• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚できない独身の最大の特徴は「人の幸せを素直に喜べない」

Date:2013.06.27

どの時代になっても、女性は適齢期や好きな相手ができると結婚したくなるもの。でもここ数年は、女性より男性のほうが意外と結婚願望が強かったりします。

ある日、こんなことがありました。夜遅くまで忙しく仕事をしていた私、気づいたら男性の友人から着信あり。

その日はとても忙しく休憩も取れない状態で、折り返しする暇もないので次の日連絡しようとしたんですが、着信履歴と一緒にメールもあり、読んでみると「おい!寝てる場合じゃない!緊急だ!連絡して!」との内容でした。

さすがの私もなにかトラブルでもあったのかと心配になり、こっそり抜け出し彼に電話をかけました。そして1分後には電話をかけたことに後悔。

「もしもし、大変だ!あの○○が婚約して来月入籍だって!なんであいつが結婚するんだよ!あの○○だよ、俺びっくりしちゃったよ~!俺らものんきにしてる場合じゃないぞ!」

そう、彼の電話はトラブルでもなんでもなく、自己中で誰からも好かれなく周りから一生結婚できないであろうと言われていた自分の友人が先に結婚を決めたからなのです。

「え?なんであいつが結婚できたんだ?」結婚に焦っている独メンはそんな風に思う場面もあるでしょう。では、どうして結婚できないのでしょうか?いくつか例をお話しします。

とにかく他人を批判する。

先ほどの例を挙げてみましょう。友達の突然の結婚を喜べない彼は電話を切った後もずっと夜中までメールしてきて、こう言いました。

「彼女が前の彼氏と別れてそんときずっと話聞いてあげてそれで付き合ってすぐ同棲したんだよ、金もないくせに」

「あいつは彼女より年も下で給料も安いし貯金もなくていつも彼女から金もらってるんだよ、なんでそんなだらしないやつが」

「あいつは恵まれてるんだよ、彼女の親に気に入られて同棲するとき家具までプレゼンよされてさ~」

「あいつの彼女は神だね、彼女はあいつのわがまま聞いてやってほんと優しい人なんだよ」

「君もいい年なんだから早く仕事辞めて今の彼氏と結婚したほうがいいよ、逃げられるから」

「女友達が言ってたよ、ある程度の年齢になったら結婚考えてくれる相手と付き合うって、まぁ君みたいな付き合いたてで浮かれてる子にはわかんないだろうけど」

などと、終始文句の連発、そして徐々に私の恋愛のことにまで文句を連発する始末。女性は、他人を批判する男性よりもより、話がでた友人のようにつらいときずっと耳を傾けてそばにいてくれる相手を好むものです。

俺だったらこうする、だから君もそうしなさい!

結婚したいけど長年彼女もいない。そんな独メンも少なくないはず。そんなある独メンこんなことを言いました。

仲の良い友人たちとの食事会。彼氏と同棲中の女の子がなんとなく彼の愚痴をこぼしました、「彼に仕事を辞めろって言われたの、私仕事好きだしやりがいあるから結婚しても辞めたくないのに」そう話した彼女に対して独メンはこう言いました。

「君も結婚したいなら仕事辞めるべきだよ、俺ならそうするね、夢あきらめて結婚する。君は結婚して仕事も続けるって2つ叶えようとするのは欲張りなんだよ!早く仕事辞めるべき!俺の言うとおりにしなよ!」と。

他のみんなが別の意見を言おうものならさらに声を荒げて自分の意見を通すありさま。自分の意見を通すことも大切ですが、周りの意見を遮断し、それを押し通されすぎたら相手も疲れてしまいますね。

自分の思い通りにならないとキレる

3連休でみんなでスノボー旅行に行った時のこと。幹事であるひとりの友人が2泊で旅行しようと提案、男性陣はOKでしたが、女性陣は体が疲れるから1泊がいいということになり、1泊で帰宅するメンバー、2泊で帰宅するメンバーで旅行することに。

この時点で幹事は少し不満そう、自分のプラン通りにみんながOKしなかったからです。そして旅行当日、朝早くから車で出発、ここまでは平和でした。そしてホテルに着いて1人女の子が言いました。

「天気悪くてスノボーしたことないから怖いし、今日は部屋で休んで明日だけ滑っていい?」ここで幹事は不機嫌になりました。

「○○がさぁ、スノボーしたくないって言うんだよー」陰でこそこそみんなに話していました。相手が雪を怖がるなんてどうでもいい、ただ自分のプランどうりにならないと嫌なのです。

結婚を望むのなら相手の批判ばかりせず、“協調性”のある優しいメンズを目指すべきなのでは・・・?

この記事をシェアする

関連記事