• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寒くなる季節こそ胸キュンしたい!デートで見たい胸キュン映画はコレ!

Date:2012.12.11

寒くなると人恋しくなり、胸がキュンとするような恋がしたくなる女性が増えてくるといいます。その胸キュンを簡単に味わえるのが映画やドラマです。

主人公を自分に当てはめて想像しながら観たり、淡い思いにキュンとしたりしながら楽しむことができます。今回は胸キュンする映画をいくつか紹介しちゃいます。

君に届け(出演:三浦春馬、多部未華子 ほか)

(簡単なあらすじ)

黒沼爽子は陰気で暗く長髪だった為に周りから「貞子」と呼ばれていてクラスメイトに馴染めないでいた。そんな中、爽子にとって風早翔太は憧れ・尊敬する人物であった。

くるみやあやねとの出会いで、風早への思いは尊敬ではなく恋であることに気づく。一方風早も爽子のことが気になりその思いが恋であることに気づき何度か爽子にアプローチするが気づいてもらえずなかなかうまくいかない・・・

学園もので原作は漫画です。漫画もすごい人気でアニメも放送されていました。周りの友達と触れ合うに連れてお互いの気持ちが恋であることに気付くけれどもなかなか両想いにならないというもどかしさ、そしてその後の淡い恋愛が胸キュンポイントです。

思わず自分の学生時代は・・・と比較してしまいそうになります。両想いになってから爽子がどんどんかわいくなっていく様子などがリアルで好感度高い作品でした。

シザーハンズ(出演:ジョニー・デップ、ウィノナ・ライダー ほか)

(簡単なあらすじ)

「なんで雪は降るの?」という小さい女の子がお祖母さんに尋ねる。そこから物語がスタートする。山の上の屋敷に住んでいる発明家が人造人間エドワードを作った。博士は開発段階で亡くなり、エドワードの手は未完成、ハサミのままだった。

キムの母親のペグは化粧品販売員をしており、新規セールスのために山の上の屋敷を訪ねそこでエドワードと遭遇。すぐに気に入り自分の家へと連れて行く。町へ降りてきたエドワードはハサミを使って庭の手入れ、ヘアカットなどをし人気者に。

キムも最初は嫌っていたがいつの間にかエドワードが気になるようになっていた。そんな中、エドワードは車に跳ねられそうになったキムの弟を助けようとするが反対にハサミで傷つけてしまう。町の人も以前のような好意的な態度ではなくなり、エドワードはまた山の上の屋敷へと逃げてしまうが・・・

怪物(人造人間)との恋物語。エドワードがキムやその家族を助けたいという気持ち、そしてキムを抱きたいけれども手がハサミということで傷つけてしまうからできないという歯がゆさが募って胸キュンポイントになっています。

作品途中もすごく胸キュンなのですが、個人的には最初の雪が降るエピソード、実は聞かれていたお祖母さんはキムであり、そのキムを思うためにエドワードはずっと雪を降らしているというところが最大の胸キュンポイントでした。

ハナミズキ(出演:生田斗真、新垣結衣 ほか)

(簡単なあらすじ)

東京の大學進学を目指している紗枝と父の仕事を手伝いながら高校へ通う康平はふとしたことで知り合い互いに惹かれ合い付き合うことに。その後紗枝は大学へ進学し康平は父の仕事である漁師を継ぐことになった。

紗枝と康平の遠距離恋愛はなかなかうまく言わず結局別れてしまう。その後紗枝はNYで働き北見にプロポーズを受ける。同じく康平は地元の律子と結婚する。

康平の結婚生活もうまくいかず離婚、そして紗枝の相手の北見は暴動に巻き込まれ帰らぬ人に。その後、紗枝はひとり旅へそして康平はマグロ漁へと出るが最後に・・・

紗枝と康平が別れてそれぞれの道を進むもどこかへお互いへの気持ちが離れず何かあるたびに思い出してしまうというところが胸キュンポイント。

互いがまたやり直して進んでいこうとする時も会いたくてもすれ違いというところもドキドキと胸キュンで切ない気持ちになります。純粋な恋愛が見たいという人にはオススメの作品です。

今回は3作品を紹介しました。まだまだ他にも胸キュン映画はたくさんあります。自分のお気に入りの胸キュン映画を見つけて心を温かくしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事