• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

笑顔だけでいいの?恋愛上手の女性が語る笑顔を上手く使う方法

Date:2014.07.21

皆さんは恋愛達人になるためにはどんなことが必要だと思いますか?教養を身につける、エステやダイエットで顔や足についたお肉を落とすなど、女性的な魅力をアップさせるためにすべきことは山ほどありそうですよね。

今より上手に恋愛を楽しみたいけど努力することが苦手という方のために、今回は恋愛上手の女性に笑顔を使って恋愛を楽しむ方法を4つ教えてもらいました。

1 第一印象で笑顔を印象付ける

多くの男性との恋愛を楽しんでいる25歳のFさんは、笑顔を使って付き合いに発展させることが多いと言います。どんな方法を使っているか詳しく聞いてみましょう。

「笑顔って相手の緊張をほぐすだけじゃなく美人に見せてくれる効果もあると思っているので、初対面の相手と会う時には笑顔を印象づけるようにしています。合コンでも1対1のデートでも待ち合わせしますから、なるべく早く現地に到着して笑顔アピールを開始します。待っている時につまらない顔や怒った顔で時計を睨みつけていたら、女子力が下がるだけじゃなく怖いイメージを持たれちゃう。

だから私は、笑顔で人間ウォッチングしたり、笑顔で動物動画サイトを携帯電話で観たり、あとは自分が好きな音楽も聴いたりして。相手が来たら待たせたことを悪いと思わせないように、『今、着いたところです』と気遣いも忘れません。

最初に笑顔を印象付けることができれば、恋人関係へと発展させやすくなりますよ

2 店員さんとの会話中や食事中、帰り際も常に笑顔

「第一印象も大事ですが、その後の印象も大切です。最初だけ笑顔で後は真顔になってしまうと、『待ち合わせでは笑顔だったのにつまらないのかな?』と相手の男性が不安に思うかもしれないので、ショッピング中に店員さんに話しかけられた時も笑顔、食事中も笑顔、帰り際にも笑顔で居ることを意識します。笑顔って不思議なもので、相性合わないかなぁと思う男性と過ごす時でも笑顔で居ると自然に楽しい気分になれるし、相手からも『今日はすごく楽しかった』と言ってもらえるんです。

楽しいデートになればなるほど、それだけ次のデートに繋がる確率が高くなりますし、そのデートがずっと続けばいずれは微妙な関係から恋人関係にもなれますから、心の距離を縮めたいならとにかく笑顔。

デートできる関係じゃなくても好きな男性が居る場所で笑顔を忘れなければ、その男性から声を掛けられやすくなると思うので、職場や学校などでも試してもらいたい方法です」

3 充実さを伝えるために笑顔の写メを送る

「デート中に笑顔で居ることはもちろんですが、写メを使って日常も笑顔で居るということをアピールすることもお勧めです。片想い中の相手や気になる相手がいたら、『どんな風に過ごしているかな?』って気になりますよね?だから、料理上手をアピールしたいなら作った料理と笑顔の自分、素肌が綺麗なことをアピールしたいならノーメイクで笑顔の自分を撮って送信。あとは、相手の男性を思いやるような写メもお勧めです。

例えば、栄養ドリンクやサプリメントを持った笑顔の自分を撮って『今度差し入れしますね』と一言添えて送る、手作りのお菓子と笑顔の自分を撮って『○○さんの好きなブラウニー焼いてみたんですが、お味見してもらえますか?』と、相手が好意を持っていれば喜ばれること間違いなしです。写メを送る時には常に笑顔でいることをお勧めします

4 子供や動物にも笑顔で接する

「私が好きになる男性って女性の母性に弱い所があるので、子供や動物と接する時にも笑顔を使ってアピールします。ただ『可愛い』と言って近づくだけじゃなく、『こんにちは。お名前は?いくつなの?』と、相手が話せない犬であっても笑顔で話しかけることがポイントです。目線を合わせて子供や犬と触れ合う私を見て、『犬よりもFさんのほうが可愛いです』なんて言ってくれる男性も多いんです。

子供や動物を見つけたら、吠えられても泣かれてもいいので笑顔で触れ合うことで女性らしさ、特に母性をアピール出来るので将来を考えたい相手の場合は特に試してもらいたい方法の一つです」

笑顔を習慣づけて小顔もGET!

いかがでしたか?当初のFさんは、好きな男性の前でだけ笑顔で居たほうですが、笑顔の使い分けは疲れるし面倒ということで常に笑顔で居ると決めたところ、好きな男性以外からも声を掛けられるようになったと言います。笑顔で過ごすことは、慣れるまで難しいかもしれませんが笑顔をする度に顔の筋肉である表情筋が鍛えられるので、ひきつることが無い自然な笑顔を作れるようになると言います。

頬のたるみを改善して小顔に見せる効果も期待できますので、日頃から笑顔で過ごす習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事