• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

同棲期間が長いと結婚が遠ざかる?!女性が同棲を避けるべき理由

Date:2014.09.02

最近は同棲が珍しくないので、「一緒に居る時間を増やしたい」、「家賃を減らしたい」など様々な理由から同棲を始めるカップルが増えているようです。しかし、同棲は良いことばかりではなくデメリットもあることはご存知でしょうか。

今回は、女性が同棲を避けたほうが良いと言われる理由を5つご紹介します。

1 家計は別々なのでお金の問題でもめる

結婚すれば家計は一つになるのですが、同棲の場合は食費や家賃、光熱費などを折半して出し合うことが多いようです。ですが、折半しているために相手の使い過ぎが気になって喧嘩の種になることもあるようです。

同棲して2年になる女性は電気代で毎月もめると言います。

「彼氏はゲームが好きなので、休日は朝から晩までゲームをして過ごしていることがほとんど。暑さも寒さも我慢できない体と言って部屋の電気も暖房や冷房も点けっぱなしなので、連休になると光熱費が高くなるので支払い時にもめることが多いです。」

どちらかが使い過ぎている場合は、支払いの際の負担額でもめることがあるようです。

2 結婚の必要性がわからなくなる

「一緒に過ごしたい」、「朝起きたら真っ先に彼氏の顔を見たい」など二人の時間を増やすために結婚するケースが多いですが、同棲すると叶えられるので満足してしまうようです。彼氏と同棲して半年になる女性は、現状維持で良いという気持ちになりつつあると言います。

「彼氏との結婚を夢見ていたんですが、気持ちが満たされると同棲でもいいかなって思うようになりました。憧れのドレスを着て結婚式や披露宴はいつかしたいけど、そのためにはお互いの両親への挨拶や式場選びとか沢山すべきこともある。今はまだ仕事を辞めたくないし、子供も考えていないので結婚の必要性がわからなくなってきました。」

結婚も同棲も二人で生活することなので、同棲で結婚気分を味わってしまうと結婚に踏み切れなくなるようです。

3 女性らしさや理想体型が失われる

同棲すると一緒に過ごす時間が増えるにつれて緊張感がなくなり、着る物やメイクなど女子力を上げることに無頓着になることもあるようです。同棲して2年になる女性は、職場の同僚から服装を指摘されて女性らしさを失ったことに気づいたと言います。

「彼氏と同棲を始めた時には、可愛い部屋着や休日でも薄化粧など女性らしさを保とうと努力していたのですが、気づけばノーメイク、ジャージで過ごすことが定番になっていました。自分ではそれでいいと思っていたのですが、職場の同僚たちから『メイクやめたの?なんか太って見えるよ』と指摘されて、体重計に乗ってみたら3キロも増えていたんです。

身だしなみを気にしなくなってからゴム服が増えて、腰回りを気にせずに食べていたことを思い出しましたが、彼氏は何も言わないのでこのままでいいかなと思っています。」

女性らしさや理想体型は、取り戻すまでに時間がかかりますので、同棲を考えている方は気を付けましょう。

4 新婚時代に新鮮さがなくなる

結婚前に同棲してしまうと結婚後の新婚時代に新鮮さがなくなるようです。同棲後に結婚した女性に聞いてみました。

「同棲したのは5年ですが、結婚式や披露宴をすると結婚ムードが高まってかなり盛り上がりました。新婚時代にも期待して生活を始めてみたら、同棲の延長という感じでドキドキしないし、新鮮さもなかったです。

おまけに同棲後半からセックスレスになっていたので、結婚後に変化することもなく子供はいつになることやらって感じです。」

同棲は、一番楽しいと言われる新婚時代にも悪影響が出るようです。

5 大喧嘩した場合は結婚していないのですぐに別れてしまう

同棲中の喧嘩によって別れになるカップルも多いようです。3年同棲した女性は、ある喧嘩によって別れることになったと言います。

「同棲してから不満があっても我慢していたんですが、ある時に爆発しちゃってぶちまけたら『別れよう』と言われて話し合いもないまま別れてしまいました。」

生活をしていれば価値観や育った環境の違いでぶつかってしまうこともあるでしょう。結婚していれば離婚問題ですから話し合う余地もありますが、同棲の場合は喧嘩がきっかけですぐに別れてしまうようです。

同棲はメリットもある?!

同棲のデメリットについてご紹介しましたが、最後に同棲のメリットをご紹介しましょう。結婚に悩んでいる時には決め手を見つけるため、相手との相性の良さを見極めるためなど目的がある場合は、同棲をすることで結婚相手としてふさわしいか生活の中で確認できるということです。

しかし、同棲が長引くほど結婚が遠くなることもありますので、半年や1年などあらかじめ期間を決めておくことをお勧めします。

この記事をシェアする

関連記事