• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

決断する前に知っておきたい同棲のメリット・デメリットとは

Date:2013.05.08

お付き合いをしている彼氏と、最近同棲の話が出ている…。そんな時、ドキドキ・ワクワク期待する気持ちとともに、ちょっぴり不安も感じるのではないでしょうか。

結婚前に一緒に暮らしてみることは、メリットもありますが、デメリットもあります。後で「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、どちらもしっかり把握した上で、決断することをおすすめします。

メリット1:短時間のデートだけでは分からなかったことが分かる

やはり、短時間のデートで会っているだけでは分からなかった、彼の生活ぶりが見えてきます。今まで知らなかった、彼の長所も分かれば、逆に短所が露呈することもあるでしょう。

新たな長所が分かった時には、更に彼氏のことを好きになってしまいそうで、今まで以上にラブラブな時間が持てそうですね。

また短所に関しても、結婚してからいきなり知って驚くよりは、結婚までに心の準備が出来ますし、結婚までに改めてもらえるように、あなたが教育していくことも出来るかもしれません。

そして、どうしても許せない、我慢できない短所だった場合、残念ながらお別れをするという選択肢も出てきますが、結婚してから離婚をするより、はるかにダメージは少ないでしょう。

メリット2:経済的に余裕が持てる

お互いに一人暮らしをするよりは、同棲をした方が、家賃も水道光熱費も、割安となるため、経済的にゆとりが持てるようになります。

また、彼氏が生活費を多く負担してくれるような、男気あふれる男性だった場合、あなたの収入は、結婚資金などの貯金にまわすことも出来ますよね。

また、二人とも実家暮らしだった場合には、ホテル代などもバカにならなかったのではないでしょうか。同棲をするなら、こうした支出もほとんどなくなります。

メリット3:時間の節約が出来る、一緒に眠れる

今まで、デートをするには、連絡して、待ち合わせをして…など、どうしても移動時間が必要だったはずです。しかし、毎日同じ家に帰るのであれば、こうした移動時間が節約出来ますし、その分、彼氏と長く一緒にいることが出来ますね。

また、夜になってもお別れする必要がなく、大好きな彼氏と一緒に眠ることが出来るということは、女性にとっては、大きな安心感をもたらしてくれるかもしれません。

メリット4:結婚生活の予行演習が出来る

結婚したら共働きをしようと思っている場合、同棲をすることで、相手の仕事の忙しさや、帰宅時間などを考慮して、どのように家事分担をしていったら良いか、実践しながら試行錯誤していくことが出来ます。

お互いが気持ちよく暮らせるように、結婚前から基盤やルールを作っておけることは、メリットと捉えることが出来そうです。

デメリット1:結婚していないのに、生活感が出てマンネリに

彼氏と一緒に暮らし始めたばかりの頃は、きっと新鮮だと思いますが、慣れてくると、結婚もしていないのに、生活感が出てきてしまうかもしれません。

それはやはり、毎日寝食を共にして、メイクをしていないスッピン姿も、毎日見られることになりますし、彼氏のだらしない姿も、どうしても目に入ってくるでしょう。

今まで、そういった部分を隠してお付き合いしていたカップルほど、相手の姿に徐々に魅力を感じなくなっていってしまう恐れもあります。結婚前にマンネリ化してしまうと、そのまま婚期が遠ざかる可能性が高くなります。

デメリット2:彼氏が結婚の決断を先延ばしにし出すかも

同棲生活とは、男性にとって、結婚をしていないのに、分担はするにしてもある程度家事をしてもらえたり、性欲を満たすことが出来たりと、意外と心地が良いものかもしれません。

一方で、結婚をするという決断をすることは、男性は大きな責任を感じることですので、なかなか決断が出来ないことがあります。

それでも結婚の決断をするのは、その女性と、いつも一緒にいたいとか、他の男性に取られたくないとか、家庭を作っていきたいとか、それなりの理由があるはずです。

ただ、同棲生活というのは、婚姻届という、紙一枚でありながら、とてつもなく責任を感じる書類にサインをすることなく、また相手側の親や親戚などのしがらみが増えることもなく、結婚の疑似体験が出来てしまうという状態です。

そのため、男性としてはついつい、「今はまだこのままでも…」と、決断を先送りにしてしまう気持ちが出てきてしまう可能性があるのです。これを避けるには、あらかじめ、「同棲期間は2年」など、期限を設けておくのも良いかもしれませんね。

デメリット3:双方の両親への印象が悪くなることも

同棲をするということは、結婚という法律で認められた手続きを取らず、男女が一緒に暮らすということです。この状態は、事実婚とか、内縁関係と言われることもありますよね。

こうした関係は、双方の両親から見れば、やはり好ましくないと思われることも少なくありません。ふしだらだと捉えられたりすることもありますし、「けじめ」を重んじるご両親は多いものです。

結婚前から、両親への印象を悪くしてしまうことは、かなりのデメリットとなってしまうと考えられますので、きちんと挨拶をして理由を説明するなど、出来る限り理解が得られるように努めることも必要だと思います。

この記事をシェアする

関連記事