• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

子供に読んであげたい人気の絵本10選!

Date:2012.12.17

子供に絵本を読んであげていますか?絵本の読み聞かせは、子供の脳の成長にいい影響を与えてくれます。そして、絵本の世界を体験することで、感情豊かな子になるそうです。

ママが読んでくれるお話を聞きながら、絵を見て、想像して、子供の想像力を伸ばしてくれます。想像力は、人が生きていくうえでとても大切なことですよね。

また、子供にイライラして怒ってしまった日にも、絵本の読み聞かせは、ママの気持ちも穏やかにしてくれます。我が家の3歳の娘も、絵本が大好き。いつもオヤスミ前に読む習慣にしていますが、早寝にも一役かってくれています。

8時までにお布団に入ったら3冊、9時までにお布団に入ったら2冊、10時までにお布団に入ったら1冊(ちょっと遅いですね…)、10時過ぎたら0冊ね!と約束しています。一杯読んでもらおうと、頑張って寝る用意をしていますよ。

0歳から読んであげたい絵本

★「ぴょーん」松岡達英(ポプラ社)

めずらしく縦開きで読んでいく絵本です。ページをめくるごとに、いろんな動物が「ぴょーん」とジャンプします。縦に開くので子供の目線も一緒にぴょーんと上がります。次は何が飛ぶかなとワクワクできますよ!

★「だるまさんが」かがくいひろし(ブロンズ新社)

「だるまさんが」と次のページをひらくと、「どてっ」とだるまさんが転んでいます。そのユーモラスな格好に子供は大喜びです。そのうち一緒に「どてっ」と転びだすことでしょう。

だるまさんシリーズには他「だるまさんの」「だるまさんと」がありますよ!

★「くだもの」平山和子(福音館書店)

そのままとって食べたくなるようなリアルなくだものが一杯出てきます。思わず、「おいしそう、食べたい!」となりますよ。一緒に食べるマネしてみましょうね。

1歳から読んであげたい絵本

★「どんどこももんちゃん」とよたかずひこ(童心社)

どんどこ、どんどこ、どんどことももんちゃんがどこかへ急いで行きます。川を越え山を登り、とおせんぼしたくまさんを「どーん」と投げ飛ばして!

急いでももんちゃんが着いたところはどこでしょう?ももんちゃんシリーズ、他にもいっぱいありますよ。

★「おやすみ、ぼく」アンドリュー・ダッド/エマ・クエイ(クレヨンハウス)

オランウータンの子供の絵がとっても素敵なおやすみにぴったりな絵本です。「おやすみ、ぼくのあしさん」と読みながら、子供の手や足をさすってあげると、心地よい眠りにつくことでしょう。

★「そら はだかんぼ!」五味太郎(偕成社)

ママに「お風呂に入りなさい」と言われたライオンくん。服を脱いだら、クマに!でも、ママは「早くはだかんぼになりなさい」って!もひとつ脱ぐと…。次から次へと本をめくると、どんどんはだかんぼになっていく楽しい絵本です。

3歳から読んであげたい絵本

★「ぞうくんのさんぽ」なかのまさたか(福音館書店)

今日はいい天気、とぞうくんがお散歩にでかけます。出会ったかばくんを背中にのせて、次にわにくんを、次にかめくんを。みんな背中にのせて散歩にでかけます。

絵本の色合いがとってもキレイで素敵です。まずこれを読んで、次に「ぞうくんのあめふりさんぽ」をぜひ読んで欲しいです。

★「まあちゃんのながいかみ」たかどのほうこ(福音館書店)

おかっぱ頭のまあちゃんが、友達と「髪をずーっと伸ばすのよ」とおしゃべりしています。どのくらい伸ばすのかというと…。まあちゃんのながいかみの空想の世界がとってもキュートなお話です。女の子ママにおススメ!絵もとてもかわいいです。

★「おばけのてんぷら」せなけいこ(ポプラ社)

うさこがねこから教えてもらったレシピでてんぷらをせっせとあげていると、匂いにつられておばけがやってきてつまみ食い!小さい子供っておばけが大好きですよね!おばけもてんぷらにされそうになって、子供のテンションもあがる楽しい絵本です。

★「どうぞのいす」香山美子/柿本幸造(ひさかたチャイルド)

うさぎくんが作った「どうぞのいす」。まずはじめにやってきたのは、ろばさんです。ろばさんが「どうぞのいす」にドングリを置いて昼寝をしていると…。最後はドングリが何に変わってるでしょう?絵もお話もとてもかわいい物語です。

この記事をシェアする

関連記事