• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どちらを選ぶ?浮気発覚後離婚か仲直りかを選ぶ基準とは

Date:2012.12.09

パートナーの浮気は、女性にとって耐えがた心理的な苦痛を伴いますよね。浮気が発覚してしまえば、話合いの末に別れかやり直しかの決断をしなくてはなりません。

しかしどちらの選択をする事にも女性には、メリットやデメリットが存在してしまいます。もしもパートナーが浮気をした時、あなたなら「別れ」と「やり直し」どちらを選びますか?

別れの際のメリット・デメリット

もうあんな男はゴメンだ!と別れを選ぶ方も多いのではないでしょうか?独身に戻って不安と期待が入り混じるような感覚になるかもしれませんね。でも別れた事によって、女性にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

○別れた場合のメリット

  1. 自分の自由な時間が増える
  2. 今までは、家事などパートナーのお世話などで自由な時間が持てなかったという方には、自由な自分の時間が確実に増えるでしょう。

    これまで出来なかった事が出来たりするので、自由気ままに生きていく事ができますね。

  3. パートナーの浮気から気持ちが立ち直りやすい
  4. 心理的にみても裏切った相手が近くにいない方が、立ち直りは早く出来るといいます。パートナーの浮気から、早目に立ち直る事が出来るので、新しい出逢いが受け入れやすい気持ちになりやすくなります。

○別れた場合のデメリット

  1. 経済的な負担
  2. 自立して自分に大きな収入がある場合を除き、これまでは、パートナーの収入などで生活していた場合が多いのではないでしょうか?

    しかし別れてしまえば、生活費も自分で稼がなくてはなりません。パートの仕事では、生活が難しいので正規で雇用して貰える職場を探す必要があり、社会から離れてしまっていた女性には、就職が一番のデメリットになりそうです。

  3. ②寂しい時にも一人
  4. 嫌な事などがあった時にも、自宅に帰れば一人です。気兼ねせず気持ちを聞いて貰う相手が、今までのように近くいません。

    寂しい時も辛い時も、一人で耐える事が多くなってしまうかもしれませんね。

このように、別れた場合のメリットやデメリットを少しご紹介してみました。全てが自分だけの責任になって、辛い事も一人で耐えなくてはならないけど、パートナーを忘れて自由に生きるという事でしょうか。

経済的な面のクリアと寂しさを耐えられるかが、最大の問題になりそうですね。

やり直しの際のメリット・デメリット

パートナーの浮気が発覚しても、別れを決断する方ばかりではありません。勿論、やり直してみたいと思う方もいる事でしょう。

では、パートナーの浮気を乗り越えてやり直した時の女性のメリットやデメリットとは、どんな事があるのでしょうか?

○やり直すの場合のメリット

  1. 経済的や生活環境に変化が起きない
  2. やり直しをする場合には、ほとんど生活環境に変化は起きないでしょう。今まで通りの生活が保障されるので、生活に対しての不安を覚えなくて済みます。
  3. 以前のように仲良くなるチャンスがある
  4. 一度浮気されても、理解して一緒に暮らしていれば以前のように仲良くなれるチャンスがあります。

    幸せだった時を取り戻すには、時間もかかるかもしれませんが、離れないでパートナーを想っている限り気持ちは通じる事が多いのです。その為には、お互いの歩み寄る気持ちが一番大切ですが!

○やり直しの場合のデメリット

  1. パートナーの浮気の不安がつきまとう
  2. 一度浮気をされてしまったら、忘れる事はとても難しい事です。ましてや、同居していつも一緒にいるわけですから、顔をみる度に思い出して「また浮気してるのでは!」という不安がつきまとう事もあるでしょう。

    パートナーに対して、どれだけの信頼を回復出来るかによって、苦しさはきっと変わってくるでしょう。

  3. パートナーに依存しやすくなる
  4. パートナーに浮気されてしまった女性は、パートナーの行動に敏感になってしまいます。その結果、いつでもパートナーの行動に気が行ってしまい、依存しやすくなるのだそうです。

    依存してしまう事により、精神的にも余裕が無くなってしまいますので、やり直しを選択した場合には、気を付けなければならない点でしょう。

やり直す場合には、信頼を取り戻せるかが今後幸せになれるかのポイントになりそうです。すぐにはむりでも、時間をかけてお互い歩み寄り、また仲良くしたいものですね。

将来どちらの選択をしても、デメリットはあるものです。どちらがあなたにとって一番幸せになれる選択なのかじっくり考えたいものですね。

この記事をシェアする

関連記事