• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

遠距離恋愛で悩んでいる女性へ。苦しい時は月を眺めてみてください

Date:2013.11.20

恋愛にはいろいろな形がありますが、恋愛に悩む人の中に遠距離恋愛で悩んでいる人は結構多いですよね。

実は私は経験ないのですが、旦那様は仕事の都合でほとんど家にいないので、会えるのは週末に少しくらいですし、遠距離恋愛とまではいきませんが、あまり会えないという寂しさはよく分かります。

週に一度でも寂しいのに、それよりももっともっと会えない人はすごい孤独と闘っているんだろうなと思います。離れてしまえば相手の気持ちも離れてしまうのではないかという不安ももちろんあるでしょうし。夫婦でなければ尚更ですよね。

しかし遠く離れていても繋がっている想いって本当に素晴らしい絆だと思います。本当にお互いを信頼していなければ成立しません。それでも寂しさはなかなか埋められませんよね。私が孤独を感じてしまって眠れない夜なんかに考えている事を今回はご紹介したいと思います。

まずは自分がブレない事

恥ずかしい話なのですが、私が寂しくて夜眠れない時、実は「誰か愛人でも作っちゃいたい」なんて考えた事があるんです。本当にバカみたいですが、相手を真剣に愛しているのに、この寂しさを誰か適当な人で埋めたくなってしまう事があるのです。

裏切ってしまう行為なのに、そうでもしなければ精神的にやってけないなと考えてしまう事もあります。そう言うときに都合よく甘えさせてくれるような人が近くにいれば、この寂しい気持ちも少しは晴れるのではないだろうかと。

久しぶりに旦那様に会った時に冷たくなんてされてしまうと尚更です。普段寂しい想いをしているのに会っている時にその寂しさが倍増してしまったりしていました。

しかし、それでもなんとか他に出会いを求めたりせずにいる時に優しくされたりなんかすると、やっぱりバカな事しなくて本当によかったなと思えます。それに本当に不安なのはきっと向こうでしょうし。

旦那様は仕事をしているけれど、私は主婦なので浮気しようと思えば時間はたっぷりあるわけです。交際中はその不安が原因で旦那様が私にちょっとした事で怒ったりした事はありましたし。それでも私は一度もブレずに愛し続けたからこそ今の私たちがあるわけです。

やっぱり大事なのは相手が浮気するんじゃないかとか相手を気にするのではなくて、まずは自分が絶対に相手を愛し続け、裏切らないでいよう!と、どんな事があっても思い続ける事だと思います。

私も今では愛人なんてちっとも考えなくなりました。冷たくされて落ち込む事は多々ありますが、だからと言って別の場所に安らぎを求めたりはしません。

私は旦那様だけを愛していくと、付き合い始めた時に思った気持ちを裏切らないようにしようとちゃんと自然に思えることができるようになりました。

その分相手に裏切られたら相当怒り狂うでしょうが、そういうことは考えるだけ時間も気持ちも無駄なので考えないようにします。あくまで自分の気持ちが第一なのです。

苦しい時は月を眺める

どんなに気持ちを強く持っていてもやっぱり遠距離恋愛というのは苦しくて辛いものです。私は寂しくて苦しい時は月を眺めるようにしています。地球上から見える月はひとつしかありません。その月は相手にもきっと見えています。

遠くにいるのに同じものを見ているなんて、何だか繋がっているような気がしてロマンチックです。私は照れ屋なので言えませんが、恋人同士の方なら電話している時なんかに同時に月を見てみるなんて素敵ですよね。

私は相手には言いませんが一人で月を見て、月に語りかけます。絶対に届くわけないのですが、気持ち的に月を想いを伝えておけば心だけは通じるような気持ちになります。そして、離れているけど今同じ月の下にいるんだなと思う事ができます。

そしてその後眠りについても、同じ月の下で眠っているんだと思うと何だか安心した気持ちで眠りにつく事ができるんです。アホくさ!と思われるかもしれませんが、苦しい時って何か小さな事でもいいからその苦しさを救ってくれるものを求めますよね。

そして、次に彼に会える時を心から楽しみにして、彼との貴重な時間を大切にする。せっかくの時間に喧嘩なんかしてしまったらもったいないですしね。そしてまた離れ離れになってしまっても、織姫と彦星のようにずっとお互いを愛し続ける二人でいて欲しいなと思います。

この記事をシェアする

関連記事