• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

作り笑いなのか心からの笑顔なのか…それまで男はチェックしている?

Date:2013.11.19

「笑顔がステキな女性がいい」それはホント

誰だって素敵な笑顔の人には、参ってしまいます。それは男女ともに同じこと。ところで、女性の素敵な笑顔ってどんな笑顔なんでしょうか。

アイドルみたいな笑顔? それともセクシーな女優のようにグラマラスな笑顔? それともグラビアアイドルのような小悪魔的な笑顔…?人にはそれぞれ他人から受ける印象というものがあります。

例えば、いい香りを放っている男性は、女性からすると条件反射的に「好印象」だと感じる確率が高くなるのだそう。そこへいくと、男性は人から受ける印象について特に強くアンテナが張られている感覚があります。それが「視覚」。

よく巷では男性というのは「見た目」から入りやすい「視覚の動物」だと言われていますが、それはどうやら本当のよう。

「イイ女」を誤解している?

私は「イイ女なのよ」と思っているな、と分かってしまう女性、周りにいませんか?そういう女性は確かに綺麗かもしれません。最新のファッションに身を包み、少々やせ型でどんな装いも無難に着こなし、道を歩けば男性からも同性からも憧憬のまなざし…。

そういう女性に対し、例えば親切にも誰かがドアを押さえてあげたりしたとしましょう。もしかして彼女から「ありがとう」「すみません」といった言葉は聞かれるかもしれません。

でも、さわやかな笑顔にはお目にかかれないことの方が多い気がするのは、私だけでしょうか…。よしんば笑顔に出会えたとしましょう。しかしそういう女性ほどこう思っているフシが無きにしも非ず…。

「イイ女ってそんなに笑顔を安売りしないものよ。小悪魔的なアンニュイさが一番。こんなことで笑顔を作らなきゃいけないなんてバカバカしい」・・・。

あるいは、「私ってファッションセンスも抜群。スタイルだって日々気を付けているし仕事だってデキるのよ。ドアを押さえてもらって当然。いちいちお礼なんて言ってられない。ましてや笑顔なんて」…。

女性がみなこうだとは言いたくありません。でも、こんなホンネが心に見え隠れしていないでしょうか?「面倒くさい」、「笑顔を安売りしたくない」、「媚びていると思われたくない」…。

ドアを押さえてあげた人だってヒマじゃないのです。あなたが困るだろうと思っての思いやり。「そんな思いやりなんか押し売りされたって知らないわよ」そんな声が聞こえてきそうです。

でもそういう気持ちって、如実に表情にも表れてしまうもの。表向きだけの作り笑いなのか、心からの感謝の微笑みなのか、「視覚の動物」である男性は見抜いている場合が多いのです。

じゃあどんな女が「イイ女」なの?

「イイ女」になるって別にクールにふるまうことでもありませんし、ましてやマナーを省略することでもありません。

ある携帯電話ショップでこんな若い女性に応対してもらったことがあります。スラっとしたスレンダーなボディに最新のファッションとメイク、ショートスカートから伸びた脚でハイヒールをクールに履きこなし、颯爽と業務に就きます。

おしゃれな携帯電話の売り場にふさわしい彼女は、カウンターの向こうで脚を組んで私の応対をしていました。私が支払を済ませて席から立ちあがろうとすると、小さな無味乾燥な声で「ありがとうございましたー」と、こちらも見ずに脚を組んだまま。

そのまま私が出口に向きを変えると、カウンター近くで案内係の業務についていた別の女性店員が声をかけてきました。今、購入したばかりの製品が入った紙袋をにっこり優しく受け取り、「そこまでお運びします」と、私につかず離れず同行してくれます。

出口の自動ドアが開くと「どうぞお気をつけて、ありがとうございました」と紙袋を渡してくれて、その時の笑顔もまたにっこり。私が店を出て、しばらく歩いていく間もお辞儀をしたまま…。

案内係のこの女性の笑顔はまさしく「にっこり」という表現がぴったり。わざらしくない、作っていない笑顔とでもいいましょうか。

人は口元だけで笑うとどうしても、「にっこり」とは言えない顔になってしまいます。カウンターにいた女性もひそかにスマイルをたたえていたのかもしれません。でもそうは思えませんでした。

案内係の女性は、口元はもちろんのこと、心に一点の曇りもないと思われるようなさわやかさが目から滲み出ていました。でも、もしかするとこの人の営業用スマイルなのかもしれません。

だとしても、作り笑いに見えないようにしよう、心からの感謝を表わせるようにしようとこの女性が日夜努力していたならこれはこれで社会人としてあっぱれです。

人は、どうしても表面的なものから入っていきます。男性が特に「視覚の動物」であるとしても、「顔全体で素直なスマイルになれる」女性が男性に媚びているという意味にはけっしてなりません。

他人に嫌な感じを与えず、しかも、できるだけ良い気分でいてもらえるように…という配慮ができる人、それが本当の意味での「イイ女」だといえるのではないでしょうか。

そして、それほど美人でもなくとびっきり可愛いわけでもないのに、男性からの人気が高い女性がいます。「なぜあの人だけが?」と思うのであればその人の「笑顔」をチェックしてみると謎が解けるかも…?

この記事をシェアする

関連記事