• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気をつけて!女友達にドン引きされてしまうプレゼント選び

Date:2013.08.15

女性同士だと、プレゼント交換する機会も多くあるでしょう。あなたは女友達に、どんなプレゼントをチョイスしていますか?

おしゃれな友達にはコスメ関係のグッズ、キャリアウーマン系の友達には事務用品や実用的な物、という具合に相手に合わせて選ぶのも楽しみの一つでもあります。しかし、プレゼントというのは自分を写す鏡です。

油断して手を抜いて選ぶと、「こういう物をプレゼントとして選ぶなんて、どうかしてるよ…」と大事な友人からドン引きされてしまう場合もあります。

特にお金をケチってプレゼントを用意した場合。本人は満足かもしれませんが、あまりのケチくささに人としての信用を失ってしまう可能性もあります。

この記事では、こんなふうな選び方をしたらドン引きされちゃうかもしれない!といったプレゼント選びに関することを紹介したいと思います。

ドン引きプレゼントその1「昔、自分が貰った物を再利用で渡す」

こんな人いるの?と思われるかもしれませんが、実際にいるのです。昔、自分自身が人から貰った物を、友人にプレゼントするという人!その物自体がきれいな状態で保管されていたり、時代のはやりも関係ないような物であれば、あげても問題ないかもしれません。

しかし、昨日までタンスの中で眠っていたような古い物を、ラッピングをし直しただけでプレゼントとして渡すというのは、かなり「おケチ」な行動であり、ドン引きされてしまう可能性があります。

あげる際も、あたかも「あなたのために買ったの」というような顔をしたら、さらにドン引きされる可能性が高まります。

もしそういった物をあげるのであれば、一言「前に人から貰った物だけど、一回も使ってないし、きれいだから」と前置きをしてから渡したほうがいいでしょう。

また、一回も使っていない物でなく、すでに使用した物をプレゼントとして渡すのは、さらにドン引きされる可能性が高くなります。いらない物を人に押し付けている感じが出てしまうこともありますので、気をつけましょう。

ドン引きプレゼントその2「金券や割引券など」

こちらは珍しいパターンですが、たまにいます。金券や、図書券など、現金に近い状態の物をプレゼントとして渡す人。

あげる側からすれば、「相手の趣味に合わない微妙な物をあげるよりも、こういう物のほうが貰ったほうも喜ぶでしょ」という感覚なのかもしれませんが、プレゼントはやはり気持ちが大事です。

相手の顔を思い浮かべながら選んだ物の方が、たとえその人の趣味に合わなかったとしても喜ばれます。

また、割引券などを誕生日プレゼントとしてあげるのも、控えたほうがいいでしょう。たまに冗談として「もうすぐ誕生日だよね、これあげるよ」などと言って、カラオケやビデオ店の割引券などを渡す人がいます。これは冗談だとしてもやめた方がいいでしょう。

なんだか、相手の存在を軽く見ているような印象を与えてしまいます。もしこういった類の物を渡すのであれば、それとは別に何かちゃんとした物を用意して、両方あげたほうがいいでしょう。

ドン引きプレゼントその3「雑誌のおまけなどの雑貨」

最近は、雑誌のおまけと言えども、かなり豪華になってきていますよね。バッグだったり、コスメ関係のグッズだったり。雑誌自体よりもそのおまけが欲しいと思う人も多いでしょう。

しかし、その雑誌についているおまけをプレゼントとして友人にあげる人がたまにいるのです。かわいくラッピングされた袋を開けてみたら、本屋さんに並んでいた雑誌で見たことあるバッグが!……なんて本当にドン引きです。

お金を節約したい気持ちはわかりますが、こんなことで友人からの信頼を失ってしまうのは残念なことですよね。

おまけのバッグなどをプレゼントを入れる袋として利用し、それをそのまま渡すことくらいはいいかもしれませんが、そのおまけ自体をプレゼントとして渡すのは避けたほうがいいかもしれません。

ドン引きプレゼントその4「ラッピングもしていない直渡し

結構大事です、ラッピング。これをケチったり、面倒くさがったりすると、せっかく素敵なプレゼントを選んだとしても台無しになってしまうことがあります。品物をむき出しで渡されたほうの気持ちになって考えてみましょう。

ラッピングというのは、お店によっては有料だったりもするので、しなくてもいいやと思う人もいるかもしれませんが、そこはケチらずに、ラッピング代を出しましょう。

また、お店の人にしてもらうラッピングの出来と、自分で家にある紙を使ってやるラッピングは、同じように見えて、美しさや仕上がりに差が出てきてしまいます。やはりプロに任せたほうがより素敵です。

ご自身が貰ったら嬉しくなる♪と思える仕上がりの物をあげるためにも、やはりラッピングもケチらないほうがいいでしょう。

一瞬お金をケチってしまったせいで、一生言われることになってしまう

女同士で怖いことは、本人の前では意見を言わないのに、その人がいないところで話が広がってしまうことです。

心を込めて選んだプレゼントでさえも「あーだこーだ」言われてしまうのが女性なのですから、心を込めずわずかなお金をケチりたい一心で選んでしまったプレゼントなど、きっと一生言われ続けることになってしまうでしょう。

「あの子、こないだこんなプレゼントくれたのよ…」と眉をひそめて言われてしまうことのないように、気をつけましょう。

プレゼント選びでドン引きされないコツはたくさんあると思いますが、一番大切なのは、やはり、「自分自身がこれを貰ったとき、嬉しいと思うかどうか」だと思います。これが基本であり、プレゼント選びのすべてと言っても過言ではないでしょう。

自分が貰ってもドン引きするであろう物は、おそらく、いえ、100%相手もいらないと思う物です。常に相手の立場に立ち、相手の気持ちを考えたプレゼント選びを心がけましょう。

そうすればドン引きされずに済みますし、友人との深い友情を築くことも可能となります。

この記事をシェアする

関連記事