• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分から殴られるように振舞う?DV彼氏を作ってしまう女性たち

Date:2014.01.27

恋人や配偶者から暴力を振るわれるなんて絶対に避けたい事態ですが、今まで数人の「私はDV男ばっかり呼び込むみたいで、別れても別れてもDV彼氏に当たっちゃうんです…」なんて恐ろしい事を言う女性に遭遇したことがあります。

女性の話を聞いたその時は「運の悪い人もいるもんだ」とか「よっぽど見る目が無いんだろうな」とか「DV男ってそんなにたくさんいるんだな」などと思っていました。しかし最近、「女性の中には付き合う男性をDV男に変えてしまうような人がいる」という話を聞きました。

DV男を作ってしまう女性とはどのような人なのでしょうか。

実際に「DV男を作る女」に遭遇した男性の証言

「付き合う男性をDV男に変えるなんて、そんな事あるのかな?」と半信半疑でいた私ですが、友人の独身男性に「そういう女性に会ったことがある!」という証言者を発見しました。彼は友人たちの中でもかなり穏やかで優しい男性。

他の友人が酔っ払って気が荒くなっても「ほらほら、落ち着いて!」となだめに入るようなタイプです。もちろん今まで女性に手をあげたことなど一度もありません。そんな彼が合コンで出会った控えめで可愛い女性に恋をしました。

「今まで付き合ってきた男性がDV男ばかりで、男性を信用できない」と言う彼女でしたが、彼の誠実な態度と「俺は君を大切にする!」という言葉に心を動かされて二人は付き合うように。

しばらくは順調な付き合いが続いていましたが、恋人同士意見がぶつかりケンカをすることも出てきました。小さなケンカで終わるはずのつまらないきっかけでも、彼女はすぐにヒートアップして彼の神経を逆なでするような行動を続けます。

そして最後には彼に「あなたも殴れば気が済むんでしょ!殴りなさいよ!」というような挑発的な態度ばかり。温厚な彼もまるで嫌がらせのような彼女の態度と挑発する発言に腹が立ち、徐々に我慢の限界に。

彼は思わず「そんなに殴られたいなら、殴ってやるよ!」と言いそうになって、このままでは自分もDV男になってしまうという危険を感じて別れを決めたそうです。

証言から見る「DV男を作る女」の特徴とは

このケースの場合は女性が「相手を挑発するような行動をするタイプ」でしたが、他にも「卑屈な発言を続けて自分が殴られて当然だと思っているタイプ」や「可哀想な自分に酔っていて、男性に殴らせようとするタイプ」などがいるようです。

どの場合も恋人同士ならちょっとしたケンカで終わるような問題をどんどんと大きくして、勝手に悪い方向に考えて暴走していく傾向があるようです。

その結果、彼氏が嫌がるような行動をわざと続けたり、同じような事をずっと言い続けてイラつかせたりするようになり、最終的には「殴るんでしょ?」というような態度に出るようになります。

証言をしてくれた男性のケースの一例では、彼女が作った料理の味が薄かったので「ちょっと薄味だね」と言った事で彼女が「一生懸命作ったのに!」ヒートアップ。

彼女は謝る彼を無視して料理を全てゴミ箱に捨て、「もう料理は作らない!」「あなたは私のことを好きじゃないのよ!」「私のすることが気にいらないんでしょ?」「そんなに嫌なら殴ればいいのよ!」などと勝手に暴走していったそうです。

このようなタイプの中には女性の方から先に彼氏を叩き、彼が叩き返してしまったら「DVを受けた!」と騒ぐような人もいるそう。そうなれば先に手を出したのは彼女ですから、男性もDV被害者ですよね。

DV彼氏と付き合ったことがある人は、自分が知らない内に暴走していなかったのかをよく注意する必要がありそうです。

この記事をシェアする

関連記事