる場所へ出かけましょう。特別なデートと考えれば普段着ている服をお互いに見直すことでしょう。

旦那様の服装に不満がある方は、出掛ける事を口実にしてコーディネートしてみてはいかがでしょうか。おしゃれは始めなければ目覚める事がありません。ご主人が好きな色や柄の服を購入すれば気遣いを始めるかもしれません。

メタボ体型になりつつあるご主人なら、体を動かすことにも意欲的になるかもしれません。まずは、二人の好きな場所や行きたい場所を調べて、ご主人へイベントの計画をプレゼンしてみてはいかがでしょうか。

3 「愛してる」「好き」など愛の言葉を生活に取り入れる

「結婚する前は愛の言葉を囁いてくれたのに、結婚してからは一言もない」と嘆いている方は居ませんか?もしかしたらご主人も同じ事を思っているかもしれませんよ。相手に要求する前に自分から始めてみませんか?

「愛してる」「好き」など外出時や寝る前など言ってみてはいかがでしょうか。あなたの言葉を聞いたご主人はつられて愛の言葉を囁いてくれるかもしれません。

もしも、ご自身が言っても反応が無い時は、怒らず優しい口調で「私も愛してるって言ってもらいたいなぁ」とおねだりしてみましょう。

すぐに言ってくれなくてもあなたが日々囁く事で愛の言葉を言いやすい環境になって、「愛してる」「好き」を聴くことが出来るかもしれません。独身時代の気持ちを取り戻すために今日から始めてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事