• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

エイジングケアは高いはもう古い!安く抑えるコツを伝授

Date:2013.07.10

エイジングケアというと、どうしても高価でなかなかフルでケアができないと思っている人がいるようですが、自分が本当に改善したいところに焦点を絞っていくと意外に価格を抑えることができます。

自分がどういうところに力を入れたケアをしたいのか、ケアによって抑えることができる部分をいくつかピックアップしてみました。

乾燥肌を徹底的にケアする時は洗顔・クレンジングにポイントを!

「乾燥肌対策」というとどうしても保湿を第一と考えて高価な化粧水を選んでしまうという人が多いと思いますが、実は乾燥に一番影響しているのが洗顔なんだそうです。

そのことを知らない人が多いので洗浄料の強い洗顔・クレンジングを使ってしまい、余計に乾燥肌になってしまうというパターンに陥っている人が多いようです。

乾燥肌が気になる場合はクレンジング・洗顔に美容液成分、保湿力のあるものを選び、洗う時点で乾燥をしないようなケアをするように心がけましょう。

化粧水はたっぷりと使えるような値段のものを選ぶことで、心置きなく化粧水を使うことができます。ドラッグストアなどに売っている浸透率の高い化粧水などを使うのがオススメです。肌が乾燥で敏感になっているという場合は刺激の弱いものを選ぶのもオススメです。

毛穴レス肌にしたい時は美容クリームにポイントを!

毛穴レスのつるつる肌にしたいという場合、どうしても「毛穴を消したい」とピーリングやゴマージュ、毛穴を埋めて小さくする毛穴専用ケアを使うという人が多いと思います。

毛穴が目立つ場合、毛穴の黒ずみだけではなく毛穴たるみという場合があります。そういう場合は、毛穴専用ケアをしてもあまり効果を感じることができません。毛穴たるみには顔全体の毛穴に効果的なクリームを使うのがオススメです。

美容クリームによって効果はいろいろあり、全体の毛穴を引き締めるものや反対に顔全体をふっくらとさせる効果のものなどがあります。自分の毛穴の状態を見てどっちが効果的か、お店の方などに相談をしてみるのもいいかもしれません。

美白に徹底的にこだわる時は美白美容液にポイントを!

UVケア、美白ケアをする時は化粧水や乳液などに美白効果があるものを使ってケアをしているという人が多いと思います。

美白ケアの化粧水や乳液は意外に高価なものが多く、これを使ったために美白美容液は使えない、使わなくても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、徹底的に美白を極めたい場合は、化粧水や乳液は美白ケアが入っていても安価のものに抑えておいて、美白美容液にお金をかけてみましょう。

化粧水・乳液をつけても最後に付けるのは美容液。この美容液がしっかりと効果のあるものであれば、化粧水や乳液が安価のものでも問題はありません。

最近の美白美容液は美白だけではなく元々あるシミなどを解消してくれるものもあるので、こういうものを使うと更に美白へ近づきます。

たるみを解消したいという時はリフティング機能のある美容液にポイントを!

「たるみ」というとリフトアップするためにマッサージなどを欠かさずにしているという人も多いのではないでしょうか。

マッサージクリームのリフトアップ効果があるものを使って一生懸命マッサージをしているという人もいると思いますが、確実なリフトアップを目指すのであれば、リフティング機能のある美容液を使うのがオススメです。

マッサージはいわゆる筋肉をほぐすということなので、リフトアップ効果がないものでも十分です。しっかりとマッサージをして筋肉をいい状態にしてからリフティング機能のある美容液をつけることで効果もアップします。

自分の肌悩みに効果がありそうなものを並べて使うのもいいのですが、それでは長続きしません。どのスキンケアに重点を置くかをきちんと決めて、そこにはお金を使うという方法にするだけでスキンケアにかかる金額も抑えることができます。

この記事をシェアする

関連記事