• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏に多い“栄養失調太り”にならないために、貴女にできること!

Date:2013.11.25

“栄養失調太り”この言葉を聞いたことはありますか?栄養失調で太ってしまうなんて、この言葉からも想像がつきませんが、実際そのようなことが夏になると起きてしまうようなのです。

あまり食べていないはずなのに太ってしまったという経験がある人はいませんか?それが、栄養失調太りなのですよ。心辺りのある貴女、今からでも遅くはありませんから改善しましょう!

暑い夏がやってくると、自然と麺類の食事が増えてきませんか?例えばそうめん、冷やし中華などです。炭水化物をやたらと食べてしまいます。

そして、先ほどあげたそうめんは、口当たりがよくスイスイ食べることが出来るので、男性に限らず女性であっても2人前ぐらい軽く食べられます。このそうめんですが、かなりカロリーが高いです。

また、冷たいものを好んで食べますよね。それは適量ですか?食べ過ぎていませんか?これも気づかないうちに食べ過ぎてしまうのが夏です。身体を冷やしすぎてしまうことで、体内にある酵素が働かなくなってしまいます。そうなると、体内で燃焼することが出来なくなります。

体内の脂肪を燃焼させることが痩せる秘訣でもあるので、それが出来なくなるということは、太ることを意味していることになりますそこで、暑い夏でも、体を温める汁物を取り入れたり、生姜などの体を温めるものを取り入れたりして、汗をかくようにしましょう。

口当たりのいいものばかりを食べていると栄養バランスが偏り、ミネラル、ビタミンを不足しがちです。この偏りも太る原因になってしまうので、バランスよく食べるようにしましょう。

バランスよく食べるというのは、簡単なようで難しいです。そして、実際のところ今の自分に不足しているか、そんなことわかりません。そこで、このようなときは自分の体に相談してみましょう。

例えば、「米ばかり食べていたらもう食べたくない。肉が食べたい」このような衝動にかられたことはありませんか?それは、「もう炭水化物はいらない、肉がほしい」と体が訴えているのです。

そのような体の欲求に素直に応じたら、体調がよくなったという経験はありませんか?それです、本能に従って食べるというのもいいことです。野生の動物をみてください。本能に従って食事をしていて、肥満な動物はいませんよね。

それどころか人間に飼われていて、自分で選ぶことなく食事を与えられているペットの方が太っています。本能が一番体に必要なものを知っているのです。実際、本能に従った方が良いという説もあるので、試してみるのもいいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事