• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚式や二次会の出席者が友人だけの場合のドレスの選び方のポイント

Date:2014.04.13

結婚式の出席者が新婦の友達だけの場合の結婚式や二次会での結婚式のドレス選びのポイントについて考えてみました。

新婦の好みの普段のファッションについて知る

エレガンス系なのか、カジュアル系なのか、スポーティー系なのか、カワイイ系なのか、ボーイッシュ系なのか。これらを結婚式のドレスに取り入れてみるのです。

エレガンス系なら、エレガンスなドレスを選ぶべきですし、スポーティーならあまりレース系ではないドレスとか、カワイイ系ならおもいっきりカワイイ感じのドレスにするとかです。その中で自分流のおしゃれをしてみるということがポイントです。

もちろん、そんなことをせずとも、自分流のお洒落イメージがあればそれを優先する方が楽しいですよね。ですが、結婚式は新婦が主役なので、自分流のファッションの全体の雰囲気が相手に引かれない程度が自分流のお洒落のラインというところでしょうか。

ある程度自分流のおしゃれができる

友達のみの場合は、結婚式の最低限のNGドレスを着なければいいのです。小物ではブランド物でもアニマル柄でもいいと思いますし、ストッキングもフォーマルのベージュでなくても黒でも網でもいいと思います。

露出度もTPOをわきまえていればお洒落な範囲でするのであればいいと思います。新婦と同じ色のドレスでないこと、新婦が引かないようなドレスであること、新婦より目立ってしまうようなドレスは避ける事をすればいいと思います。

華やかさをこころがける

新婦は自分のために友人がお洒落をしてくれれば、それだけうれしいものです。ですから、二次会や式を盛り上げるためにもできるだけ自分流の華やかなドレスを心がけた方がいいと思います。そういう意味で自分流のお洒落ができやすいといえます。

地味すぎる服装はNG

逆に仕事用のスーツや、普段着などはあまりにも華やかさに欠けるものがあり、新婦が引いてしまいます。新婦のためにお洒落をしているというのも忘れずに、できるだけ華やかさを心がけたいものです。

ですから、ある程度派手になってしまっても、友人だけの場合は、地味すぎるよりいいのかもしれません。

新婦とドレスの色や感じがだぶってはいけない

新婦とダブるのはNGです。ですから、あらかじめどんな衣装を着るのかというのを確認しておくということもできます。いかがでしょうか?そう考えるとドレス選びも楽しくなりますね。

この記事をシェアする

関連記事