• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【本紹介】あなたもテストしてみよう!「鈍感力」を鍛えると幸せになれる理由

Date:2012.10.20

この記事のタイトルとURLをコピーする
【本紹介】あなたもテストしてみよう!「鈍感力」を鍛えると幸せになれる理由|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/donkanryokutesuto84290/

通常「鈍感」という言葉がいい意味で使われることはほとんどありません。「あの人鈍感よね」というように「空気読めない」的に使われることが多いのではないでしょうか。

しかしこれからご紹介する本「鈍感力」(渡辺淳一著)はこの「鈍感」というマイナスな意味の言葉に「力」をつけて人間の持ちうる才能だとしています。

「鈍感力」を様々なシチュエーションで発揮することによって幸せな人生が手に入るという著者の主張のうち、興味深い事例についてご紹介します。

身体的には「鈍感力」が高い方がいい?

キレイ好きな母親の下、ホコリ一つないキレイな家で育った人と、多少のホコリは気にしない母親の下で育った人。身体的にどちらが敏感でどちらが鈍感かは一目瞭然ですよね。そしてどちらの方が健康でしょうか?

全くホコリのない清潔な環境で育ったがゆえに、ホコリに対する耐性ができておらず、少しのホコリにも敏感ですぐにアレルギー反応を起こしてしまう人。一方、ホコリに対する耐性が十分でちょっとのホコリくらいでは鼻水すら出ない人。後者の方が楽でいいですよねぇ。

昔と比べて衛生環境は格段とよくなった現代ですが、それと引き換えに「菌」に対する耐性のないひ弱な人間が多くなってしまいました。身体的にはちょっとくらい鈍感な方がいいのです。

「鈍感力」が高い人はガンにかかりにくい!?

ガンの原因には様々な生活習慣が関わっていますが、最近注目されるようになったのが自律神経に変調を来すとガンが発生しやすいという「自律神経説」。そしてこの自律神経を安定させるためには、細かいことにくよくよしない「鈍感力」が大切だというわけです。

実際、60代までにガンにかかった人とかからなかった人の性格を比較した調査で、ガンにかかった人は精神的にナイーヴで些細なことを気にする人が多かったという統計データもあります。

結婚生活を維持するために必要な「鈍感力」

まったく違った環境で育った他人同士が一つ屋根の下で一緒に暮らすのが結婚です。そこでもし一緒に暮らしている相手が敏感だったらどうでしょう?自分とは違う生活の些細なことに敏感になり、相手への不満を募らせていきます。

そして我慢に我慢を重ねた挙句、ついに爆発。一気に相手への不満をぶちまけます。言われた方も黙ってはいません。「自分だって…じゃないか!」となってしまうわけです。

結婚生活を維持するためには多少のことには目を潰れとよく言われますが、ここでも「鈍感力」が発揮されるわけです。

嫉妬や皮肉に「鈍感力」で対処!

人間関係には嫉妬が付き物です。友人の彼が羨ましい、同僚の昇進が羨ましい、そして妻や母となれば他人の夫の収入や子供の成績等、いつになっても嫉妬はなくなりません。矛先が変わるだけです。

中にはその嫉妬心をうまくコンロトールできずに、歪んだ形で攻撃する人もいます。もし自分がその対象になってしまった場合、どうすればいいのでしょうか?

一番いいのは相手を無視する「鈍感力」を備えること。嫉妬されるということは相手よりも自分の方がいい立場にいるということ。「かわいそうに」ぐらいに思ってやり過ごせるようになれば、自分も心穏やかでいられることでしょう。

会社で生き抜くための「鈍感力」

会社というのはいろいろな人がいるものです。しかも1日の大半を過ごすオフィスで自分の気に入らない行動を取る人がいたとしたらどうしますか?神経質にイチイチ気にしていたのではいい仕事はできません。

毎日のことですので、「その人」がいるために職場に行きたくなくなることだってあり得るわけです。影で悪口を言ったところで誰の口から本人の耳に入るかわかりませんし、直接注意するにしても言い方や頻度によっては「口うるさい奴」だと思われかねません。

また、一度上司に注意されただけで深く落ち込んで立ち直れないようなナイーヴな人がいい仕事ができるでしょうか?注意をまったく気にしないのは問題かもしれませんが、ビジネスの現場では落ち込んでいる暇などない程、仕事はやってきます。

会社でタフに生き残るためには、やはり「鈍感力」が必要というわけです。「敏感気質」の人、性格だからと諦めずにこれを読んでもうちょっと肩の力を抜いてみてください。そうすれば人生うまく回りだすかもしれませんよ。

周りから「鈍感」と言われて悩んでいる人(そもそも悩まないかもしれませんが…)、これを読んだら「鈍感は素晴らしき才能だ」と反論できるかもしれませんね。

この「鈍感力」には著者の友人、知人等が登場するわかりやすい具体例が満載です。幸せな人生を手に入れるためにいい意味で「鈍く」なるヒントを見つけてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
【本紹介】あなたもテストしてみよう!「鈍感力」を鍛えると幸せになれる理由|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/donkanryokutesuto84290/

この記事をシェアする

関連記事

コメント