• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

炊飯器におまかせ!お米と一緒に炊き上げて美味しい食材♪

Date:2013.11.19

炊飯器でお米と炊くときに、一緒に入れて食材を蒸してしまうというレシピ、時々見かけますよね。実践したこと、ありますか?私は、ありませんでした。「どうやら、そんな技があるらしい」という認識だけで特に試していなかったんです。

だけど、友人にすすめられて一度試してみたら、みごとにハマりました。炊飯器で出来てしまう、ということがこんなに快適だとは思いませんでした!

  • 手間がかからない(鍋や火を使わない。洗い物も増えない!)
  • 水の節約になる
  • ガス代の節約になる
  • コンロを使わないから、その間に別のものを作れる

主婦にはたまらないメリットですよね。今回は、お米と一緒に炊飯器にポン!と入れればOKの食材をご紹介します。

まさかの、卵!

ラップに包んでお米の上に乗せるだけで、なんと茹で卵の完成。サラダやお弁当の彩りに最適な茹で卵、お鍋で作るとお水もガスも結構使うんですよね。温泉卵なら、同じくラップに包んで、「保温」状態に1時間ほど入れておけばOK!

だし醤油と薬味ネギをかければ、小鉢が一品できあがります。

ほくほく、芋の下ごしらえ

じゃがいもは丸のまま、カボチャは一口大にカットしてアルミホイルに包んでお米の上に乗せるだけで、ほどよく蒸すことができます。ご飯に味が移りそうな気がしましたが、全然気になりませんでしたよ。

そのままバターを乗せても美味しいですが、マヨネーズと和えてサラダにしたり、マッシュしたり、応用しても便利です。

ふっくら、蒸し鶏も簡単に

鶏肉に、酒、生姜、塩コショウを揉み込んだものを耐熱タッパーにいれて、蓋をしないで、お米の上へ。タッパーごと炊いてしまうことに、はじめは抵抗がありましたが(笑)、ご飯も、タッパーも、まったく問題ありませんでしたよ。

蒸しあがった鶏肉は、手で裂いて、胡麻誰や中華ドレッシングでバンバンジーにしても良し、さっぱりと梅肉で和えても美味です。

手の込んだ魚料理も、炊飯器まかせでOK

サバの味噌煮や、ブリ・カレイなどの煮付けも、実は簡単にできてしまうんです。通常の作り方でする味付けのタレと一緒に、魚を耐熱タッパーにいれて、蓋をしないで、お米の上に乗せるだけ!

白飯のすすむおかずが、その白飯を炊くときに一緒に出来てしまうんですから驚きです!!難しい火加減などないので、「お料理が苦手…」という人にこそ、試してもらいたい技です。

魚は、事前に塩を振って10分ほど置いて、水分をキッチンペーパーで吸っておくと生臭くならないのでおすすめです。調味料のにおいが、若干、ご飯に移る気がしましたが、そのおかずと一緒に食べるなら問題なし!という感じです(笑)。

少しでも、時短、節約したい人には断然おすすめな「炊飯器でお米と一緒に炊く」方法。ぜひお試しくださいね♪

この記事をシェアする

関連記事