• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

洗剤に劣らない!驚きの洗浄力と消臭力。重曹とクエン酸のエコ掃除

Date:2014.04.18

「エコ掃除」というのをご存知でしょうか。重曹・クエン酸・セスキ炭酸ソーダなど、環境に優しい成分の素材を使用したお掃除方法です。メディアでも最近注目されていて話題沸騰していますね。

しかし、合成洗剤の洗浄力には劣るだろうという概念がまだまだ抜けず、エコ掃除に興味はあっても移行できていない人もまだまだ多いことと思います。そんな方々に、一度試したら止められない、エコ掃除の魅力についてご紹介したいと思います。

環境にも人にも優しい成分

まずは素材の成分や特徴をご説明します。

重曹

・弱いアルカリ性の為、油を分解する作用があり、油汚れ・皮脂汚れに適している。

・粒子が研磨剤の働きをする。その粒子はクレンザーなどよりも細かく、柔らかい為ステンレスなどにも傷を付けずに汚れを落とすことが出来る。

・酸性やアンモニアなどのアルカリ性の臭いに反応し、細かい粉末ならではの吸湿性によって臭いを吸収してくれる消臭剤の働きをする。

・畳、フローリング、アルミ、木材に使用すると素材が変色する恐れがある。

クエン酸

・酸性の為、アルカリ性を分解する作用があり、水垢・石鹸カスなどの汚れに適している。

・アルカリ性の石鹸カスを中和する。洗濯のすすぎの際に柔軟剤として使用することで、洗濯物を柔らかくしたり、黄ばみを取り除いてくれる効果がある。

・クエン酸の酸が残留して素材を傷めてしまう可能性があるので、フローリングには使用しない。

セスキ炭酸ソーダ水

・炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムを合わせたもの。

・重曹よりも10倍もアルカリ性が強く、水に溶けやすい。

・油汚れの他、血液の汚れを落とすのにも適している。

・カーペット・木材・アルミ製品・畳などに使用すると、変色する恐れがある。

大まかではありますが、このことを覚えて適切な使い方をすることが出来れば、日常の掃除は全て賄えてしまえるのですよ。それに何よりうれしいのが、この三種類全てが、人体に無害な素材だということです。

家族みんなが暮らす家、掃除をしてキレイを保っていても、洗剤を使用していれば、拭き掃除後の残留というのがとても気になるところですよね。その点からみても、人体に無害であるということのポイントはとても大きいですね。

また、長時間触れたりしない限り、合成洗剤の様な手荒れを起こすこともありませんから、毎日のお手入れも億劫になることはありません。

目から鱗の掃除法

油汚れには重曹を振りかけて、馴染ませるとスッキリ落ちるというのはエコ掃除の基本中の基本です。特に炒め物をした後のフライパンて、洗剤で洗っても多少ヌメリが残ってしまいますよね。

そんなときでも、重曹を全体に馴染ませて数分置くだけでフライパンがキュッキュッとするのですよ。換気をしても家中に臭いが回ってしまう焼魚。臭いの処理が大変で、食卓に焼魚を並べる機会も減ってしまいますよね。

グリルで魚を焼くときに、汚れ・臭いに驚きの効果を発揮してくれるのも重曹です。受け皿に水を張る時には、その中に食用レベルの重曹と片栗粉を混ぜてみてください。そうすると魚を焼いているときにも、重曹の効果で臭いが軽減されます。

食後に洗うまでの間、冷ますことによって片栗粉が固まってくれます。魚の油も臭いも汚れも重曹が分解し、それを片栗粉が個体に閉じ込めてくれますので、お手入れがずっと楽になりますよ。

クエン酸は水垢などの曇りを一掃してくれます。シンクや水道の栓、お風呂場の鏡などは水垢が溜まりやすいところですね。

そういった場所には、使用後にクエン酸を水で薄めたクエン酸水をスプレーしてふき取ることで、ピカピカに磨いた様な仕上がりになりますし、水垢の蓄積を防ぐことが出来ます。

トイレにも同じで、こまめにクエン酸水をスプレーしているだけで、尿石の蓄積や黒ずみのリングが出来なくなります。

セスキ炭酸ソーダは、重曹と違って水に溶けやすいというのがメリットです。セスキ炭酸を水で溶いたもの、セスキ炭酸水スプレーを作るとほんの少しの心掛けでいつも家中のキレイを保てます。

電子レンジの汚れ、ガス台・IHの汚れ、冷蔵庫の外側・電気スイッチ・食卓テーブルなど、使用できる素材であれば全て大丈夫。

毎日のお掃除の流れに、セスキ炭酸水をスプレーして硬く絞った布でふき取るだけで、手垢・食べこぼし・油汚れを取り除くことが出来ます。ご主人のワイシャツ、お子さんの洋服には黄ばみや食べこぼしのシミが出来やすく、落ちにくいところ。

お洗濯前に気になる部分に、セスキ炭酸スプレーをたっぷとかけて少しもみ洗いをするだけで、洗い上がりは抜群の汚れ落ちに驚くことでしょう。無色透明で人体に無害で安心、一拭きで汚れがスルッと落ちるのでとても手軽なのですよ。

重曹とクエン酸と水を合わせることで炭酸ガスが発砲します。こうして炭酸水を作り、お風呂などで利用する美容法も話題になっていますね。この発泡は、エコ掃除の面で強い洗浄力と消臭力を発揮します。

まずは台所の汚れ。排水溝や三角コーナーなどの汚れは強い洗剤を使用して擦らなければ中々落ちませんよね。しかし汚れを触るのにはやはり抵抗がありますし、毎日完璧掃除が出来ていないと汚れは溜まる一方です。

それには発泡の作用を利用すると、一切触れることなくキレイなるのですよ。重曹・クエン酸を振りかけて発砲した後数分間待って洗い流すだけです。

トイレにも同じ使い方を出来ます。出かける前や寝る前に、発泡させておきましょう。数時間後水を流すと、汚れがキレイに落ち、消臭剤を何個置いても消えなかった臭いが消え去っていることでしょう。

どこか頼りなく感じてしまうこの三種類の粉ですが、一度使うともう洗剤には戻れなくなってしまうほどです。是非正しい使い方をしてエコ掃除の魅力に触れてみてください。シンプルで安全な暮らしをすることが出来るでしょう。

この記事をシェアする

関連記事