• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

栄養不足解消!パーツ別最強の身体を作る食べ物

Date:2013.06.13

この世の中、働く女性も専業主婦であっても、ストレス度が高い環境の中に身をおいている方が非常に多くいることと思います。また、目が回るような忙しい生活を送っている方も多いのではないでしょうか?

そんな生活を送っていると、どうしても食事を内容よりも手軽さに重視してしまい、食生活のバランスが崩れてしまうことも度々あります。

その結果、ビタミンやミネラル不足、そして砂糖や脂肪、カロリーの摂りすぎというまさに不健康な状態を知らぬ間に手招いてしまうなんてことになりかねるのです。そして、身体の機能がフル活動できなくなってしまいます。

そこで、今日からでも意識して以下の食べ物を摂ってみませんか?身体のパーツ別に良い食べ物をご紹介するので、是非気になる部分があったら、それに効く食品を是非積極的に摂ってみましょう。

1. 肌―にんじん

にんじんに含まれるビタミンAは肌表面のPH値を正常に保つ効果があり、肌に悪影響を及ぼすバクテリアを寄せ付けないようにしてくれる効果があります。

また、にんじんの色素であるカロテノイドは皮膚がんの発生率を顕著に抑えてくれるという報告もあります。にんじんを千切りにしてビタミンCの補充としてレモンをかけたサラダ、なんていかがでしょうか?

2. 髪の毛―レバー

鉄分不足が実は薄毛の原因になるというのをご存知ですか?そこで、鉄分の多い食材を摂取してあげましょう。

レバーは鉄分を多く含んで良いのですが、苦手な方もいるので、そのほかにも赤身の肉、卵の黄身、プルーンなどのドライフルーツなどを積極的に摂取すると良いでしょう。

3. 目―ほうれん草+ブルーベリー

カルテノイドの一種である、ルテインという栄養素を含んだものが目の健康に役立ちます。ルテインは体内に吸収されると大部分が目の水晶体と網膜に行き、活性酵素から目を保護し、目のトラブル全般を予防してくれます。

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれ、青汁の原料であるケールにとても多く含まれるのですが、日本ではそこまで気軽に手に入るものではないので、ケールほどではありませんが、沢山ルテインを含むほうれん草がお勧めです。

また、それにプラスしてアントシアニンを多く含むブルーベリーを摂取するのがお勧めです。ルテインが主に紫外線や青色光などの有害光線から網膜を守るのに対し、アントシアニンは目の機能を円滑に保ってくれる働きがあります。

あわせて摂ることで、目の疲労、視力回復、目の老化予防、白内障予防といった様々な効果が期待できます。

4. 心臓―りんご

りんごに含まれるフラボノイドは抗酸化物質の一種で、悪玉コレステロールを減少させ、心臓の健康に非常に役立つとの報告があります。是非りんごはしっかりと洗って皮ごと食べましょう。一日一個で医者要らずとは嘘ではないようです。

5. 骨―牛乳

女性は年をとると、男性以上に骨粗しょう症になりやすくなると言われています。そこで、ビタミンDをプラスした低脂肪牛乳をグラス一杯毎日飲みましょう。このカルシウムとビタミンDの組み合わせは骨の健康に非常に役立ちます。

6. おなか-チェダーチーズ

おなかの贅肉に悩む女性は多いですよね。そこで、砂糖が少なく、たんぱく質が多い、新陳代謝をよくしてくれるためのものといえば…そうです、チェダーチーズ、スイスチーズなどのセミハードタイプのチーズです。

チーズは砂糖を含んでいなく、たんぱく質を沢山含んでいるので、チーズを1スライス1日に間食に2-3回食べれば、血糖値を上げず、身体を脂肪燃焼モードに保ってくれるのです。もしチーズが苦手な人は、無糖の低脂肪ヨーグルトがお勧めです。

この記事をシェアする

関連記事